香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。

クリーニングの控えがないっ!

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

台風に煽られても煽られても、進まねば、進まぬ。

ということで、久しぶりに過去を振り返るシリーズ。

まだまだ2009年の11月。

覚えてる、覚えてる、このクリーニング屋さんでの出来事。

お読みになっている皆様には何のお役にも立てそうもない

何てことない、香港の日常のお話。

 

クリーニングの控えがないっ!!

2009年11月5日(木)香港、晴れ。夜9時の気温23度。湿度71%

もう11月です。つい最近くらぁ~い感じで、新しい年が始まったと思ったのにもう、

街中はクリスマスめいてきましたね。タイムズスクエアの前やセントラル辺りでは

常にタクシーを待つ行列。

あの、くら~い感じは、どこに行ってしまったんでしょうか?

でも、まぁ、1年なんて、あっという間ですね。

30年前の1年と今の1年が同じ「1年という時間」なんて、むごすぎる。

年を重ねるほどに1年が速く感じるのは、人は「1年」という単位を

自分が生きてきた時間を軸に考えるかららしい。

例えば40歳の人にとって今年の1年は「1/40」だけど

6歳の子供にとっての1年は「1/6」という時間的解釈らしい。

だから、やはり、来年の今頃は「今年は去年より1年が速く感じたなぁ。」と

独り言を言っています、きっと。

 

さて。

この数日寒かったので、階下のクリーニング屋さんに数ヶ月預けっぱなしの

毛布を取りに行ってきた。 お金の保管は苦手ですが、その他の保管に関しては

結構自信のあった私ではありますが、クリーニングの控えをなくしてしまった。

日本出張の際「そうだ、クリーニングは出張と関係ないし。。。」と考えながら

財布から出したのは覚えている。でも、どこにおいたのか、さっぱり思い出せない。

羽毛掛け布団1枚分の控えはあったのですが、毛布分2枚分がどこを探しても。

ない。。。

つらい。。。

しかも、半年はとおに過ぎてるし、クリーニング屋さんに行ったところで

毛布、みつかるかしらぁ?なんて、結構悲観的に行ってみた。

 

まずは見つかった羽毛布団分控えをおばちゃんに渡す。

「おばちゃん、なんで、洋服のとこ、チェックしてるんだろう?

洋服じゃ、ないし。。。」 と思いながら見ていた私。

と、おばちゃん出してきたのは、私自身がすっかり忘れていたコートでした。

(↑↑↑保管、整理整頓全然だめじゃん?私)

「え~~~!これは、コート分だったのぉ~?」と思わず声をあげてしまった。

(←なくした控えがこのコート分だったらこのコートの存在、すっかり忘れてたかも。

よかったぁ。と、影の声)

ということは、毛布も羽毛掛け布団分も控えはどこかで一緒なんだ、きっと。

でも、クリーニングに出す時は別々に出したし。

 と、正直に、これまでの流れを記憶をたどりたどり、

それぞれの色やら柄やらをおばちゃんに説明。

おばちゃん、控えのノートを見てくれたり一生懸命。

でも、見つかりません。

 

と、いうことで、

「ちょっとさぁ、こっち入って探してみてぇ。」と

我家のように預けっぱなしな人たちの荷の山を指すおばちゃん。

「その言葉待ってましたよぉ~。」とばかりに相方さんと私、

その山の中、探す探す。

・・・ 探す、探す、探す。。。

・・・ ない。。。

ないよぉ~と私、ほぼ泣きべそ(←いつもは強気なくせに、こんな時は何故か弱虫)

で、おばちゃん、突然、

「ちょっとぉ、これかい?」

と持ってきた。

「そう!そう!それです!それです!!もう一枚は水色で花柄で、

もっと薄いの。この毛布より後に持ってきたのぉ~。」と泣きつく私。

毛布が見つかったのでその日にちから後の記録をたどり

あっという間に掛け布団見つけてくれたおばちゃん。

もう、感動的でした。

今日からあったかくして眠れます。(←もう、暑さ戻ってるし)

半年以上も倉庫代わりにし、控えも無くした私たちに

文句の一つも言わず対応してくれたおばちゃん。

PCで管理しているわけでもないのに、これ一種の職人芸也。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ