香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。

熟食中心:レバー炒めといかフライ。体がフラフラするような気がして鉄分を補給してみた。

いつもの食堂で、いつものご飯。

何となく体がフラフラするような、足元が心もとないというか

漠然と鉄が足りないような気がして、レバーの炒め物。

f:id:hongkonghongkong:20170416145751j:plain

香港は、本当にレバーが新鮮でレバー好きにはたまらない場所。

レバーだけでなく、内臓系、何でも新鮮なのよね。

ま、そりゃそうか、毎日、毎日、冷凍ではない豚肉が街市で売られているのだもの

その新鮮度は中々ほかの国ではありつけないかな、きっと。

f:id:hongkonghongkong:20170416145804j:plain

いつも、大体、同じメニューよね。

ワタクシ、好き嫌いは多い方ではないけれど、

好き嫌いとは関係なく、食べる事を避けるべき物が比較的多くて

食の宝庫と言われる香港の食生活を、実はうまく活用できていない者の一人。

f:id:hongkonghongkong:20170416145817j:plain

f:id:hongkonghongkong:20170416145826j:plain

翌日、起きて感じたよ。

体がフラフラするようなその感じは、ただ単に飲みすぎってやつだって。

皆様もお酒はほどほどに。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

中村屋のチキンバスケット(千葉県、館山)

だいぶ、大分前、2009年冬のお話。

でも、中村屋のチキンバスケットは健在よ。

新緑の季節、南房総へお出かけの皆さまは是非に!

 

 

ちょっと日本に行ってきた(2009年11月)

2009年11月29日(日)香港、曇り。20-23度。湿度65%

ちょっと、日本に行ってきた。

 

 

 

2009年11月22日(日)良い子はぐっすり寝ている01:00。

羽田空港に向かい香港を出発。

東京駅八重洲口から朝7時過ぎ発のJRバス「なのはな号」に乗り込み、

9時には南房総「館山」に到着。 いやぁ~、便利になったものですね。

その「なのはな号」だって30分おきくらいにあったりして、すごいのなんのって

思わず関心しちゃいました。そんなに頻繁にバスでてて乗る人いるのかなぁ~なんて

心配してましたが、結構いるんですね、利用者。 

首都圏でありながら、かつては交通の便がお世辞にも「良好」といえる場所でなかった

南房総ですが、いいですねぇ、早くこうしてもらいたかったヮ!

 

 

中村屋のチキンバスケット(千葉県、館山)

朝9時に到着しても、もちろんホテルの部屋に入れるわけもなく、

今年一番の寒さというこの日、ブラブラ散歩に。

と、その前に腹ごしらえ。

「4枚切り食パン」って実はあまり香港になくて、時々むしょ~に食べたくなります。

で、満喫しました!

f:id:hongkonghongkong:20170416143907j:plain

中村屋のモーニングセット380円(2009年11月)

 

 

 

そして、中村屋といえば「チキンバスケット」

南房総人「中村屋のチキンバスケット」は外せない。

この、チキンバスケットのチキン、本当においしいのです。

シンガポールの「クレイポットチキン」がどんなにおいしいものか、

まだ、確認をしていませんが、でも、中村屋のとりのから揚げだって

香港から飛行機乗って、さらに東京駅からバスで2時間揺られてでも、

食べてもらいたいものの1つだわ!

シンガポールのクレイポットチキンの話はこちら↓↓↓

hongkonghongkong.hatenablog.com

 

と、いうことで、チキンバスケットも捨てがたいのですが、

4枚切り食パンも楽しめる「モーニングセット+鳥のから揚げ」という組み合わせ。

f:id:hongkonghongkong:20170416144331j:plain

館山の中村屋といえば、コレ!中村屋のチキン。アラカルトで1個100円(2009年11月)

 

世界中で見られる昨今の油の価格上昇の影響からか、以前は1個80円だったから揚げ

が100円になってはいましたが、それでも、ここ中村屋のチキンバスケット580円

という価格はもう何年も変わっていない気がします。(←何十年かも)

「今日は館山に行こう!」と「お出かけ」といえば「館山」だった私たち。

当時「館山」といえばエスカレーターのあるデパートがあったり(←その名は確か、

いとうや)駅前には4階建てのデパートがあったり(←そうそう、最上階には

レストランとゲームセンターがあったサカモト)ウイスキーの小ボトルを扱っていた

デパートがあったり(←これは、もちろん十字屋)。田舎の小さな漁業町で育った

私たちには「館山」は光り輝く都会だったわ(←のように見えたのよ。)

そして「中村屋のチキンバスケット」は魚が主食の我々に

「鳥のから揚げにはマヨネーズ」という驚きの組み合わせを教えてくれた

「なんだかとってもハイカラなメニュー」そのものだった。

いろんなものが変わって行くこの世の中ですが、こうして今も健在。

というか勢力を増している中村屋に心から拍手を送りたい。

 

かあさまが好きだった「中村屋のメロンパン」と、

とおさまが好きだった「中村屋のレーズンパン」を購入しつつ、

もちろん、私たちは熱々のチキンをハフハフしながら満喫したのでした。

あ、そうそう、この「館山 中村屋」と東京内でよくみかける「新宿 中村屋」の

関係については、いろいろな所で見かけますので、ここでは端折りますが、

房総を訪れる際には是非スケジュールに入れて下さいね!

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

古き良き時代の「お互い様」の精神

過去を振り返るシリーズ、これまた、単なる日記帳。

本日、急に登場するのは、藤さんね、藤さん。藤さん、お元気かしら。

香港、パリ、韓国のどこかの都市など駐在し、やっと日本へ。

やれやれ、日本で落ち着いたかなという時に、この長期出張になったのよね。

 

冒頭、予防注射で後ろ向き云云のくだりは、そうそう、新型インフルエンザの

予防注射をしたら、副作用で後ろ向きにしか歩けなくなったという、そういう事案が

あったのよ、この頃。なんだかねぇ~、香港も地味にいろんな事があるわよね。

彼ら、前向きに歩けるようになったのかしら?

 

 

猫ちゃん、お留守番

2009年11月21日(金)香港、晴れ。18:45の気温16度。湿度58%

世の中に発生して久しい新型インフルエンザN1H1。

予防注射がらみでいろいろな話題が続いていますが、皆様、大丈夫でしょうか?

後ろ向きにしか歩けなくなったりしていませんか?

予防注射といえば、義務教育時代以降打ったことが無い私ですが、結構、

世の中では、使われているものだったのね。知らなかった。指定された特殊地域に

でかける人が主に利用するものと思っていたけど、大きな企業では、社員向けに

予防注射とかあったのね。

 

昨夜は、まぁ、楽しかった。久しぶりに笑い転げでしまいました。

8、9年ぶりに会った藤さんと、まぁ、話す、話す。あっという間の数時間。

思い起こせば数年前、香港駐在を終えた藤さんは日本に帰ることなく、

そのままヨーロッパへ異動。そのヨーロッパに発つ前、藤さんが最後に香港で

思う存分味わったものは「温泉卵」だった。その温泉卵に絡んだ何か面白いお話が

あるのかと言ったら、何もない。

香港の駐在を終える時、多くの方が選ぶのは「どこそこホテルの帰国パック」とか

「☆3つのナンチャラレストラン」とかそうしたケースが多いのだろうと思うけど

温泉卵ね、まぁ、日本に帰ることなくヨーロッパに向かうのだもの、今考えててみれば

温泉卵で正解だったのかも。温泉卵、なかなか無いでしょ、ヨーロッパでは。

 

さてさて、そんな8、9年前、2001年頃の香港といえば金融危機の影響からも脱出し、

まだ、SARSが現れる前の、いやぁそれは、それはいい時代でした。この頃、香港で

過ごした人たちは、いろいろ、いい思い出もあるのではないかと思います。

 

これから長い、ながーい出張にでるという、その藤さんの最初の目的地、香港での宴。

楽しいひと時でゴザイマシタ。長期出張、お気をつけて!!

 

 

古き良き時代の「お互い様」の精神

さてさて、こちらは、目覚めるとそこは東京。(←のはず)

冬服もいっぱい持ったし、家の鍵も隣のおばちゃんに預けたし、準備万端。

旅行などで家を空けるときには、猫ちゃんたちはお留守番をしているのですが、

お隣のおばあちゃん、おじいちゃんが面倒を見てくれるので大変助かります。

初めて彼女たちと離れて一時帰国した時には動物病院に預けたのですが、

人よりも家になつく猫ちゃんたちの習性の為か最初の数日はおびえて

ご飯も食べなかったとのことで、それ以降、でかける時には隣のおばあちゃんに

お願いすることにした。普段はとっても小心者で知らない人が来ると逃げ回っている

彼らですが、隣のおじいちゃん、おばあちゃんはやっぱり怖くないみたい。

ご飯をくれる人は違うのね。

香港での暮らしは、普段は見事なほどにホッといてくれるのに「おねが~い。。。」と

声さえ出してみる とみんな結構ふつ~に助けてくれる。

そして、日本のようにお願いしたらお返しもしないと、という変な堅苦しさはなく、

お願いする方もお願いされる方も結構、気軽にやっている。

私自身、初めはこの「誰かに何かをお願いをする」することに慣れなかったけど

この、古き良き時代の「お互い様」の精神が、チョットだけ、心地良くなってきた。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

北朝鮮、アメリカとアフガニスタン、香港と日本の報道、色々。

Newsweek(2017年4月14日)

米軍が「すべての爆弾の母」をアフガニスタンのISIS拠点に投下

www.newsweekjapan.jp

 

上記のニュース関連、現地時間4月13日に米軍が大規模爆風爆弾をアフガニスタンに

投下したした際の香港での報道。

東方日報(2017年4月14日)

超級武器 「炸彈之母」懾朝 - 東方日報

 

蘋果日報(2017年4月15日)

hk.apple.nextmedia.com

 

読売新聞(2017年4月15日):北で軍事パレード、SLBM「北極星」も初登頂

www.yomiuri.co.jp

 

日経新聞(2017年4月15日):北朝鮮、新型ミサイル公開 米と対決姿勢強調

www.nikkei.com

 

 

Business Journal(2017年4月14日)米国、明日にも北朝鮮へ軍事攻撃開始か

biz-journal.jp

 

蘋果日報(2017年4月15日):北朝鮮の様子を伝える香港メディア

hk.dv.nextmedia.com

 

アジアプレス(2017年4月14日):北朝鮮内部

「祝賀ムードの平壌」はメディア利用の宣伝 実は住民動員して非常警戒態勢に突入

www.asiapress.org

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

オバマ氏は日本でマグロを堪能できたのでしょうか。

世の中、既にオバマ政権は終了し、トランプ政権になっているというのに

ほほぉ~、これ、オバマさんが大統領に就任した頃のお話かな。

 

 

 

オバマ氏は日本でマグロを堪能できたのでしょうか

2009年11月16日(月)香港、曇り時々雨。17-13度。湿度95% 

おぉ~これから気温、ドンドン下がっていくようですねぇ。

13度って、まだ、11月ですけど、いいんでしょうか、こんなで、香港。

 

オバマ氏、上海に到着ですね。

中国の学生の関心事の1つは「オバマ氏、お箸は使えるの?」だそうです。

日本では念願の神戸ビーフとマグロは堪能できたのでしょうか。

通常は外務省が事前に大使館を通じて宗教上の理由やアレルギーなどで

「食べられない物」があるかどうか確認、今回も質問したところ

「神戸ビーフとマグロが食べたい」とのお返事だったとのこと。

食べられないものではなく、食べたいものを伝えてくるのは異例ということですが、

受ける側にとってはわかり易くていいと思います。

贈り物をする時に以前は「つまらないものですが」と添えていた日本ですが、

21世紀になった今、現在では

「これ、すごくおいしくて人気なんです。是非召し上がってください!」と

おススメバージョンが主流だという。それでいいと思います。時代ですから。

 

昨今、「こんにちわ」「こんばんわ」という表記がいたるところにあり、

驚くことに「こんにちは」と「こんにちわ」どちらが正しいのですか?

なんて質問がWEB上で世の中を飛び交う。で、そこに回答している人の中にも

「こんにちは」が正しいと思います。という、何とも消極的な回答もあったりして、

そのやり取りを見ていると、自分とは違う時代の人たちの考え方や距離のとり方など、

とても参考になって興味深い。そのうち「こんにちは」って書いてたら

「今時そんな風に表記する人、いないよぉ~!」と笑われてしまう時代が

くるのではないでしょうか。

 

ところで、オバマ氏、マグロを食べながら我々が直面しているマグロ問題、

真剣に考えてくれるといいのですが。(←どうにかしてくれという意味ではなくね)

日本でオバマ氏の真似してる人いますね、あの人、本当に似てますね。

フフフ、面白い。会わせてあげたらいいのに。

 

 

プレジデントオンラインの記事が興味深い

プレジデントオンライン(2017年1月30日)

さようなら、オバマ「あなたは史上最悪の爆弾魔でした」

president.jp

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

新聞ってやっぱりいいね。新聞の法人営業の方の言葉が印象深い。

過去を振り返るシリーズ、今日は新聞関連のお話。

新聞の法人営業さんの言葉が印象深かったので今でも覚えてる。

そして、国鉄ね、E電ね、あったね、あったね。E電、その後、どうなったんだっけ?

 

 

新聞ってやっぱりいいね!

2009年11月15日(日)香港、曇り時々雨。19-21度。湿度80%

あぶない、アブナイ。危うく寝過ごすとこだった。いつもは8時きっかりに「ミャ~、ミャ~」と言って私をつつき起こす猫ちゃんですが、寒くなってくると彼の腹時計にもチョッとずれが出てくる。今朝のこの寒さ、ネコもご飯より丸くなって寝てる方がいいらしい。釜山の火災事故、本当に心配です。情報も相当混乱しているようだし。ご家族の為にも一刻も早く正しい情報が得られるようお祈りします。

 

 

さて。 昨日、日本の新聞を読んだ。

久しぶりだ。社会人引退(え?失業じゃなく?)して以来かなぁ~?5ヶ月ぶり?

やっぱり、新聞っていいですね。

情報いっぱいだし、どれが世の中で注目されているかわかりやすいし、

自分自身が本来関心なかったことでも自然に視界に入ってくるし。

いつか、新聞の法人営業の野さんと話をしていた時、

「新聞の法人営業って、会社だって必要な部数は1部か多くても2部でしょ?

それでも、そのために『法人営業』が必要なんですか?」と聞いてみた。

「そう、その1部、2部を引き続き購読してもらうために自分がいる。

これが、営業マンがおらず、営業を続けていないと、その1部、2部が

やっぱり減ってくる。」と仰っていた。

その時に「へぇ~、そんなものなのかな~?」と思いつつ

「営業を長くやっている人ってやっぱりブレていないんだなぁ~。」と思った。

バルクオーダーの可能性のある物ならまだしも、海外の日系法人を回ったところで

本当に数は知れている。(←と、勝手に思ってる)きっと、私だったら

「やってられるかぁ~」とか「毎日、私はこうしていていいのだろうか」とか

思っちゃうと思う。きっとそう思った日もあっただろうけど、自分自身消化して、

乗り越えて来ているのでしょうか、凄いよ。本当に。

 

もう1人、別の法人営業さん、こちらは新聞社関連の雑誌も扱っている片さんの言葉。

「雑誌は生ものですから。。。」この言葉も強烈に印象に残ってる。

 

新聞の読者投稿欄が好きなのよ

さて、さて。昨日久しぶりに対面した日本の新聞。

読者からの投稿記事。好きなのよね、投稿記事欄。

新宿駅で駅員をしている男性からの投稿。

「道を尋ねてくる人が『すみません、これ。』と言って携帯画面を無言で見せた後、

目指す方向がわかった途端、案内を最後まで聞かず「ありがとう」も言わず立ち去る。

このモラルの低下と礼節を尊ぶ日本人の道徳観が失われる現状に危機感、

どうにかせねば。」という内容。

わかる!わかる!!ほんと、そのとおりだよぉ~!と思いながら読んでいた。

まぁそうは言っても「ひと昔前、国鉄職員の方に道を聞いたところで、無言で、

しかも怖い顔で『あっちだ!』と言われて、私たちだって、国鉄職員には

嫌な思いしてきたんだからっ!」って思わないわけでもありませんでしたが、

でも、その投稿した方が駅員であった事、そして投稿者が31歳という

若い年齢であった事に何となく嬉しい思いがしました。

彼がJRの駅員なのか、はたまた、他の会社かは記載が無かったのでその辺の事は

わかりませんが国鉄民営化から20年以上。

JRと同じ頃の特殊法人民営化といえばJT、NTT、JALが同じ頃だったでしょうか。

当たり前ではありますが、それぞれがそれぞれの道を歩いているのだなぁと感じます。

 

ところで、JRになった頃、案内版までに書かれていた「E電」って最近、

全く聞かなくなったけど、「E電」ってその後、どうなったんだっけ???

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

香港は不思議な場所だ。緊急肝臓移植の件に思う事。

香港は、不思議な場所だ。

家族や身内の事となれば真剣そのものだけど、赤の他人の事となると普段は

結構大雑把に、ちょっと軽めの不謹慎の中で飄々として生きているような

そんな人々の集まりだけど「ここはっ!!」という時になると、

あなたは神か仏の生まれ変わりか?という人が度々現れる。

 

 

早急に肝臓移植が必要とされた43歳の女性。

未成年の娘さんが肝臓提供を希望するも、提供側条件の18歳に3か月足りず、

政府は今回のケースは早急に柔軟に対応することも考慮に入れていた。

そんな状況の中、肝臓提供を名乗り出た26歳の女性。

先日、12時間に及ぶ手術が行われた。

 

 

NOW新聞:換肝病人鄧桂思仍危殆 未來一周關鍵

news.now.com

蘋果日報:Do No Harm 瑪麗設立好心人活肝損贈名冊

hk.apple.nextmedia.com

 

今回の件は様々な事を考えさせられた。

提供した26歳の女性自身もすごいけど、その親御さんの気持ちを考えると

とても複雑だ。肝臓を提供する手術となれば家族の支えや理解だけではなく、

彼女が勤める会社の理解や支えも必要だろう。

本当に沢山の「誰かのために」という気持がそこにはあったのだと思う。

 

 

手術後、手術を行ったQMHのドクターたちが記者会見を行っていたけれど

本当に難しい問題だと思う。

今回のように政府が早急に対応しようとした部分は評価できても、

先生方の仰る通り、例えば今回提供側の年齢を17歳に下げたとしても

次回、提供適合者が16歳11か月だった場合はどうするか、

そうした問題は永遠に続くことになる。

 

 

今はただ、2人の回復を願うばかり。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ