香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。旧Hong Kong Days

金融商品の見直し:貯蓄型保険を検討してみる。の、その後

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

 昨年秋ごろだったかしら、総合金融会社に現金のままほおっておいた口座について

「ちょっと姉さん、現金のまま何十か月も動かしていないけど

投資するんだかしないんだかはっきりしなさいよっ!

さもなきゃ、まもなく凍結するぜよっ!!」

的な通知を先方からいただいて、やっとこさ重い腰をあげて

久しぶりにIFAに連絡を取ってみた時の様子がこちら↓↓↓

hongkonghongkong.hatenablog.com

貯蓄型保険のよさげなのが登場しているよっ!

という、天使だか悪魔だかのツブヤキを頂戴してですね。

しかも掛け金最少金額と口座内現金の金額がほぼ同額という偶然さ。

先日、手続きしてまいりました。

 

5年預けて+15%リターン、プラスα

 

本来は初年度、2年目と2回に分けて振込可能だけれど

一度に支払い完了する事も可。

HK$支払いとUS$支払いのどちらも可能で、US$の支払いの方がリターンが多め。

ホラ、ワタクシ、チョーせっかちな上に

残りはまた来年に支払いを……というのは

何となく落ち着かず、あまり大きな金額でないのであれば

サクサクサクっとケリをつけたい方でございまして

天使悪魔からも「一度に払った方がプラスαの部分は大きくなる予定」

という声が聞こえてくるもの、払っちゃったわよ。

 

貯蓄型保険というのは魅力的なのね

これまで貯蓄型保険というのは検討した事がなかったけど、

なんだっ!

こんなに良さげな商品が香港にはゴロゴロしていたのか。

 

ところで、我が家は独立採算型で

香港チャラ男という相方さんはいるものの、

お互いどれだけ稼いでどれだけ使い、どんな投資をしているのか

全くもってお互い無関心なチョー完全独立採算制。

そんな2人ですが、今回この貯蓄型保険の話に触れた時

香港チャラ男さんも同じようなタイプを購入していたようで

そちらは6年お預け、(ほぼ)11%保証で最終的には+17%くらいを

目指すものだったかな?詳細はちょっと忘れた。

我が家のような非積極的な2人でも、いくつか魅力的な候補商品が上って来たもの

だからきっとよく探せばいろいろな商品があるのだと思うのですね。

 

預け入れ期間は6年パターンとか8年パターンなど色々あるし

チャラ男さんが購入した商品は年に一度の支払いを3年、

その後3年寝かせて計6年というものらしいけど、

特に近々使う予定のない現金だし3回分の入金を一度に済ませ、

3分の2は支払い時期がくるまでIFAにアドバイスをもらいながら低リスク系商品、

銀行に預けておくよりは利息がつくよ的な他商品に投資していく形にしたよう。

もちろん、その3分の2分の投資商品が失速した場合でも

契約した貯蓄型保険の2年目、3年目の支払いはしなくてはいけないわけで

失速した場合には、まぁ、ご本人が現金集めに走るわけですよっ!

と、冗談はともかく、現状は働いていて毎月収入自体はあるのだから

その収入の内から必要あればある程度確保しておけばいいわけでして。

香港はIFAの転職が激しいから、こうして預けてしまうのは慎重に

行う必要があると思うけど、普段、情報収集用に時間を作ることが難しい人は

信頼できる人IFAに出会えたのならその道のプロに任せるのも1つの方法かな。

 

年末に金融商品を見直す意味

これね、香港、独特なパターンなのか世界各国金融業界としては

普通の事なのか詳しくはわかりませんが

「おいっっ!ゴリャッ!!年末だぜよっ!

現金集めに必死にならんかいっ!!

外資だ、外資、アメリカドルを搔き集めるのだぞ!!」

という、お上の号令がかかるのかどうかワタクシ

知る由もありませんが、発売期間限定、販売機関限定で

魅力的な商品が出やすい時期でもあるような、ないような。

 

香港に住む機会があるのなら金融商品には興味を持つべし

香港在住の方、これから香港に住む予定の方は是非ね

香港の金融商品というのを毛嫌いすることなく、早い段階で一度

サクッと周辺の金融関連従事者にお話を聞いてみる事を

これ、ホント、強く強くお勧めいたします。

日本で生まれ育つとお金に関する話は何となくタブーで

忌み嫌われる、そんな雰囲気がありますが、

香港という土地に触れ合う機会があるのも何かの縁。

折角香港に来たからには、郷に入っては郷に従えですよ、

金、金、金の世界ですよ、香港はっ!

思いっきり香港色に染まっちゃってチョーダイ。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ