香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。

嘘松君、嘘松さんとその仲間たち

嘘松君、嘘松さん、という単語があるんですね。

ワタクシ自身は最近知った言葉なんですけど、

これ、ネットの中だけで存在している言葉なんでしょうか、それとも

実社会でも使われている言葉なのかしら?

 

 

「おっ!嘘松じゃん、久っさしぶりだなぁ~どうよっ、最近、元気にしてたっ?」

 

 

と、ご本人にお声がけすることはさすがにないと思うけど

会社のパントリー辺りではあれですかね、何人か女性スタッフが集まると

「でさぁ~、あの嘘松さんね、今度は六本木に引っ越したらしいよっ!」

という感じで、リアル生活の中で、自然な感じに入れていい言葉なのかしら。

その辺りがね、新しい言葉を学んだ時に気になる部分なんですよね。

 

 

ワタクシ、純日本人ではありますが、現在のその生活ときたら

日本語を使う機会というのは、運が良ければ1週間に1、2度、

長ければ5分くらいの会話の機会があるかなぁ~という程度で、

だからと言って英語や広東語をビシバシ使っているかといったら

まぁ日本語以上には使うけど、上達するほどに使うかといったら

それほどでもないという状態で、ますます脳が退化してゆくのを

ヒシヒシと感じる毎日。

そういった部分に危機感を感じて、アウトプットする機会を作りたくて

こうしてブログを細々と続けているわけですね。

 

 

おお、今日は嘘松君と嘘松さんに関するお話だった。

その単語の使い方はまた改めて別の機会に学ぶとして、

「嘘松」という言葉の誕生ストーリーというのはワタクシ存じませんが、

良く出来た言葉だと思うのよね、簡単だし、覚えやすいし、明るいタッチだし。

こういう言葉を生み出す人ってホント、天才だわっ!と思うのよね。

 

 

でもその使い方はちょっと難しそうよね。

ま、実生活にしろ仮想世界にしろコミュニケーションをとる機会が

極端に少ないワタクシ、使う機会もないんですけどね。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

老舗中の老舗の潮州料理:創発潮州飯店(九龍城)2009年12月

過去を振り返るシリーズ、2009年の忘年会シーズの記事が続きます。

九龍城の老舗中の老舗の潮州料理店『創発潮州飯店』

このお店は大体、どのガイドブックにも掲載されているだろうし、

香港関連のブログであれば、どのブロガーさんも触れているだろう有名店。

ということで、ここでは料理の様子などをサクサクサクっと紹介。

老舗中の老舗の潮州料理:創発潮州飯店(九龍城)2009年12月

2009年12月9日(水)香港、曇り。19-21度。湿度90%

US$1=JPY89.40 / JPY1,000=US$11.20

HK$1=JPY11.50 / JPY1,000=HK$86.65

先日の 忘年会に引き続き、昨日も忘年会です。

久しぶりの九龍城。

今回は「創発潮州飯店」

前職時のクライアントから着電。

久しぶりに香港に行くので忘年会しましょ~う!と嬉しいお誘い。

相方さんと遠慮なくオジャマしてきました。

「創発潮州飯店」は九龍城にある老舗中の老舗の潮州料理店。

日本の方も多く利用されているし、

大体どのガイドブックにも掲載されでいるでしょう。

だからといって観光客ばかりではなく、地元香港の方々からも愛されるお店。

では、早速!

f:id:hongkonghongkong:20170802185425j:plain

シャコです。

f:id:hongkonghongkong:20170802185438j:plain

ガチョウの腸です。

f:id:hongkonghongkong:20170802185448j:plain

日本で流行っているという飲み物を私たちに経験させるべく

ウィスキーとレモンを用意してくれていました。

f:id:hongkonghongkong:20170802185532j:plain

エビの料理でしたが、名前は何でしょうか。

潮州料理名に明るくないワタクシ、ちょっとわかりません。

エビの下の葉「真珠菜」も美味、美味!

f:id:hongkonghongkong:20170802185544j:plain

こっ!高価な、高価な一品、貝料理。

よ~く、噛みしめていただきました。

f:id:hongkonghongkong:20170802185556j:plain

イカと九菜花の炒め物。この「花にら」あまみと旨みがあって後を引くおいしさ。

f:id:hongkonghongkong:20170802185606j:plain

潮州料理の代表的な野菜料理(←らしい)

その料理のお名前、失念。

f:id:hongkonghongkong:20170802185620j:plain

茶巾蒸しの中には五目たっぷり。

f:id:hongkonghongkong:20170802185631j:plain

 これまた、楽しい宴でございました。

 

(2017年追記↓↓↓)

潮州料理の注意点

香港には比較的多くの潮州料理があって、日本のおばんざいのように

お惣菜、おつまみ類が店頭に並んでいる事も多く、並ぶ料理のなかから

指さしで頼むのも楽しみの1つ。

と、同時に、潮州料理は高価食材や高価料理も比較的多く、

例えば凍蟹、例えば記事中の貝料理、例えばふかひれ料理に金華ハム。

そうした料理は大体時価で、そのお値段といったら

広東料理で時価の蒸し魚の比では無い場合も多々あるので

オーダーの際には料金の確認、お忘れなく!

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

熟食中心:泉記(紫湾漁湾街市 2009年12月)2種類のハタ料理、イカの揚げ物、エビの蒸篭蒸しご飯など

過去を振り返るシリーズ、サクサクサクッと進めたいとは思っているものの

なかなか作業がはかどらず、まだまだ2009年年末。

2017年8月という夏の真っ盛りだというのに、年末の話題。

コスト高騰が続く中で香港に存在するお店の入れ替えが激しくなっている昨今ですが

紫湾漁湾街市熟食中心のこのお店「泉記」は現在も健在。

最近は海鮮火鍋の食べ放題メニューなどもやっていたかな。

香港中、斬新というか創作料理というか、そういう料理が増えてきた今日この頃

コテコテローカル広東料理が食べたいと思っても案外出会う事も少なくなった。

たまにはやっぱり超ローカルに!という方は、挑戦してみてくださいね!

ところで冒頭に登場のすし職人高橋氏。おお、何たる懐かしさ。

セントラルのどのお店だったんだろう、すっかり忘れてしまったよ。

 

熟食中心:泉記(紫湾漁湾街市)2009年12月

2009年12月8日(火)香港、曇りときどき雨。18-20度。湿度96%

US$1=JPY89.4 / JPY1,000=US$11.20 

HK$1=JPY11.50 / JPY1,000=HK$86.65

おととい読んだ地元情報誌「Concierge」の12月号を見ながら

「うぉ~!」 高橋氏が香港に戻っているではありませんか!全く知らなかった。

香港に10年以上住む人の中には「高橋さんの寿司」ファンの人、

少なくないのではないでしょうか。

普段、香港で寿司、刺身を食べる機会はあまりない我家ではありますが、

高橋氏が紹介されている記事を読むなり、相方さん「明日のランチは寿司だ!」と

珍しいことを言っている。高橋さんの寿司を知らず、一度食べたい!と

常々思っていた私に異存があるはずもなく、行ってまいりました。華のセントラル!

楽しいランチでございました。

 

さて。

4年に1度くらいしか行く機会のない柴湾に昨日野暮用があり、行ってきました。

夜はその近所に住む相方さんの同僚、キティちゃんと忘年会。そうです、

そんな季節です。本業よりもなにかと、スケジュール調整の方が忙しい季節です。

新正月より旧正月の香港では彼らの生活の中にこの時期に「忘年会」という考えは

ないようですが、それでも、冬至、クリスマス、新正月、旧正月、バレンタインと

彼らにとっても重要かつ楽しいイベントが続くこれからの季節、香港を支える

重要な業種の1つの「飲食業」は世の中の人に気持ちよくお金を使ってもらうべく、

気合が入ります。

と、いうことで、紫湾の漁湾街市熟食中心「泉記」で忘年会。

 

f:id:hongkonghongkong:20170802174711j:plain

鳥のから揚げ。

本来は「西檬煎軟鶏(鳥のから揚げレモンソース)」という料理で、揚げた鶏に

甘いレモンソースがたっぷり絡めてあるものですが、

純粋に鳥のから揚げを食べたい時にはソースはこうして別盛りにしてもらいます。

日本の鶏のから揚げとは別物だけど、これはこれで、あり。

f:id:hongkonghongkong:20170802174753j:plain

揚物2種の盛り合わせ。 イカの揚物と魚片(香港風かまぼこ)の揚物。

こちらもビールがすすみます。

f:id:hongkonghongkong:20170802174804j:plain

2種類のハタ料理、お好みの調理法で。

1つは椎茸と豆腐と一緒に醤油ベース↑↑↑

f:id:hongkonghongkong:20170802174825j:plain

ハタのお料理、もう1つは↑↑↑ブロッコリーと炒めて。

 

f:id:hongkonghongkong:20170802174858j:plain

鰻のトウチ蒸し。新鮮な鰻がプリプリです。

 

f:id:hongkonghongkong:20170802174915j:plain

エビたっぷりの蒸篭蒸しご飯。蓮の葉の香りが食欲をそそります。

 

このエビの蒸しご飯は、お家でちょっと人が集まる時にも喜ばれそう。

お酒飲んでる間に蒸しておけば、時間もちょうど良くなりそうだし。

f:id:hongkonghongkong:20170802174925j:plain

泉記金喜来での楽しい宴はビール代込み(←って、何本?)

HK$450くらいだったかなぁ。(2009年現在)

(2017年8月追記:これでHK$450??2009年頃って安かったのね。

特にこの頃は気軽に頼めた鰻料理も今はものすごく値上って

気軽にオーダーできるお料理ではなくなりました。寂しいなぁ。)

f:id:hongkonghongkong:20170802175401j:plain

夜6時からの営業ですが、それより1分でも早くオーダーしようものなら、

途端に機嫌が悪くなるか、もしくは、怒られます。

むかし、昔の香港のサービスの仕方を肌で感じたい!!

というチャレンジャーはどうぞ。

 

香港政府HP:紫湾漁湾街市情報はこちら

初めての方にはちょっとわかりずらい場所かな。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

富臨:北京ダックのプロモーション、干した白菜と豚の肺のスープ。旨味が体の隅々までいきわたる。

ゆる~いお店、富臨@香港仔。

hongkonghongkong.hatenablog.com

このところ続いていた焼鵝HK$20のプロモーションは終わったようで

プロモーションは北京鴨(北京ダック)となっていた。

2人で頼めるサイズは、やはり一番小さいサイズでHK$18のこちら。

んっ?HK$28だったかな?まぁ、それくらいの料金。

f:id:hongkonghongkong:20170802165114j:plain

もっと、沢山、ガツガツ食べたいのに、残念だわ。

一般的に普通の人はこれくらいの量で満足なんですかね、きっと。

でもね、4人まではこのサイズなの、ちょっと、足りないわよね。

 

f:id:hongkonghongkong:20170802165129j:plain

何となく風邪っぴきで、スープが飲みたかったこの日。

菜乾豬肺湯。もっと洒落た名前がついていたかも。

干した白菜(パクチョイ)と豚の肺のスープ。

旨味が体の隅々までいきわたる。

f:id:hongkonghongkong:20170802165243j:plain

ナスにエビのすり身を挟んで揚げ煮にしたお料理。

料理名は何と言ったかな。

ビール1,2本頂いて、どうだろう2人でHK$270-前後位かしら。

お勘定、HK$300まではいっていないと思います。

 

 

富臨グループのメニューはこちらに写真入りでありましたので、

富臨集團 | 富臨集團

日本から観光でお越しになる方も、多少予習が出来そう。

便利な時代になったわよねっ!

香港各地にあります。皆様も、ゆる~い気分の時には是非に。

ガチガチ、ガッチリ決めたい時には別のお店をお勧めするわ。

どんな緩いサービスでも許せちゃうくらいの、心にゆとりのある日に

お出かけ下さいましね。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

バリューコマースのおまかせ広告をはてなブログの文中に貼ろうとしたらヘロヘロになったお話。

多くの皆さまが簡単、簡単、ホントに貼るだけと仰っている

バリューコマースの「おまかせ広告」を文中に貼ってみようとしたら

とんでもなくヘロヘロになったわよっ!!ってお話。

 

そんなお話をしようと思ったら、諸先輩の中にもいらっしゃったわ。

すでに同じ案件でヘロヘロ体験された方が。

働けおっさんブロガーのマスクド・ニシオカさん。

ブログ改革のためバリューコマースのおまかせ広告にトライしてみた

www.maskednishioka.com

マスクド・ニシオカさん、ありがとうございました!

もうね、ホント、ワタクシも、そのまんまでございました。

どうやらワタクシよりも一歩先にヘロヘロになられたご様子の

マスクド・ニシオカさんも無事文中に貼り付けることが出来たとの事で

早速、生まれる時代を間違えたデジタル音痴のワタクシも

マスクド・ニシオカさんの経験をもとにやってみましたよ。

したらねっ!!

出来ましたよ、で・き・ま・し・たっ♪♪

ほら、ここに↓↓↓出てますでしょ↓↓↓きっと、ここらへん?

ね、出ていますでしょ、この辺に↑↑↑?

見えないのよ、「編集見たまま」が画面で打ってるワタクシには見えませんのよっ。

おかげさまで、出来はしましたが、

ここまでの道のり

簡単どころか、ホント、ヘロッヘロのヘロッヘロ。まさに

exhaust 

えぐぞーすとっ!!

という感じだったわよ。

つっかれちゃうわぁ~ホント。

おまかせ広告、出現したけど、そのカラクリ、サッパリわけがわかりません。

カラクリってったって、どんな広告が出てくるかとかアドセンと何が違うかとか

そんな小難しい事じゃなくて、貼り付ける方法そのもののカラクリよっ!

もうちょっと、こう、なんといいますか

端に寄せる方法ってないですかね。

きっと<center></center>で挟むのではなくて、他の何かで挟むのよね。

左に寄せたいのだからleftで挟んだらいいのかしらと、やってみたけど

駄目だったわよっ、消えちゃったの、やっぱり消えちゃうのよね、あれ。

あれって何よっ?と問われても、もうね、↑↑↑この辺に関しては

疲れ切り過ぎちゃって、今度ね、今度。分かる方には伝わるだろうから

いいのよ、今日はこれで勘弁してチョーダイ。

 

 

はっ??

こいつ、普通に張るのにleftとか、何わけわかんないこと言ってんの?

とか、何とか、今、思っちゃいました?

ワカンナイのよ、ワカンナイのっ!!

そんな事言われたって解んないよの、ホントに。

軽自動車に軽油入れて爆発したってニュースだって

「ふぅ~ん、軽油っていうの入れたら、車爆発するんだ、わたしも気を付けようっ!」

と、思いながら読んでるわよ。

そういう皆さんだって、レシピ本見ながら料理に挑戦した時に

「塩:適量」何て書いてあったら、

「何、適量って?だからその適量ってどれくらいだよっ??」って

思っちゃうわけでしょ、それと同じようなもんよ。

「塩:適量といえば、適量なのよっ!!」

そんな言葉を熨斗紙つけてお返ししておくわ。

 

バリューコマースは仰います

バリューコマースの仰るところの

JavaScriptの 広告を掲載するページに貼り付けてください。

※掲載するページのheadタグ、もしくはbodyタグ内に貼り付けてください。

広告タグ 広告を表示させたい箇所(ブログ記事内等)に貼り付けてください。

 

もうね、何が書いてあるんだかサッパリわからず、もはや日本語とも思えず

頭がクラクラ、クラクラ。

その辺りの事は、また改めて別記事にしたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

 

たかが英語、されど英語:松居女史動画の一件に思う事、「英語で発信する」という事が導く道

松居一代さん、船越英一郎さん夫妻の一連の報道。

日本での報道が、深刻な問題として扱われているのか、

はたまたコメディータッチで報道されているのか、

エンターテイメントの1つとして報道されているのか、

その辺の扱われ方の温度までは、こちら香港には伝わってこない。

夫婦間の事なので、その事実関係は当人お二人にしかわからないわけで、

ここではその部分には触れない。

 

さて、松居女史動画。

先日、松居女史が英語で動画を発信した事を受け

その英語発信の動画が世界の英字メディアで取り上げられた。

私自身は「さて、事の真相は」という部分は別として

世界の人々はこの一連をどう見るかという部分に興味があり、

時々コメント欄を覗く。

 

夫婦の事は、当人2人にしかわからない。

時には当人自身だって「どうしてこうなったんだろう」と

自分たちだってわからなくなることなんて山のようにある。

松居女史動画、英語版

松居女史ご自身による英語での発信と、それを伝える英字メディアを少し。

Japan Times: Celebrity couple's fight goes viral after spurned wife takes battle online

www.japantimes.co.jp

 

9Honey news: Actress slams 'cheating' ex-husband in scathing online rant

honey.nine.com.au

 

Japan Today: Actress Kazuyo Matsui talks about husband's affair;

asks foreign media for support in You Tubu Video

japantoday.co

 

 Tribune: Japanese actress speaks about husband's affair in viral You Tube video

tribune.com.pk

英語で発信するということ

読む側、聞く側というのは不思議なもので、時として

その内容が真実かどうか、事実関係はどうなのかという事はあまり気にしない。

事柄の前後関係やその人を取り巻く人間関係などの情報が取りやすい

国内のでき事でもそうなのに

言葉や文化の違う他国の情報を得る場合はなおさらで、自分が今

目にしている記事や、聞いた話をそのまま事実と認識することも多々ある。

たかが英語、されど英語

黙っていても正しい事を続けてさえいればいつかはみんな分かってくれる。

そういう世界が世の中にあったらそれはそれで素晴らしい事なんだけど

困ったことにその「正しい事」という基準は文化や環境、人生背景によって

異なっていて、それはそれは星の数ほどの種類がある。

たかが英語、されど英語。

だけど英語で発信する事のパワフルさというのは、

今の時代、とても重要な事なのだと改めて感じさせてくれた松居劇場。

 

 

この動画に限らず

歴史の伝達なども事実が検証されることなく世界各地に広がり

こうして一部だけが独り歩きする事も多々あるのだろうなと

興味深く流れを見ている。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

熟食中心:茹で豚レバー、大根の炒め煮、牛バラのおつまみと酒の王「神渡 純米大吟醸」

熟食中心、いつのも石排湾。

日本酒気分だったので、神渡(長野)

 

あれっ??

写真を撮りながら、あれれれれっ?

あれれれれれれっ?????

f:id:hongkonghongkong:20170722161549j:plain

純米吟醸を持ってきたつもりだったのに、がぁ~ん、純米大吟醸だった。

神渡は純米吟醸が金の箱、大吟醸が銀の箱なのよねぇ~なんて考えながら

金の箱を手にしたけど、あらららら、純米大吟醸も金の箱だったのね。

箱を手にしたとき「あれっ?微妙に金の色、変えたかなっ?」とは

思ったけど、良く確かめなかった。

f:id:hongkonghongkong:20170722161607j:plain

神渡のHPにおじゃましてみると、ホラ、似てますでしょ。

神渡 - 美しい信州の酒 酒の王 みわたり -: 吟醸酒

まっ、確かに大きく純米吟醸、純米大吟醸とは箱正面に書いてはあるのですけどね。

良く見なかったのですよ、金の箱、金の箱という事しか頭になくて。

 

うぅ~ん、純米大吟醸じゃ、

このお店の料理ではなかなか合わせるの難しそうと思いつつ

かぁ~っ!!もったいなかったなぁ~何てなことも頭をかすめ、でも

もう開けちゃったし、ビールという気分でもなかったしという事で

コテコテローカルチャイニーズと神渡純米大吟醸という組み合わせ。

f:id:hongkonghongkong:20170722161628j:plain

白灼豬潤、豚レバーをさっと茹でたおつまみ。

香港では毎朝新鮮な豚を捌くから、レバーは本当に新鮮で臭みなんて全くない。

ホルモン系好きな方は、熟食中心での御食事も楽しめると思う。

f:id:hongkonghongkong:20170722161700j:plain

大根の炒め煮。お魚のすり身団子を軽く揚げたのと一緒に。

f:id:hongkonghongkong:20170722161715j:plain

珍しく牛肉。牛肉、時々食べたくなるのよね、牛肉も。

香港はもともと牛肉を召し上がらない方が多く、その関連でかしら?

牛肉を使った料理で繰り返し繰り返し食べたくなる料理というのは

あまり出会わない気がするかな、特に熟食中心では。

その代わり香港全体的に豚肉や鶏肉の料理が充実していて、

様々な料理を楽しめる。

 

 

さて。

香港のチョーコテコテローカル料理と神渡純米大吟醸。

これはね、何というのでしょうか、それぞれもちろん美味しいいのだけれど

一緒にしたところで、それぞれの良さは引き出しきれない、そんな感じ?

お互い喧嘩するわけじゃないけど、喧嘩するわけではないのだけれど、

うぅ~ん。

本当は何かの陳皮蒸しでもあればよかったのかもしれませんが、

この日は残念ながら陳皮蒸し系は何もなく、ワタクシたちも途中で気づいていれば

道すがら食材調達でもできたのでしょうが、間違えにの気づいたのは

もう座ってからの事だもの、しょーがない。

 

 

どちらも美味しいのですよ。間違いなくどちらも美味しく、

神渡純米大吟醸もふくよかな香りが素晴らしいのではありますが、

でも、きっと、熟食中心ではないのよね。

 

という事で、神渡というお酒。

純米吟醸と純米大吟醸は金色系の箱、大吟醸は銀色の箱。

皆さまにおかれましては、お間違いのないように手にお取りくださいませね。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ