香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。

黄大仙はお寺?神社?

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

宗教、いつの時代も難しい。

私自身、宗教に関して無関心という事ではないのだけれど、

「宗教」というのは、よくわからない。

香港は、宗教の違いによって大きな争いが起きるという事は

あまりない場所だけど、

1人1人という個人単位でみてみると、

日本よりは、それぞれ対象は異なれど

宗教に近い人たちであるような気がするかな。

難しいお話では決してありませんが、今日は若干、宗教関連のお話。

宗教に関する一般知識が不足している為、

頓珍漢な内容、くだけすぎたトーンもあるかもしれませんが、

香港住まいが長くなった、ちょっと怪しいヤップンヤンの

個人の日記と、大目にみて下さいましたら幸いでございます。

 

黄大仙の唱え「すべての望みを叶える」

2009年11月12日(木)香港、曇り時々にわか雨。27度。湿度76%

「人工消雨」に「人工降雪」 困ったものです。

世の中には、世の中の全てを自分で仕切りたい人が本当にいるのですね。

一体、何が欲しいのでしょうか。

そんなに天に逆らうようなことばかりしていたら、この世での命が尽きた後には

大変な思いをすると思います。(←え、神がかってる?)

今日は香港考試及評核局に野暮用があり、黄大仙まで出かけてきました。

次の約束まで3時間。

何するかぁ~?

まぁ、せっかく黄大仙まで来たんだから黄大仙廟に行ってみよう。

という、何とも想像通りの私たち。

思考回路は極めてシンプルです。

ひさしぶりの黄大仙を一回り。

ブラブラしながら、

「ところでさぁ、黄大仙廟って誰を祀ってるの?」

と相方さんに聞いてみた。

……

「ん?知らん。」

……

まぁ、香港人だからってすぐ答えられたら

「あなたは観光ガイドさん?」と思ってしまうし。

あらためて

「ところでさぁ、黄大仙ってさぁ、お寺?それとも神社?」

 答えられるわけは、もちろん、ない。

廟というからにはやっぱり、神社なんじゃない?

大嶼山は寺ってチャンとついてるし。

って何とも安易で適当な私たちの会話。

 相方さん、応戦。

「だいたい、お寺と神社ってどう違うんだっけ?」

「神社には神様、お寺には仏様がいるんだよ。

で、神社ではパンパンって拍手して、

お寺では合掌するからパンパンってしないね。

神社には鳥居あって、お寺には普通鳥居は無いね、まぁ、例外もあるけど。

広島にも赤いのあったでしょ、あれが鳥居。」

「じゃぁ、浅草は?大きな鳥居があるから、神社?」

「いや、浅草は浅草寺といってお寺だよ。

(↑↑境内に浅草神社があることは、ややこしくなるのでもちろん、スルー。)

ン?大きな鳥居??あぁ、雷門のことだね。」

なんてことを言いながら

「そもそも、神社って神道?ってことは日本だけ?」

なんて、私まで、頭がこんがらがってきた。

我家の仏様に対してはまじめだけど、

一般的に宗教のことは、ワタクシ、チンプンカンプンだしなぁ。

と、チョッと、反省。

 

Wikipedia でそれぞれ、英語と日本語の名称を照らし合わせてみた。

Wong Tai Sin Temple 黄大仙廟

Po Lin Monastery 寶蓮禪寺

Ise Grand Shrine 伊勢神宮

Yasukuni Shrine 靖国神社

ふ~ん。 やっぱり、よく、わからん。

でも、もしかして、靖国神社の議論ってさあ、元々はこのへんの

「よく、わからん。」部分がみなそれぞれわかってないから

いろいろな考え方の違いなどもある気がする。

 

11月24日は東京への移動日なのですがちょうど「酉の市」

いつでも「お願い、神様、仏様ぁ~」とお願いしたいワタクシには

ピッタリな浅草で酉の市を楽しむつもりです。

 

黄大仙はお寺?それとも神社?

ということで、

本日のお題:黄大仙はお寺?それとも神社?

黄大仙祠 (ウォンタイシン寺) | 香港政府観光局

こちらの香港政府観光局のHPによりますと、

ウォンタイシン寺:3つの宗教(道教、仏教、儒教)の寺院

寺院は、昔の有名な僧侶であったウォン・タイ・シンをまつっています。

ウォン・タイ・シンは4世紀に生まれ、ヘンシャンで神となりました。

とあります。

そうか、では「神」を祀っているのだな。

なるほど、なるほど。

んっ?なるほど??

 

ところで、先の香港政府観光局の案内によると

黄大仙が唱えるのは「全ての望みを叶える」と姿勢らしい。

ああ、なるほど、香港ヤンから親しまれるはずだ。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ