香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。

腰痛を治したい:臀部マッサージの旅、その後。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

かつて腰痛を治すべく、岡山まで臀部マッサージの旅にでかけ、その事について

書いた事がありました。そして、最終的に治ったのか、治らなかったのか、

その気になる部分は「何と、その記録がなかった!」という事を

2009年9月4日の記事を振り返りつつ最終報告として触れていたわけです。

腰痛を治したい:臀部マッサージの旅7、最終報告

hongkonghongkong.hatenablog.com

その後、過去記事を読み進めてゆくと、10月半ばに突然出てきました、その結果。

記事中にはお世話になった先生のお店情報などがありますが、下記の記事は

2009年頃の情報です。2017年となった今は、また違った形となっているかもしれませ

んのでご了承下さい。

 

 

腰痛を治したい:臀部マッサージの旅、その後。

2009年10月20日(火)香港、曇り時々雨。24-26度。湿度86%

 先月の「臀部マッサージの旅」のFinal result は一体どうなったのよぉ~。と

気になってる方がいるかどうかはわかりませんが、忘れないうちに。

結果からいうと「臀部マッサージの旅」の中で「完治」までには至りませんでした。

でも、これまで長い間悩まされ続けてきた「モヤモヤ」には変化があります。

非常に良い変化だと思います。 なぜ今回「完治」までには至らなかったかというと、

時間だと思います。多分、私の場合には毎日続けて行うよりも1週間に一度くらいの

ペースで数ヶ月臀部マッサージを続けてあげたら、きっと「完治」するのではないだろ

うかと勝手に思いました。

「心地良い、思わずねむってしまう」というタイプのマッサージではないので

毎日はなかなかできないのですね。でも、でも、岡山まで行って本当に良かった。

なんといっても、尾てい骨脇のコブが取れたことは私の人生の中で画期的なことす。 

床に座れるのです。 これまでコブがあたって痛くて座れなかったのが座れるのです。

これは、凄いことです。

そうそう、その、尾てい骨脇のコブを取り除いてくれた梶原先生は奉還町で

独立されるとのこと。 「復気堂」という名前だそうです。奉還町内であれば

自転車なくても行けますね。もう、開業されたのでしょうか?「復気堂」

 

今は、仕上げとして(←仕上げとなれるか、長い旅路となるか、わかりませんが)

先週から香港で鍼に行き始めました。整体にしようか、鍼にしようか迷いましたが、

それでも7、8年前から時々お世話になってる鍼にしました。

これもまた、良い感じです。「仕上げ」に向かってる感じです。

今はこんな体型(←どんな体型?)になってしまいましたが、学生時代は器械体操、

ソフトボール、水泳などなど得意気にやってましたが、鍼の先生に

「そういうの、20年、30年経つと出てくるんですよね、こうして。」と

淡々と言われたときには何だかショックだったなぁ。

こうして後になってでてくるという事実ももちろんですが、

「あれから、20年、30年経ったんだ」ということにショックを受けました。

 

お子さんの運動会で昔取った杵柄とばかりに思いっきり走っちゃうお父さん!

あなたは、もう、昔のようには走れません。

無理は禁物です!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ