読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。

「旅行をしたくなる気分に男女差」で彦さんを思う。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

今日は、本当は「嵐」について書きたかったのですが、「旅」関連で興味深い記事があったのでそちらを先に。

トラベルズー・ジャパンが実施した旅行に関するアンケート調査関連をいろいろなサイトが取り上げていて元記事を探したのですがよくわからなかったので、「旅行したくなる気分に男女差、有名人の一押しプランは菅野美穂さんが人気」という見出しのトラベルビジョンからお借りしています。





ー以下、トラベルビジョンより抜粋ー

「旅行をしたくなるのはどんな時か」を漢字で表現した場合、「休」が最も多く、男性が23.6%、女性が20.1%となった。2位は「楽」(男性11.0%、女性10.6%)で男女とも同じ順位。3位以下は男女に差が生じ、男性は3位が「喜」(9.3%)、4位が「嬉」(8.3%)と、うきうきした楽しい気分の時であるのに対し、女性は3位が「疲」(8.6%)、4位が「癒」(6.3%)と、日ごろのストレスを解消したいときに旅行に行きたくなる傾向が高い。

ー中略ー

このほか、アンケート調査では、「有名人で誰の一押しプランなら旅行に行きたいか」を質問。1位は「菅野美穂」さん(6.4%)、2位は石塚英彦さん(3.3%)とタモリさん(3.3%)であった。菅野さんは旅行好きとして知られる女優で、「旅行の楽しみ方やいろいろな名所を知っていそう」と、女性からの支持が圧倒的に高かった。2位の石塚さんは男性の1位で、「おいしい食べ物やおいしいお店を知っていそう」が主な理由。また、タモリさんは、テレビ番組で独自のテーマや視点で街歩きなどをしており、「面白い場所や穴場を知っていそう」と、男性からの支持が高った。

ー抜粋ここまでー





漢字1文字でという条件だったのでしょう。「休」「楽」「喜」などが並んでいます。





で、自分も考えてみました。





なかなか1文字って難しいですねぇ~。





「共有」とか「分かち合い」とか「知」「感」とか。そんな感じの漢字かなとは思うのですが。1文字で表すとなると、なかなか上手くおもいつきません。。。





若かりし頃は1人旅もヘッチャラだったのですが、最近は奇麗な景色とか美味しいものとか、新しく知った事とか誰かと共有したいという思いが強くなってきたように思います。今の自分が旅に出かけたくなる時というのは誰かと何かを共有したい時かもしれません。

(追記:はい、1日考えたら思いつきました。どんな時に旅に出たいか、漢字1文字では「会」「帰」などです。誰かに会いたい時、日本へ帰りたい時。大切な人に会いたい時、本来の自分に帰りたい時かなぁ~。奇麗過ぎ?)






ってな事を、ちょっと真剣に考えてはみたのですが、ホントのところ、記事を読んで一番始めに思った事は「あ、そういえば彦さん、随分大きくなってたなぁ~、大丈夫かなぁ~」という事なのです。

これ、風が吹けば桶屋が儲かる式ではあるのですが。







「あっ、そういえば」と私が気になった箇所は「有名人で誰の一押しプランなら旅行に行きたいか」の2位は石塚英彦さん(男性の1位)の部分で私の不確かな記憶を奥のほうから探ってみると、この石塚さんって安住アナウンサーといろいろ食べにいっていた方ですよね?今でもありますか?あの番組?

で、先日ね、日本に帰った時に偶然見かけたのです、彼。って、もちろんテレビ画面でですが。

随分スッキリされたような印象でした。





で、その後だったのでしょうかね、彦さんも見かけたのです。こちらももちろん画面上でですが。

そして、今日、記事の中に石塚英彦氏の名前をみながら、彦摩呂さんの事があらためて心配になったというお話です。





さぁ、今年はみんな、旅に出ましょう~!!