読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。

プエルトルコのお話し。若いという事、知らないという事は恐ろしい。

日本のこと 旅や出張 香港脱出

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ


にほんブログ村

暫く慌しい日々を過ごしている間に世の中では、

ギリシアのバタバタ(ロイター: ギリシャ債務免除、欧州の法的グレーゾーンで実施に道も)

中国株、急落下から必死の大幅上昇(Bloomberg: 中国株:上海総合が09年以来の大幅上昇)

イラン核協議時間切れか(ロイター: 米国務長官「合意急がず」 間もなく期限切れ)

などなど、大きな大きなニュースが重なっているわけですが、

そんな中、ワタクシが一番気になるのは

これらのニュースの陰になってしまっているプエルトリコの経済危機。


人気ブログランキングへ


(注意事項: この先、不謹慎な表現が沢山出てきます。自己判断でおすすみ下さい。

こちらは政治、経済、思想などの専門知識を持ち合わせない香港在住女の

偏見に満ちた毒舌日記となっております。ご了承下さい。)



日頃から世界の経済に目を向けている方々にとっては

プエルトリコもギリシャと一緒で、ずっと前から問題だったんだし

今さら何を。。。という感じなのかもしれませんが

ワタクシ、昨今のプエルトリコの経済状況、全く気に留めておりませんでした。



プエルトリコといえば、若かりし頃、初めて一人で添乗した場所で

その年のプエルトリコといえば、歴史に残る(←ここんとこ適当)雨不足の年。

街中で水使用量がコントロールされ、滞在先でも

水が出る時間は1日の内2-3時間に限られていたり、

街を歩けば、飲食店ではトイレ使用不可であったり、

公衆トイレは水無しだったりしたものの

雨不足、水不足以外の不満点というものは殆どなく

参加者の皆さまにも恵まれ、プエルトリコそのものの魅力にも助けられ、

それはそれは、たいそう思い出深い添乗経験をした場所なので

やはり、気になるのでございます。




気になるといっても、ワタクシが訪れたのは4半世紀も前のこと。

今回の経済危機ニュースをサクッと遡ってみると、政治的な事は別として、

そうか、比較的良い時期に訪れていたのだなぁと、今改めて感じております。




プエルトリコという名が表すように

自然に恵まれた本当に素晴らしいところで

綺麗な海あり、亜熱帯の緑あり、

太平洋を眺めて育ったワタクシが「ああ、これが地球の果てか」と思わず感じた風景あり。

翻弄されたその歴史故、様々な足跡ももちろんあり

そしてこうして個人的に思い出がある場所なので

治安さえ安定している時期ならばもう一度訪れたい場所の1つ。




まぁ、そんなこんなでプエルトリコ。

インターネットなどというものが普及していない世の中で

日本には殆ど情報も入っておらず、それこそ現地の情報は

全てランドオペレーターが頼みの綱という状況で

おそらく当時、社内諸先輩方の誰もが訪れた事も無かったであろうその場所に、

初めてのソロ添乗で行かせてしまうという、その会社の心意気ね、

そして今でこそ、「えっっ、プッ、プエルトリコ、私っすかっ???」くらいな

言葉を返せるであろうものの、若いという事、知らないという事は恐ろしい。

当時のワタクシは、なんのためらいも無く、「はぁ~い、行ってきまぁ~すっ!!」

と、行ってきたのでございます。



プエルトリコ、豊かな港、美しい港。

日常生活で中々、聞く機会や触れる機会はない場所ですが、

経済状況、治安状況を見守りつつ、

これを機会に、皆さまも是非に。

Puerto Rico




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村