読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。

オサレ神戸、初めての神戸の話の続き。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

オサレ神戸のお話しが途中でしたね。



にほんブログ村

大阪から神戸って近いのね、ビックリしちゃったわ。

神戸だけじゃなくて、関西って、大阪とか、京都とか、奈良とか、神戸とか

移動時間少ないのに、それぞれ、ガイドブックが何冊も発行されるほど、

各都市全く違う顔を持っていて、各地区が完全に確立されていて

とても不思議な感じがしました。

だってね、大阪、神戸間って地元、房総地区と比べたら

千倉、鴨川間くらいの移動距離なわけでしょ。

あ、房総は鈍行、あちらは電車が超スピード出してるとか

そんな違いがもしかしたらあるのかしら?

ま、何でもいいけど、千倉でガイドブック1冊、

鴨川で別のガイドブック1冊とか作ろうったって無理じゃん。

A4紙裏表埋めるのだって大変なくらいでしょ、房総って。

寄せて、集めて、盛って、盛って、房総全域集めてやっとこさ、

1冊の本作るって感じでしょ。

まぁ、あちらさんは、県がそれぞれ違うわけだしという声も

聞こえてきそうではありますが、まぁ、色々、ビックリでゴザイマシタよ。




そんな前置きはいいのですが、神戸です、神戸、オサレな街、神戸。

香港チャラ男、昭和の女、はじめての神戸。

なぜ神戸に行ったかというと、特にこれといった理由もなく、

行ったことがなかったし、周遊券があったし、

帰国便は最終便で昼間は十分に時間があったしという事で

折角、近くにいるのだから

神戸牛でも食べてきましょうかという、そういう流れ。





で、神戸に着きました。

お天気が悪かったのですよ、残念なことに。

日本にいる間にホームセンターに寄りたかったので

行ってきたのですね、コーナンというホームセンターがあるということで。

ホームセンターが街中にあるはずもなく、ちょっと、歩くのですね。

で、行きましたの、コーナン。

着くころになると、少し、雲が晴れてきましてね、

晴れてはこないか、雲が薄れてきて、遠くの景色が少し

見えてきたのですよ、そう、コーナンの近くから、

遥か向こうに見える塔。

香港チャラ男が言うのですよ、その塔を指さして。

「ねぇ、ねぇ、ほら、見てごらんよ、きっとあれが

いつもガイドブックに載ってる、あの塔だよっ!」って。

で、ワタクシが答えるのですよ。

「チャラ男さん、あそこに見え隠れしているあの塔は

残念ながら、ガイドブックでみる塔じゃないと思うわ。

あれはね、『火の見櫓』って言って、消防団の方々が

使う消防関連の建物よっ」





そうこうしているうちに、

いよいよ、晴れてきましたよ。

で、出現ですよ、その塔のお隣に観覧車。

『はっ!!』

ワタクシ、思いっきり、声をあげてしまいました。





いま改めて色々グーグル先生に尋ねてみると

我々が見たその塔はチャラ男のいうところの

「いつもガイドブックに載っているあの塔」でもなく

昭和の女がいうところの「火の見櫓」であるはずもなく。


ふぅ~。

これから、近い将来、神戸の観覧車の近くの塔は

どうやら火事の時に消防団が使うらしいなどと

ヘンテコな情報が流れることがあるとするならば、

はい、言い出しっぺはワタクシであるかもしれません。

ごめんなさいね、オサレ神戸の皆さん。




そんなこんなでチャラ男と昭和の女の初めての神戸。

訪ねたところといえば

神戸市中央卸市場

ホームセンター コーナン

ステーキランド本店

駅の高架下になるのかしら?御徒町並みに食堂が並んでいる食堂街。

なんだか、沢山の人が行列作ってた、ほそぉ~い通り。

この4か所だったわけですが、

世の人々が口々に仰る「オサレ神戸」の「オ」の字にも

触れることもなく、一体全体、どこが「オサレな街」なのか、

さっぱりわからない、そんな神戸の旅となってしまいましたので、

次回、改めて「オサレ神戸」堪能できればなと考えております。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村