香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。

そういうお仕事、お嫌なんでしょ?  香港、雨傘革命

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ


にほんブログ村

デモ52日目。


今朝、金鐘の中信大廈(CITIC TOEWR)周辺のバリケード他障害物撤去作業開始。

無線電視: 金鐘中信大廈外清除障礙物(リンク切れ)

無線電視: 添美道未有清拆行動 佔領者主動移走鐵馬(リンク切れ)

毎日新聞 「香港デモ」バリケード強制撤去 司法手続きで初 (リンク切れ)

今朝始まった金鐘、Citic tower周辺のバリケード撤去。

デモに参加している人の中にも撤去を手伝う人の姿が見えた。

朝の段階では皆さん結構冷静だったけど

この先、どうなるかな。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村


(注意事項: この先、不謹慎な表現が沢山出てきます。自己判断でおすすみ下さい。

こちらは政治、経済、思想などの専門知識を持ち合わせない香港在住女の

偏見に満ちた毒舌日記となっております。ご了承下さい。)




さて。

9月28日に警察が催涙弾などを使い

早期収束を試みたこのデモ。

ところで、その催涙弾がどこから香港に入ってきたかという関連の

ニュースをこのところ香港ではやっているのですが

英国政府曰く「この先、調査するに及ばずっ!」ということらしい。

その動画はどこへ行ったやら。


その他のニュースも細々といろいろあったね。

浸大生卒業証書なんか要らんわっ!の、この出来事。

無線新聞: 浸大生畢業禮以各種形式表達普選訴求(リンク切れ)

無線電視は結構、淡々と伝えていたのですね。

有線電視:浸大學生畢業禮期間撐起黃傘

学生さんは、大学の学費、自分で払ってきたのかしら。

親御さんが出しているのだとしたら、泣けてくる。

何でこんな風になっちゃったのかな。


陳先生、占拠地区にとどまる学生さんたちに他の方法を考えましょうと

文章を明報に投稿。

有線電視: 陳健民籲改用其他抗爭方式

陳先生、あなたは明報に投稿してる場合じゃないのよ。

明報読んでる人は、あなたに、それ、ずーーーっと前から言ってますでしょ。

そういう内容はApple dailyに投稿してあげて下さいね。

あっ、ちょっと待って。

各メディアに投稿して、明報が取上げたってそういう図かしら?

その辺の事情は、よくわからん。


さてさて。

昨日無事に上海香港コネクトが開始され、あちらが一段落したのか、

硬直状態から何となく動き始めたこちらの占拠関連。

これまで占拠活動をしてきた方々や、学生さんたち頑張れと

声を上げてきた方々はおそらく

「占拠賛成組みも反占拠組みも『我要真普選』という思いは同じはず」

と思っていると思うのだけれど、その部分に既に温度差がありそう。

『我要真普選』うん、それは分かる。無いよりあったほうが良い、

でも、それ以上に大切なのは

「我が子の確かなる平穏」と考える人も少なくないと思うけど。

 

学生さんたちが、必死で民主!我要真普選!と叫ぶ、それはそれで良い。

今やっている事の是非は別として理想や気持ちは声に出して伝えなければ伝わらない。

でも一方で、では実際どうやって生きていくかという方法も同時に考えなければ

いけないと思うし、何故その部分を考える必要があるのかと

学生さんたちに説明するのは周囲の大人の義務であると思う。

 

外交権、軍事権を持たず、いくらお金があったところで

個人で土地の所有者にはなれないこの香港という地区で

将来、今と変わらず香港でい続けるためには、

「金融センター」とか「中国ビジネス仲介人」とか、そういう立場を確固たるものに

しておかなくてはならないと思うし、その他にいい方法があれば

もちろん検討すればいいのだけれど、ワタクシの頭ではそれ以外に

あまり思い浮かばない。

外交権とか軍事権とか、土地所有のこととかは他の国に住んでいる人には

分かりづらいと思うので仕方がないとして、

香港がそういう土地柄であるにもかかわらず、香港で社会人やっている人が、

将来的にどうやって今の学生さんたちが生活していくかという部分には触れず

ただただ闇雲に「明るい未来の為だっ!現実を見ろだの言わないでっ!

経済よりも学生さんたちの未来が大事っ!」と声にするのは

それは、社会人としてあまりにも無責任すぎると思うし、

本気で学生さんたちの未来を考えていないのは一体どちらなのだろう、

と首を傾げたくなる。


97年の返還前、イザとなれば他の英連邦王国のどこかに移住すればよいと

心のどこかで思っていたBDTCやBNOパスポート時代の自分らと違って

特区パスポートの子供らにはもう逃げ場はどこにも無いのだと、

分かっているのはBDTC,BNOパスポートを持っていた人々だと思う。

だからこそ、願わくば、若干調整はいるものの基本、現在のような

付かず離れずの「一国二制度」をずっと2047年以降も延長させて

香港という場所に生まれた事をせめてアドバンテージとして

残してあげたいって思っている人、多いんじゃないかしらね。

かつて、少し書いたけど

香港の変わりに「アジアの金融センター」という地位に

落ち着きたいと思っている都市って、それこそ香港周辺には

沢山あるだろうし、心配事は色々尽きぬのですが。



実際のところ、金融センター以外に香港が経済的自立して生きていく道ってのが

どうだろう、あるのかしら?

新界に土地がまだあるから、皆で安全安心な有機野菜を作ろうっ!と

言ったところで、養えるのは1万人とかかしら?

いやいや香港には、香港の基盤を作った「Made in Hong Kong」という製造業が

あったじゃないかっ!昔を思い出して、また、世界の工場をやろうぜよっ!

スピード、丁寧、高品質が自慢だよっ!と旗揚げしたとしても

肝心の当の学生さんたちは、

そういうお仕事、お嫌なんでしょ?

困ったわねぇ~。

 

我要真普選の願いは叶った、自由に何でも言える。

でも、食べる事にはカスカスで、生きていくのもギリギリで

年に一度の旅行なんてトンでもないってな生活

それは、それで、お嫌なんでしょ?

色々、困ったわねぇ~。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村