香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。

「青松」にある「青松観」で精進料理

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

昔を振り返るシリーズ。

相変わらず2009年頃の出来事から中々進まず。

青松観か、そうね、行ったね、そういえば。

後にも先にもコレっきり。

2009年頃はまだ、屯門にはHK$4000/呎くらいのお家、あったのね。

 

青松にある青松観で精進料理 2009年10月22日

f:id:hongkonghongkong:20170323172429j:plain

f:id:hongkonghongkong:20170323172442j:plain

f:id:hongkonghongkong:20170323172451j:plain

f:id:hongkonghongkong:20170323172455j:plain

f:id:hongkonghongkong:20170323172459j:plain

2009年10月22日(木)香港、晴れ時々曇り。26度。湿度70%

昨夜は香港スタジアムのあの賑わいで銅鑼湾、相当な人だったようですね。

夕食は銅鑼湾にするか、上環にするか、はたまた鴨利洲大街にするか、

悩みましたが、結局大街へ。よかった。銅鑼湾に近づかなくて。

相方さん、4連休の第2日目の昨日。

「旅行だ。旅行だ!今日は屯門(Tuen Mun)で精進料理を食べるぞ!」と、

なんだか、みょ~にはり切っている相方さんについて「青松観」へ。

マカオやランタオ島に行くというのはどうなったんでしょうか。ま、いいけど。

ところで、「青松観ってどこよぉ?」

「いやぁ、僕もあんまりよく知らないんだけどさぁ。」といいながら、

湾仔からまずは一途、屯門へ。

そこから「青松観っていうからには青松にあるんじゃん???」と想像しながら

軽鉄で「青松」へ。で、降りたらありました、やっぱり。

どこまでも、とてもわかり易い香港です。

いつまでたっても腐乳、南乳が苦手な私は、おすすめの野菜の炒め煮は

楽しめませんでしたが、湯葉の揚物と春巻きはおいしくいただきました。

その後、屯門碼頭へ。

昔むか~し、あったという、セントラル行きの船が今もあるかしらねぇと言いながら、

とりあえず、碼頭行ってみましたが残念ながらなかった。

でも、ここから、蛇口へ行けたのですね。全然知らなかった。

この辺まで来ると、先日、行政長官の言ってた「HK$4000/呎」確かにありました。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ