読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。

久しぶりに大坑を歩いてみました。その1

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

にほんブログ村



好きな地区です。大坑(Tai Hang)エリア。

天后から香港中央図書館の裏手をグルッと囲む銅鑼湾道(Tung lo Wan Road)と、

そこから山側のさらなる高級住宅地へと繋がる大坑道(Tai Hang Road)周辺。

親しみやすさがありつつ、それでいて何とも言えぬ優雅さもあり

ここでの暮らしは、心地よい暮らしができるんだろうなぁと感じます。

優雅さというよりも、ゆとりがある町と人々というエリアでしょうか。

銅鑼湾までゆっくり歩いて15分とはとても思えません。

そして、多くの唐樓も残ることから、唐樓好きな西洋人の方も

好むエリアの1つです。

f:id:yayoi_international:20110913224548j:image:w360

10年ほど前でしょうか、毎日の行動範囲に少しかすっていたせいか

仕事帰りの食事なども随分お世話になりましたが

最近は随分ご無沙汰してしまっていたこともあり

久しぶりにゆっくり歩いてみました。


本当にこの辺は、生活の一部になっている人はよく歩くけど

そうでない方は、香港滞在中、一度も歩いたことない!という人も多いかもしれません。

でも、どうでしょう。

10年前とは飲食店のテナントもすっかり入れ替わり

最近は拉麺の「達磨」カレーの「Panda」「五谷やきとり」と、

日本の方にも馴染みの店も多くなっているので、ご存知の方も多くなってきたでしょうか。

もともと、このエリアは車をおける場所が比較的多い事から

夜、車で食事にくる芸能人や若き企業家などが集う場所だったのですね。

そんな背景から随分前から「個性派レストラン」の集まる場所でもありました。

腕に自信あり!

小さな店舗でも自分の店を持ちたい!という方は意識しておくべき地区だと思います。

でも、腕に自信のない方、

少しお金に余裕があるから、誰か料理人にお願いして店やろう!

という方は、今の所はまだ、やめておいた方がいいエリアでもあります。

香港の他のエリアと同じく、この辺りも更なる高級住宅の建築が進んでいますが、

現状況では、フリのゲストをあてにできる場所では決してありません。

飲食店開店にこのエリアを検討されている方は、

自分のビジネス体系を熟慮しながら歩いてみて下さい。


あらら、この辺りのお家の紹介等もしたかったのですが、

前置きが長くなりすぎましたので、次回へつづきます。

超個人的嗜好からこちらのページやこちらの特集などでも大坑は

取り上げていますのでお時間ある方は覗いてみて下さいね。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村