香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。

「DMCAに基づくGoogle 検索からの削除のお知らせ」というお知らせを頂戴したのでググってみた。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

DMCA に基づく Google 検索からの削除のお知らせ

 

というお知らせがあるのですね。

何だ?なんだ、なんだ?

こんなこと書いちゃったから、秒速で一億稼ぐ男、与沢さんに

「お前さん、そんな事書くの止めろよなぁ~!!」 

と、訴えられちゃったのかと心配したわ。

hongkonghongkong.hatenablog.com

大体ね、与沢さんだって、どこかの動画で

ネタにされても全然かまわないっ!!

って、言ってたくせにっ!!

ワタクシだっていくつか、見たのよ、動画、あれから。

どれもこれも声が小さくて困ったわよ。早く良質マイク買って下さいね。

 

もしくは「ご自由にお持ちくださいコーナーに著書があった事をばらされた

ホリエモン」からの訴えかいっ??お前さまもお暇よのぉ~!!

hongkonghongkong.hatenablog.com

など、ちょっと逆切れスタイルで考えながら、

はてさて、該当はどのページでどちらからの申し立てかしら?

出典元などは常に気を付けていたはずだけど、と調べてみると

はっ?????

へっ????このページっ???

と、いうページでございました。

与沢氏も、ホリエモンも、世に影響力を持たないこんな弱小ブログ

読んでくれていないようね、残念だわ。

 

という事で、どうやら異議申し立てという事もできるようですが、

ワタクシが著作権を侵害している事に気付いていないだけかもしれないし

申し立てはエゲレス様からでございましたので

ここは一つ穏便に。

 

今回該当となった2017年4月17日の記事を丸ごとコピー

エゲレス様が物申している部分はどこかしら?

一体何が対象なのかと首をかしげながらも、リンクは削除。

「United 93」と「Loose Change」:911アメリカ同時多発テロ

 最近、話題が尽きないユナイテッド航空。

ロイター(2017年4月14日):ユナイテッド航空の騒動に見る「謙虚な謝罪」の価値

(リンク削除)

 

ユナイテッド航空といえば、かつて、大きな事件がありました。

2001年9月11日、911アメリカ同時多発テロ。

GROBAL  INNOVATION Navi:(今さら過ぎて聞けない)9.11アメリカ同時多発テロとは?

(リンク削除)

 

 あれ?また、タイトル?と、思ったら、そうか、2017年の4月にアップした対象記事は

過去を振り返るシリーズだったのね。元記事は2009年11月だったらしい。

「United 93」と「Loose Change」(2009年11月16日)

昨日テレビつけたら「United 93」をやってたので途中から見た。

途中といっても、ほぼ終わりの部分でしたが。

その後、どうなんでしょうか、United 93便を含めた9.11の全貌。

テロ説から陰謀説までいろいろありますが、多くの貴重な命を奪った事件、

嘘偽りの検証は決してされてはいけないと思うのではありますが、

世界では 自分の想像を絶する何かが起こっていることだって

あるかもしれないと思います。

「United 93」ですが、この映画には事件当時実際、勤務していた管制官が

本人役を演じているとのこと、CASTでは「As himself」と記載されているという

記事をどこかで見たので、気にしながらエンドロールを見ましたが、

正確な人数はわかりませんが、結構な人数ですね本人役。

次回は彼らの演技にも注目して最初から見たいと思います。  

 

「Loose change」が日本国内でどれくらい取り上げられ、

日本人のうちどれくらいの人々が見たのか私は把握できていませんが、もしまだ

見ていなかったら「こういう主張も世の中にある」という事実を知るためにも

見てもいいように思う。

 

 ↑↑↑ここまでが今回対象になった記事だったのですが、

ワタクシが今回ご連絡いただいた

「DMCAに基づくGoogle検索からの削除のお知らせ」

多くの方が受け取っていらっしゃるようですね。

 

もちろん「著作権を守る」という部分は必要なのですが

中には、どなたかが一生懸命書いた記事をコピーして

そのコピー側がオリジナル側ページを対象として申し立てするという

現象も起きているようで、なかなかハンドリングが難しいようですね。

 

IT音痴のワタクシは今回、対象ページを削除するという形をとりましたが

「著作権の侵害はしていない」と確信をお持ちの方は、

異議申し立てをできるようになっいるようです。

「フェアユース」に関する日本語での説明も準備されていました。

 

 「フェアユース」(日本語↓↓↓)

support.google.com

 

ネットの中の著作権。

なかなか難しいところではありますが、

今後も意識してゆきたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ