香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。

という事で、日本の学生の皆さん! 香港、雨傘革命

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ


にほんブログ村

(各リンク先が何かしらの事情により表示され難くなっているようです。)

デモ18日目。

昨日の段階ではこれで一旦収束に向かうかなと思われたものの

無線電視:(リンク切れ)添華道から龍和道トンネルにかけてのデモ隊と警察の衝突

無線電視:(リンク切れ)夜中2時過ぎからの正面衝突で45人拘束。

警察の中には暴力的なものもあったということで

今朝は泛民主派 (Pan-democracy Camp)の方々の記者会見。(iCable) 

我らが銅鑼湾、あまり変わらず。






(注意事項: この先、不謹慎な表現が沢山出てきます。自己判断でおすすみ下さい。

こちらは政治、経済、思想などの専門知識を持ち合わせない香港在住女の

偏見に満ちた毒舌日記となっております。ご了承下さい。)




さて。

昨夜はレポート提出まで辿り着けませんでしたからね、

今日こそは、ササッと、気になるニュースを順不同でピックアップ。



順不同といっても、まずはこれ。

昨日、10数名の中西区の方々が学生デモ隊を訪れた場面。(Speakout港人講地)

有線電視では昨夜、ニュースで流していたので動画が何処かにあるかもしれません。

まずは学生さんの健康を心配している事、

皆が香港の為を思ってやっている事だと充分理解しているという事を伝え

そして、88歳の周おじいちゃんが、どうか道路封鎖解除をしてくれと

跪いて学生さんたちに懇願。

動画では、周おじいちゃんの周辺の人々も、

気持ちは分かるから、学校に戻って、沢山勉強をして、力をつけて

そして少しずつ、少しずつ変えていけばいいと学生さんたちに

穏やかに伝えていました。

さっすが、中西区の方々で、その言動に土地柄が表れてますな。

中西区といえば、日本で言ったら世田谷区とか田園調布近辺とか

そんな感じでしょうか。

旺角や銅鑼湾の懇願とはえらい違いやんっ!なんて事は思ってはいけません。


関連記事(英語 The Standard)

Respect rules in street - plea to young students

というタイトルで10月15日付けで掲載していたのですが、

う~ん、どうやら、現在のところ、アクセスできず。

この件は、中国系メディアがここぞとばかりに取上げて

世間でも反響があったので、アレですかね、大人の事情があるのでしょうか。

各メディアの扱いを覗いてみたい方は、下記コピペで検索をどうぞ。

88岁老人跪求撤离

上記が綺麗に表記されない場合には

老人下跪

あたりでどうぞ。






さて、Apple daily

いつもはワタクシもApple dailyの記事を面白おかしくリンクなど

貼るのですが、今回は彼らが当事者という事で、中々そのリンクの機会がありません。

このブログで久しぶりの登場となるApple daily

出来立てホヤホヤの新聞を急いで配達って時に

それを阻止しようとする人々。

【蘋果被圍】不怕黑道圍 港《蘋果》順利送出

このところ、毎朝の出発に苦労しているようです。

拡声器から呼びかける声がまず普通語ってとこが編集の気が利いてるところ。

まぁ、もとをただせば3年前。

当時当選確実と思われていた唐英年先生を自宅違法建築関連の報道(蘋果)

引き摺り下ろし、その結果1200の内698票という微妙な数字で当選したのが

CYさんだろうに、Apple Dailyさんは一体どこに向かっているのでしょうか。


Apple dailyだけを読み、政治経済を語れと言われても

日本で例えたらスポーツ新聞の知識だけで政治経済を語って下さいと

言われているようなもので、高度な特殊能力が無ければ

中々その情報だけでは難しい。

今回のデモに関して全体像を知りたいという方は、

多方面のメディアにサクッと目を通しておくのが良いかと。

ああ、個人的には好きよ、ワタクシ、Apple dailyも。

あの追求魂は特筆ものよ。





NHK:各企業、大学への奨学金停止の動き。(リンク切れ)

これは、誰かを攻めるというわけにもいかないのではないでしょうか。

リンク内のNHK記事では、その理由に深く触れていないようですが

「違法行為を使って何かを訴える事が正しい事だと学んで欲しくない」という

ような理由を挙げていたと記憶しています。

まぁ、実際お金を出す人と、公に発表する理由を考える人というのは別の人というのが

現実社会というもので、それを含め、学生さんには学びがあるといいと願います。

デモに反対の学生さんは、う~ん。そりゃ、まぁ、可哀相よね。




産経新聞:「香港デモ支持」で中国国内で約50人を拘束。

やりきれないなぁ。

ところで韓国で拘束されてしまった前ソウル支局長。(Yahoo news リンク切れ)

早く日本に戻れると良いですね。




そうそう、今回のこのデモ、日本語媒体ではよく

黄之鋒君(NAVERまとめ)が取上げられるようですが、ここではあえて

岑敖暉君と周永康君。(蘋果)

あっ!周永康先生といっても、あっちのお方じゃありませんからっ!!

Alex Chowの方ですからね、學聯秘書長の。

記者会見の様子を見ていても、現場は香港なので

もちろん広東語や英語のインタビュアーがいるのですが、

広東語で聞かれれば広東語で答え、英語で聞かれれば英語で答え。

彼らのプロフィールを詳しく見ていませんが、

記者会見などを見る限りでは外国で育った英語ではないように聞こえるから、

彼らも自分を一般家庭の普通の学生といっているように、

そういう環境背景なのだと思います。



という事で、日本の学生の皆さん!

10年後、20年後、皆さんは第一線で、国際ビジネスという舞台で

彼らと戦う事となるわけですもんね。

まぁ、日本の学生さんもがんばって勉強してください。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村