読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。

香港湿地公園:最近我が家で話題の「天水圍」に行ってみた。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

おおっ!なんと、懐かしの香港湿地公園。

今の今まで、その存在すら忘れていたわ。

2009年の料金からどれくらい値上ったのかしらと調べてみると、

はっ??

何もかもが値上って、街全体がヘロヘロだっていうこの香港で、この6年、

湿地公園の入場料だけは変わっていなかったのですか、こりゃ凄い。

香港湿地公園入場料一覧

入場料据え置きで、プイプイはキチンとご飯、与えられているのでしょうか。

ちょっと心配になってきた。

2003年、元朗の街中でみつかったプイプイですが、おそらくどこかのご家庭で

飼われていたであろうワニちゃんだったのですが、ワニだもの

流石に野放しにしておくわけにもいかず、その捕獲に香港政府、一大プロジェクトを

立ち上げて、それはそれは凄い騒ぎだったわけですよ。

オーストラリアからワニ専門家のMr. John Lever氏が招聘され

鰐魚先生とプイプイの戦いが始まったのですが、捕獲ならず。

その後中国からも専門家が呼ばれたのですが、こちらも失敗。

プイプイが捕まるまでの7か月、鰐が話題にならなかった日なんてないくらい

香港中をワクワクさせたプイプイ。

当時の様子がこちらの動画から垣間見れます。↓↓↓

hk.apple.nextmedia.com

2015年頃のプイプイの様子もこの動画でわかりますが、ふぅ~、大丈夫なようですね。

大きなお家に冷房完備、鶏肉やカエルのたらふく食べて

何だかんだで、ワタクシより、優雅な生活、送っていそうね。

と、いうことで、その存在すらすっかりわすれていた湿地公園でありますが、

本日は2009年頃の様子を少し。

 

 

香港湿地公園:天水圍に行ってみた

2009年10月10日(土)香港、晴れ。25-30度。湿度63%

昨日は湿地公園に行ってきました。

f:id:hongkonghongkong:20170217153124j:plain

f:id:hongkonghongkong:20170217153125j:plain

f:id:hongkonghongkong:20170217153126j:plain

f:id:hongkonghongkong:20170217153127j:plain

そう、湿地の向こう側には中国大陸のビル群が見える「湿地公園」です。

香港島の南に住む我家からはまさに「旅行」気分。

「湿地公園」があるのは「天水圍」。長い間、何かと便利な街中に暮らし続けた

友人夫妻が、まもなく、その「天水圍」に引越すとのことで、最近、我家では

その「天水圍(Tin Shui Wai)」がやたらと話題にのぼる。

普段は何事にも無関心で、とやかくいう事もあまりない相方さんが

「彼らは蚊でも飼うの?」と首をかしげている。

確かに「天水圍」は牡蠣の養殖と海鮮が有名な「流浮山」への乗換え場所にしか、

私たちは、普段使わないしなぁ。「普段は」といっても何年かに一度というペース。

「蚊」といえば、ここ香港では「蚊」は何故か親の仇くらいの扱いで、異様なほどに

嫌われている。 日本では夏には「蚊」は当たり前の気がしますが、ここでは蚊が目の前

をフ~と飛んで行っただけで「ぎゃああああああぁ~」とか言っちゃって、

飛び上がって逃げ回る。そのあなたの驚き方に私が「ぎゃー!」だわ、と言ってみたい

気がしますが、いやいや、実のところ、蚊は夏の風物詩くらいに気楽に構えている国と

いうのは少数派らしい。確かに香港政府も「蚊」が発生しないように、家の中を綺麗に

しましょう! 特に植木やベランダにたまってる水は気をつけましょう!と

テレビや街中で訴えかけている。  確かに蚊も病気をもたらしますが、それ以上に病気

をもたらす環境、香港生活にもっと、もっと、あると思うけど、まぁよい。

 

 

 お、「湿地公園、湿地公園。。。」湿地公園おお話しだった。

オープンしたての3年くらい前に一度行ったきりだった「湿地公園」

昨日行って、チョッとビックリ。この3年の間に随分よくなりましたねぇ。

ん?もとから、そうだったのかしら?

まぁ、前回は団体行動だったし、見学客やお子チャマグループもたっくさんいたし、

見える角度がちがったかもしれませんが。 備え付けられているSWAROVSKIの望遠鏡で

鳥や蟹の動きを見てるだけでおもしろい。 とぉ~く、とぉ~くにいる蟹が両爪で

パクパク食事してるのがよく見える、すばらしい望遠鏡でした。

平日で、見学客も少なかったおかげで相当、楽しみました。 望遠鏡の数は少ないので、

双眼鏡がある人は持参がいいですね。もしくは館内のキオスクでコレを機会に

購入もいいかも?(←天水圍訪問記念??)

「貝貝(プイプイ、PUI PUI)」も、もちろんいました。

街中で発見されたときには、香港中の話題を独り占めした、あの、プイプイ。

香港政府が相当な時間とお金をかけて「飼いきれずに住民に捨てられたであろう

『ワニ』を捕獲するプロジェクト」は、当時、毎日、毎日、トップで扱われましたね。

前回、訪れたときは「明日、プイプイがここに引越してきますぅ!」という日だった

気がします。今回初めてのご対面。

 

今回はホンハムから天水圍まで西鉄利用。天水圍から軽鉄705番。

ホンハムからちょうど1時間で「湿地公園」駅に到着しました。 入場料大人HK$30。

一年パス$100。 帰りは天水圍から銅鑼湾行きのバスを利用。

乗り換えなしでセントラルまで45分。 これからの季節、緑に囲まれた中を歩くのは

本当に気持ちいいですね。 でも、日陰は少ないので「帽子」を忘れずに!

で、肝心の「天水圍」 は、ホンハムまで30分。(2009年現在)

便利でとてもいいところですね。

 

香港湿地公園(Hong Kong Wetland Park)

www.wetlandpark.gov.hk

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ