読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。

魔法のケープの使い方

日本語ね、難しいですよね。

あらららら、気持ちはわかるけど、これ、間違ってるよ!という

商品、色々ありますよね。

でも、まぁ、英語で何か書いてあるデザインの日本の商品にも

色々間違いがあるだろうから、お互い様であるわけで、

それはそれで、ワタクシ、特に気にならないのですが、時々ね、

どうしてこれはこうなった?

んっ?これは、いったい、何を言いたかったのだろうかと、

読みふけってしまう商品ありますよね。

そんな中から、過去に特に読みふけった商品をご紹介。

 

 

魔法のケープの使い方

2009年10月13日(火)香港、くもり時々晴れ。26-28度。湿度80%

 

この夏はカーディガンの新調を考えていた。

でも、なかなか気に入ったのがなくてそのまま、ずるずる。

日本で働いていた時に上野の丸井で1000円で買ったカーディガンを今でも着てる。

日本で働いていた時って、つい最近な気がしますが、ざっと、15年以上も前。

比較的出張の多かった仕事で、そのカーディガンは、よく私とともに行動してくれた。

アントワープにも、マルセイユにもプエルトリコにも一緒に行った。

ここ、香港でも、もちろん活躍してくれたけど、

もうそろそろ、引退させてあげたい。

 

 

そんな事を考えていたある日、会社から戻った相方さんが「はい、これ」と

ワタクシに手渡してくれたのは「魔法のケープ」

製造元は日本國名古屋の会社。

f:id:hongkonghongkong:20170218174110j:plain

香港での生活は、パッケージに貼ってあるシールには「マッシュルーム」と

書かれているのに中身はどこからどうみても胡瓜だったり、

全形10枚とシールの貼られた海苔の中身はきざみのりだったりと、

パッケージ案内と中身が異なる商品も稀にあるし、

なんちゃって日本製を作ってみたはいいけれど、パッケージ案内の

「う」が「つ」になり、「ソ」が「ン」になるというのもお決まりパターン

で、たいして驚くことでも無いのだけれど、

ここまで、読ませる説明文というのはあまりお目にかかれない。

折角なので、じっくり読んでみた。

f:id:hongkonghongkong:20170218174111j:plain

「供給するかもしれない!!」

供給する!と、宣言しないところが、正直者よね。

 

大切に使わせてもらってます。

ありがとう。「魔法のケープ」

 

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

鰻と豚レバーの炒め物、ミル貝ニンニク蒸し、手羽と豆腐の揚げ物など

記事中、一番下の写真のお魚の「馬友」

香港では一般的な魚だけど、日本語では何だっただろうかと気になり

グーグル先生にお尋ねしたところ、頂いた回答は「Umatomo」

通訳業、翻訳業の将来性が疑問視される今日この頃ですが、

「気持はわかるけど、私が求めている答えはそれじゃないっ!!」的な回答を

グーグル大先生から頂戴すると、

通訳業、翻訳業の皆さんッ!!世界はまだまだ皆さまの力を必要としているわっ!

と、思えるわよね。

2009年か、この頃は外食の度に鰻を食べる事もできていたのかも。

この数年、香港で鰻が高騰していましてね。

そうそう気軽に食べる事ができる食材ではなくなってきましたね。残念!!

 

 

光記で久しぶりの夕食(水街、西営盤)

2009年10月11日(日)香港、曇り。26-29度。湿度76% 

折角セントラルにいるので、久しぶりにブラブラ上環まで散歩して、

久しぶりに「光記」で食事。 家族経営のお店ですが良心的でおいしいし、

蒸し魚だって一匹、高くてHK$170くらい。安心してお腹いっぱい食べれます。

本来、「蠣仔粥」という小さな牡蠣のお粥がおいしくて有名な店ですが、

どんなメニューでもお薦めですが、基本、昔ながらの味なので

塩辛いのが苦手な人は、オーダー時にお塩少な目でリクエストした方が無難かな。

週末祝祭日は混雑、混雑。(料金は2009年当時。)

 

f:id:hongkonghongkong:20170218164002g:plain

ウナギと豚レバーの炒め。

(何故、ここまで写真が小さい?今もブログとかよくわからないけど、

きっと、2009年頃はもっとわかっていなかった。)

f:id:hongkonghongkong:20170218164041j:plain

みる貝と粉絲(春雨)のニンニク蒸し。

f:id:hongkonghongkong:20170218164042j:plain

油麦菜と穌魚のトウチ炒め。

香港ではポピュラーなメニューだけど、

油麦菜も穌魚も、日本語では何だろう。

穌魚は、広東語、中国語圏でよく缶詰商品にある、淡水魚のアレですね。

f:id:hongkonghongkong:20170218164044j:plain

手羽と豆腐の揚物、塩コショウ味。

手羽も豆腐もパリパリ。酒飲みには嬉しいつまみ。

f:id:hongkonghongkong:20170218164045j:plain

馬友の揚物。馬友も香港では超がつくほど一般的なお魚ですが、

日本語では何だろう。

こちらは塩漬けした馬友らしく、塩辛くてワタクシは断念。

ビールをのんでHK$350くらいだったかなぁ???(2009年当時)

遠い記憶、思い出せず。

食べすぎな事だけは、見て取れる。

 

光記食店 香港水街6号B地下(近第二街)

夜のみ営業。

皆さまも是非に。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

香港湿地公園:最近我が家で話題の「天水圍」に行ってみた。

おおっ!なんと、懐かしの香港湿地公園。

今の今まで、その存在すら忘れていたわ。

2009年の料金からどれくらい値上ったのかしらと調べてみると、

はっ??

何もかもが値上って、街全体がヘロヘロだっていうこの香港で、この6年、

湿地公園の入場料だけは変わっていなかったのですか、こりゃ凄い。

香港湿地公園入場料一覧

入場料据え置きで、プイプイはキチンとご飯、与えられているのでしょうか。

ちょっと心配になってきた。

2003年、元朗の街中でみつかったプイプイですが、おそらくどこかのご家庭で

飼われていたであろうワニちゃんだったのですが、ワニだもの

流石に野放しにしておくわけにもいかず、その捕獲に香港政府、一大プロジェクトを

立ち上げて、それはそれは凄い騒ぎだったわけですよ。

オーストラリアからワニ専門家のMr. John Lever氏が招聘され

鰐魚先生とプイプイの戦いが始まったのですが、捕獲ならず。

その後中国からも専門家が呼ばれたのですが、こちらも失敗。

プイプイが捕まるまでの7か月、鰐が話題にならなかった日なんてないくらい

香港中をワクワクさせたプイプイ。

当時の様子がこちらの動画から垣間見れます。↓↓↓

hk.apple.nextmedia.com

2015年頃のプイプイの様子もこの動画でわかりますが、ふぅ~、大丈夫なようですね。

大きなお家に冷房完備、鶏肉やカエルのたらふく食べて

何だかんだで、ワタクシより、優雅な生活、送っていそうね。

と、いうことで、その存在すらすっかりわすれていた湿地公園でありますが、

本日は2009年頃の様子を少し。

 

 

香港湿地公園:天水圍に行ってみた

2009年10月10日(土)香港、晴れ。25-30度。湿度63%

昨日は湿地公園に行ってきました。

f:id:hongkonghongkong:20170217153124j:plain

f:id:hongkonghongkong:20170217153125j:plain

f:id:hongkonghongkong:20170217153126j:plain

f:id:hongkonghongkong:20170217153127j:plain

そう、湿地の向こう側には中国大陸のビル群が見える「湿地公園」です。

香港島の南に住む我家からはまさに「旅行」気分。

「湿地公園」があるのは「天水圍」。長い間、何かと便利な街中に暮らし続けた

友人夫妻が、まもなく、その「天水圍」に引越すとのことで、最近、我家では

その「天水圍(Tin Shui Wai)」がやたらと話題にのぼる。

普段は何事にも無関心で、とやかくいう事もあまりない相方さんが

「彼らは蚊でも飼うの?」と首をかしげている。

確かに「天水圍」は牡蠣の養殖と海鮮が有名な「流浮山」への乗換え場所にしか、

私たちは、普段使わないしなぁ。「普段は」といっても何年かに一度というペース。

「蚊」といえば、ここ香港では「蚊」は何故か親の仇くらいの扱いで、異様なほどに

嫌われている。 日本では夏には「蚊」は当たり前の気がしますが、ここでは蚊が目の前

をフ~と飛んで行っただけで「ぎゃああああああぁ~」とか言っちゃって、

飛び上がって逃げ回る。そのあなたの驚き方に私が「ぎゃー!」だわ、と言ってみたい

気がしますが、いやいや、実のところ、蚊は夏の風物詩くらいに気楽に構えている国と

いうのは少数派らしい。確かに香港政府も「蚊」が発生しないように、家の中を綺麗に

しましょう! 特に植木やベランダにたまってる水は気をつけましょう!と

テレビや街中で訴えかけている。  確かに蚊も病気をもたらしますが、それ以上に病気

をもたらす環境、香港生活にもっと、もっと、あると思うけど、まぁよい。

 

 

 お、「湿地公園、湿地公園。。。」湿地公園おお話しだった。

オープンしたての3年くらい前に一度行ったきりだった「湿地公園」

昨日行って、チョッとビックリ。この3年の間に随分よくなりましたねぇ。

ん?もとから、そうだったのかしら?

まぁ、前回は団体行動だったし、見学客やお子チャマグループもたっくさんいたし、

見える角度がちがったかもしれませんが。 備え付けられているSWAROVSKIの望遠鏡で

鳥や蟹の動きを見てるだけでおもしろい。 とぉ~く、とぉ~くにいる蟹が両爪で

パクパク食事してるのがよく見える、すばらしい望遠鏡でした。

平日で、見学客も少なかったおかげで相当、楽しみました。 望遠鏡の数は少ないので、

双眼鏡がある人は持参がいいですね。もしくは館内のキオスクでコレを機会に

購入もいいかも?(←天水圍訪問記念??)

「貝貝(プイプイ、PUI PUI)」も、もちろんいました。

街中で発見されたときには、香港中の話題を独り占めした、あの、プイプイ。

香港政府が相当な時間とお金をかけて「飼いきれずに住民に捨てられたであろう

『ワニ』を捕獲するプロジェクト」は、当時、毎日、毎日、トップで扱われましたね。

前回、訪れたときは「明日、プイプイがここに引越してきますぅ!」という日だった

気がします。今回初めてのご対面。

 

今回はホンハムから天水圍まで西鉄利用。天水圍から軽鉄705番。

ホンハムからちょうど1時間で「湿地公園」駅に到着しました。 入場料大人HK$30。

一年パス$100。 帰りは天水圍から銅鑼湾行きのバスを利用。

乗り換えなしでセントラルまで45分。 これからの季節、緑に囲まれた中を歩くのは

本当に気持ちいいですね。 でも、日陰は少ないので「帽子」を忘れずに!

で、肝心の「天水圍」 は、ホンハムまで30分。(2009年現在)

便利でとてもいいところですね。

 

香港湿地公園(Hong Kong Wetland Park)

www.wetlandpark.gov.hk

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

長州島で散歩を楽しむ その2

先日の長州島のお話しの続き。

2009年頃のお話しだけど、そうそう、この頃の長州島では夕日を眺めながら

海っペたでのんびり食事を楽しめたのよのね。復活、強く希望!

ワインだって、今ではすっかり香港人の食生活には欠かせないレベル。

それでも、地元系士多では白ワインの在庫はあっても、冷蔵庫に入れてある

お店をいうのは若干増えた感はあるけど、うぅ~ん、まだまだ少ないかな。

ビールばかりがガツガツ並んでるわね。

 

長州島で散歩を楽しむ その2

2009年10月12日(月)香港、24-27度。曇り時々雨。湿度90%

テレビで見る限り最近ヒラリーさんは急に、とても西洋人らしい体型になってきた

感じがしますが。彼女を見ていると、過去3年の間に私が10kg増えたのも

「私なんて、まだまだじゃん!」という気持ちになってしまいます。

人とはなんて自分に甘いものなのでしょうか。

 

 

さて、せっかくですので、先日の長州島の風景写真をもう少し。 


f:id:hongkonghongkong:20170212194209j:plain

釣りを楽しむおじさん。引っ掛けけるようにして魚を釣っています。

釣っているというよりも、う~ん。やっぱり引っ掛けているんですね。狙いを定めて。

エサはパンのミミ。 それもつけたりつけなかったり。

それでも、おもしろいように魚、釣れてます。摩訶不思議。

 f:id:hongkonghongkong:20170214191440j:plain

わんちゃんものんびり。

f:id:hongkonghongkong:20170214191537j:plain

子供と泳いだり、犬と泳いだり、健康の為に何往復も平泳ぎをするおじいちゃんや

おばあちゃんがいたりと、10月初めでもそれぞれ、楽しんでました。

ここの防波堤は、以前、台風で相当やられてボロボロになってしまったのですが、

その防波堤もきれいになおっていました。

ビーチに日陰がないのが唯一残念な点のですが、それでものんびりできるこのビーチは

大好きです。

f:id:hongkonghongkong:20170214191634j:plain

夕日もきれいに見えますね。

長州島では夕日を楽しみながらの食事も気軽にできるのでいいですねぇ。

ところで、その食事に関してですが、いつも思うのが白ワイン。

低アルコール飲料免税となってさらに酒飲みには嬉しい「香港」

ほんの15年前は赤ワインをオレンジジュースで割ったり、スプライトで割って飲む

というのが一般庶民の主流のワインの楽しみ方だったけど、今はワインそのものを普通

に飲むようになった。 ごくごく小さなストアーでもワインを買えるし、非常にいい傾向

ではあるのですが、白ワインは売っているのに、それを冷やして売っている店って、

長州島だけではなく、香港一般的に、あまりないんですね。

決してものすごい酒飲みではありませんが、それでも「冷えた白ワイン」をおいている

小売店の場所は、チェック事項。街中の使えるトイレリストと同じくらいに重要事項。

せっかくドデカイ冷蔵庫はあるんだから数本でも白ワインを入れておけばいいのになぁ

と、必ずワインオープナーを持って出かける私たちはいつも思う。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

東芝グループのゴタゴタに思う事。

これ本当に不思議な案件よね。

jp.reuters.com

実のところはWHとCB&Iがズブズブで危ない要素たっぷりのS&WをWHにくっつけて、

WHごと東芝に受け入れてもらったって形なの、もしかして?

いや、そんな事はないわよね、2006年当時そうした話もあるはずもなく。

はっ?もしくはCB&Iが一番悪い奴?

いずれにしてもアメリカさま、怖過ぎなんですけど。

イヤ、知らんですよ、想像よ、あくまでもワタクシ個人の勝手な想像よ。

それにしても三菱重工やGEの中には

「ひぇ~、あん時WH買わないでよかったよぉ~」と胸なでおろしてる人も

いるかもね。

いずれにしてもこの案件、近い将来ビジネススクールの教材になるよね、きっと。

 

と、別窓で呟いたのが1月24日。

2006年、WH買収時のWHやBNFLの担当者とか代表とか

2015年当時のWHやS&W、CB&Iの担当者とか代表とか、皆さん、

今頃、何やってるのかしら、同職現役って事はございませんでしょ?

と気になっていた。実際はどうなんでしょ。

(Bloomberg 2015年10月28日): 東芝傘下の米WH:米CB&Iの原発建設子会社を買収へ

www.bloomberg.co.jp

日経新聞 2016年12月28日):海外子会社に死角、WHの買収に統治効かず

www.nikkei.com

 

東芝、決算を一か月延期

そして、今日、2月14日。

 

(ロイター2月14日13:25):東芝、異例の決算発表遅れ

jp.reuters.com

(ロイター2月14日15:19):東芝、決算を一か月延期

jp.reuters.com

 

自分はどちらかというと営業系の仕事が長く、会計、監査、財務などの細かな数字は

専門でなく難しい金額のお話しはわからないのですが、

この東芝案件はとても興味深く専門家の方々のブログを時々拝見する。

その中でも特にわかりやすかったのが

こちら、よっさまの「会計士のきまぐれ日記」

2016年12月28日投稿の「東芝の減損の謎」

東芝関連、いろいろグチャグチャで何だかよくわからんっ!もう、滅茶苦茶!と、

色々こんがらがっちゃった方は一度ご覧になると、

これまでの流れが、改めてよくわかる気がします。

会計士の気まぐれ日記:東芝の減損の謎

sy-11-8-yossamaaaa.hatenablog.com

 よっさま、わかりやすい状況整理と説明、ありがとうございました!

 

 

東芝関連ね、日本から見えない角度のアメリカさま方面から、なんだか

ぷぅ~んときな臭いかほりが漂ってきそうな感満載ですが、さて、さて。

興味深い案件だけに、ネットの中に情報があり過ぎて

ゴチャゴチャ感に拍車がかかってグチャグチャ感この上ない状況となっていますが、

ふぅ~、もう少し、新しい情報を待ちたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

長州島で散歩を楽しむ

 2009年の長州島の様子の続き。

フェリーから西九龍(Wホテル、リッツカールトンホテル近辺)を撮った写真、

よく見るとリッツカールトンが未完成。

この辺りにも時の流れを感じる。

前回のお話しはこちら↓↓↓

hongkonghongkong.hatenablog.com

 

 

 

 

長州島で散歩を楽しむ

2009年10月8日(木)香港、晴れ時々曇り。25-30度。湿度83%

先日の長州島のお話しの続き。

セントラルのフェリーのりばに着くと、次のフェリーは高速船。

速さ、クーラーの気持ち良さより、甲板で風にあたりながら

船の旅を楽しみたい私たちは、普通船(Ordinary Ferry)の豪華位(Deluxe)に

乗るのが好きで(←高速船より安いし!)次の普通船を待つまでの間、

近くのCity Superでブラブラ。

普通船の豪華位は昨日は平日料金で片道HK$18。

週末と祝日はHK$26.2(2009年現在)稼げるときにはどこまでも稼ぐ香港です。

他にもね、人生の中でとっても大事な日となるであろう「婚姻手続きをする日」その、

婚姻届の料金も平日と週末祝祭日特別料金があり、

もちろん週末祝祭日はド~ンと高い、これが香港!!

 

 

そうそう、長州島の話だった。

まずは、観光人らしく船から、今年の国慶節で香港政府が

「香港の象徴」として選んだIFCとその周辺をパチリ。

f:id:hongkonghongkong:20170212194207j:plain

 

そして九龍駅の上にリッツカールトンが入る予定の建設中の108階ビルをパチリ。

Wもあるし、その周辺も高級住宅が並んでいます。

最近、過去最高価格で購入されたというマンションもこの一角ですね。

そのペントハウス、アーチのペントハウスの約2倍の値で売れたというのだから

世の中にはお金持ちはまだまだいますね。

f:id:hongkonghongkong:20170212194153j:plain

 

 

長州島に着き、街中をブラブラ散歩。船着場の近くの雰囲気ですね。

 f:id:hongkonghongkong:20170212194155j:plain

街市まで行ってみると、干物を作っている場面に多く出くわします。

昨日は蝦干(ハーコン、干し蝦)を沢山つくっていました。

f:id:hongkonghongkong:20170212194159j:plain

f:id:hongkonghongkong:20170212194201j:plain

 

こちらは香港風アジの開き?

f:id:hongkonghongkong:20170212194202j:plain

 自転車はおそらく、島人が毎日通勤に使っているであろう、現役の自転車ぽかった。

錆びてはいるけど、海の近くなので、コレばかりはね。

太平洋から3分のところで育った私の自転車もそうでした。

それにしても、コレだけ魚があるのにネコがちょっかい出してこないのが不思議。

f:id:hongkonghongkong:20170212194209j:plain

長州島の散歩のお話し、続きはまた、いつか。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

長州島で海鮮を楽しむ。

南区の人々念願の長州ー香港仔間のフェリーが数年前に就航された。

かつて、このブログ内でも触れたかな?

ああ、この辺り。おお、2015年の出来事だったのか!

 

 Cheung Chau - Aberdeenフェリー時刻表

(長州ー香港仔)

www.td.gov.hk

 

大好きな長州へのアクセスが以前に比べ、格段に良くなって、

香港仔発で何度か行ったものの、実のところ、最近あまり行っていない。

かつては海沿いにテーブルを並べて開放的に食事ができた長州島も

様々な規制に従い、海側のテーブル配置を取りやめ、レストラン内での食事しか

できなくなって、風情の「ふ」の字も感じられなくなったからだ。

 

多様なシーンで見られる「公平にっ!公平にっ!」と叫ぶ人々。

それと同時に

「香港らしさがどんどんなくなる、無機質になってゆく」と叫ぶ人々。

香港ヤン、君らは一体、どこに向かって行きたいの?

まぁ、良い。香港ヤンが香港の中で自分たちが決めてやっていることだ。

ただただ、見守ろう。

 

海側テーブル、最近はどうだろう、復活したかな?

しばらく行っていないので、その様子はわからないけど、

またかつての様に海っペタで食事ができるようになる事を切に願う。

下記は2009年の記録です。ご留意ください。

 

 

長州島で海鮮を楽しむ

2009年10月7日(水)香港、晴れ時々曇り。26-29度。湿度89%

朝方のあの恐ろしいほどの大雨は一体なんだったんでしょう。

すっかりいい天気になりました。

日本直撃の大型台風の情報を見るとチョッと、心配です。

 

 

さて、今日から相方さんが3連休ということで、

午後から久しぶりに長州島(チョンチャウ、Cheung Chau)に食事に行きました。

長州の気取らない雰囲気が好きで、時々、行きます。

距離は香港仔からそれほど離れていないのに、香港仔からは船がないので

どうしてもセントラルに一度でないといけないのが、チョッと残念。

ラマ島のように香港仔から船出てたら、きっと、頻繁に行ってるだろうと思います。

最近は週末や休日は香港の若者でごった返し、大変なことになるので、可能ならば

平日のんびりいくのが いいですね。船の料金も安いし。

今日は水曜でいつも行く「興楽菜館」は残念ながらお休み。お魚やさんで

「興楽、休みだね。どこが、いいかなぁ?」と尋ねて教えてもらったところに

行ってみました。 レストランもそれぞれ海鮮を仕入れていますが、

私たちはの場合は、たいていお魚やさんでメインの材料は仕入れていきます。

今日の場合は私の大好物の「墨魚(イカ)$40」と「聖子(マテ貝)$80」

そして久しく食べていなかった「瀨尿蝦(シャコ)$100」を購入。

(魚屋さん合計HK$220) それをレストランで料理をしてもらい、

調理代を支払います。で、できあがった料理はこんな感じ。

f:id:hongkonghongkong:20170212175929j:plain

シャコです。椒鹽瀨尿蝦(揚げたシャコを塩コショウで味付け)

 

f:id:hongkonghongkong:20170212180018j:plain

マテ貝です。豉椒炒蟶子(マテ貝のトウチ炒め)

 

f:id:hongkonghongkong:20170212180104j:plain

イカです。白灼墨魚(ゆでイカ)

レストランではビールの他に、涼瓜炒牛肉(苦瓜と牛肉の炒め物)を追加でお願いし、

レストランにはHK$170くらいの支払いでした。

ということで、合計2人でHK$400くらいでしょうか。

何度もこのブログで内で言いますが、私たちは大食らいです。

普通の人たちなら3人で丁度いいくらいの量。

白ワインは近くのウエルカムで購入し、レストランで最初のビールをお願いする時に

氷バケツもお願いすると大体持ってきてくれる店が多いと思います。

あ、でも、香港の超地元系レストランは氷は製氷機ではなく、大袋入りの氷を

毎日購入することが多いので「氷はないよ!」と言われても、

決して彼らは意地悪で言っているのではない場合がほとんどです。

そんな時には素直にあきらめてください。

お魚屋さんで魚を買うのはチョッと勝手がわからず、苦手という人は

もちろんレストランでも新鮮な材料をそれぞれ仕入れていると思うし、

調理方がわからない、という方は3種類で$150くらいから(もっと安いかなぁ~?)

セットメニューもあるので、まずは、そういうのでもいいかもしれません。

でも、魚屋さんにはあるけどレストランは仕入れていない魚もたくさんあるので、

雰囲気に慣れてきたら、是非、魚屋さんで仕入れて試してみてください。

おいしいですよぉ~。 週末には特別な高級魚も並びますが、

平日はそれほど超高級魚というのはあまりないので、

「ものすごく高い料金言われたらどうしよう。。。」というドキドキ感も少ないし、

レストラン自体も料理が丁寧になるので、やはり平日がおすすめですね。

週末や祝日に行く人は気合を充分に入れて、お出かけ下さい。

皆さまも、是非に!

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ