香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。

みのさんへの手紙 20090530

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

へっ?

自分、みのさんへ手紙を書いたんだ。

ビックリだよ!

そんなことがあったのか。全く記憶にございません。

こうして今読んでみると、当時、日本に対して色々な思いがあったんだな。

東京オリンピックもまだ決定していなかったらしい。

そして、チョコチョコ日本に出張に行っていた頃らしい。

ホテルのベル係さん、少しは改善されたのかしら。

にほんブログ村 その他日記ブログ 何気ない日常へ

 

2009年5月30日のつぶやき「みのさんへの手紙」

 

 

みのもんたさん宛の手紙を書いた。

なんとなく出しそびれまだ、毎日通勤するのに使うかばんの中に入っている。

読みたい本の新聞広告の切り抜きや

朝ごはん用の玄米おにぎりなどもバッサバッさと適当に入れているので

出す前にその封筒は黒ずんでしまった。

投函する時には封筒を代えないと。

 


なぜ、みのもんたさんに手紙を書こうとしたかと言うと、

日本の不思議をちょっと日本の外に住んでいるから感じることを、

お伝えしたかったから。

「なんで、そんな一般的意見をみのさん宛に送ろうとしたの?」

と聞かれたら、オリンピックです。

 



前々回か、もしくはもっと前の出張だったか、

無事すぺての仕事を終え、香港行きのフライトを待っている空港内で、

東京京オリンピック・パラリンピック招致大使(の記事だったか、オリンピックの記事だったか忘れましたが)ともかく、

東京オリンピック関係のパンフレットを見つけました。
そこで、招致大使の1人として、マラソンで活躍された有森さんや

その他の方々とみのさんは紹介されていました。



そこで、私は

「オリンピック」=「海外から人が来る」

=「日本は本来いい国なのに、もしかしたらよそから来る人に不思議がられるかも」

=「誰かに伝えて知ってもらわなきゃ」

=「メディアがいい」

=「皆が知ってる人で、自分の意見も言えて、え、誰?誰?誰がいい?」

=「有名人?活躍してる人?」



沢山の大使のなかでなぜ、

「自分で自分をほめてあげたい」の有森さんや

その他の人々ではなく、みのさんだったかというと、

それは、みのさんを知っていたから。

っていってもお互いに知っていたからとかではなく、

皆さんと同じ、テレビで見て知っていたから。

日本への出張中、朝の身支度の間につけるテレビで、

毎日のように見かけるのがみのさんだったからです。

やはり、広告や人の目に触れるって大切なんですね。



さて、その手紙の内容。

(あ、でも、基本的に私は日本は好きで

すばらしい国だと思っていますので。念のため。

でも、きっともっとよくなれる。)

 



-成田空港のチェックイン、荷物たくさんあって、重いんですけど。

重い、おもぉーい荷物をたくさん持って移動をする必要のある私にとって

成田空港は苦痛のほかのなにものでもありませんでした。

あの、X線。X線までしか、カートを持ってゆけず

その先はどんなに荷物を持っていても、誰が助けてくれるわけでもなく、

自力でチェックインカウンターまで永遠と運ばなければなりませんでした。

これは「旅客飛行機用のチェックインだ」と空港側に言われたら、

それはそれでそうなのですが、でも、でも、香港のように

サクサク、楽々、スムーズにできたらいいのにって、いつも思ってました。

(が、ついに、これは前回の出張で久しぶりに成田空港を使ったら

すばらしく変わっていました。成田空港バンザイ!)

 

 


-ホテルのベル係、なぜ、女性多数?
女性が多いのですね。荷物を運んでくださる方。

とても、つらいです。

スーツケース+いろんな荷物を持って移動するのでホテル到着すると

正直「やっとついたぁ」とほっとします。

でもそこで女性がついてくれようとするので

「重いので男性の方をお願いします」と伝えると

大抵返ってくる返事は「慣れていますから大丈夫です」

あなたが慣れているかどうかは問題ではなく、

私が気を使いたくないから、そうお願いをしているのに、

なぜホテル側はそんな、

ゲストに気を使わせるようなことをするのだろうと思います。

男性の力が女性より一般的に強いのはおそらく、

世界共通だと思います。
日本人の私が女性のベルにお願いしづらいのだから、

よその国から来た、モリモリの男性なんかは

更に頼みづらいのではないのかなぁ。

 



-タクシー、なぜ、最終目的地に到着できない?

大体無理ですね。「ナビによると、この辺なんだけどねぇ」

「この辺までは私だって来れるワイ!

その先がわからんから高いお金払ってタクシーのってるんや!」と

心の中で叫ぶ私。住所のつけ方が多くの外国とは違い、

目的地を見つけづらいのはわかりますが、でも、プロ意識なさ過ぎ。

最終目的地に付けなかったことを、あまり恥と思ってなさそう。

それがまた不思議。

 



-タクシーその2、なぜ、荷物の出し入れ手伝わない?

これも、ちょっと不思議。

スーツケースもっていても、沢山荷物もっていても、

運転席からおりて手伝ってくれる人は本当に少ない気がする。

目的地にもつけず、荷物の出し入れも手伝わず・・・・。

私が払っているのはガソリン代?

 

 


ほんとはもっと、もっと、きっとあるけど、

眠くなってきたので、またにしましょ。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

 

 

って、この日のつぶやきは

ここで終わってるんですけど、

へっ?

で、出したの?出したの?そのみのさんへのお手紙。

にほんブログ村 外国語ブログへ