香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。旧Hong Kong Days

香港のSIMカード:3HK(和記3)のプリペイドSIMにリチャージをする方法

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

本日のお題、見ましたかっ?

香港のSIMカード

3HKのプリペイドSIMにリチャージする方法

世の中の人々の痒いところに手が届く情報をお届けしている

超売れっ子ブロガーみたいな題ではゴザイマセンかっ!!

不親切極まりないこのブログでこんなこと珍しいわよね。

なんてったって、先日、ホラ、穀潰し小米さんからの

「リチャージ、リチャージっ!」メッセージに

狐につままれたように硬直してしまいましたからね。

その後のアクションを携帯電話の電源の入れ方も危ういワタクシが

ここぞとばかりに、説明しちゃうわよ。

 

注意!注意!注意!

今回の説明やバウチャーは3HKのSIM用です。

csl、0101、3、中国移動とかいろいろ、イロイロ、ホントに色々な

SIMがありますので、リチャージする時はご利用のSIMの種類を

ご確認下さいね!

 

3HKのSIMカード、リチャージ支払いはセブンイレブンでOK!

SIMカード内の残金が少なくなってきたり、

有効期限が迫って来ると

「リチャージ、リチャージ、リチャージしてねっ!」と

メッセージが入るので、セブンイレブンに行って

3HKリチャージHK$100を支払うと

↓↓↓こういうレシートが発行されます。上部にある「和記3」がSIMの種類。

f:id:hongkonghongkong:20180225184822j:plain

実際の方法は至極簡単。

##105*ピンナンバー#send

これだけ。

すぐに「リチャージされました」のメッセージが入ります。

その操作方法もレシート内に書かれているので、安心、安心。

 

念の為もう一度、ちょっとだけ詳しく。

f:id:hongkonghongkong:20180225184822j:plain

この↑↑↑レシートがバウチャーで上部にある番号がピンナンバー。

予號:から始まる部分ですね。

予號:6685-9855-4247-1546-76

という感じで数字が並んでいます。

もうこのバウチャーは使用済みだけど、ちょっとそれっぽく消してみましたよっ!

へへへっ。

 

実際のリチャージの方法は2通り。

リチャージするSIMが入っている電話で操作する場合と

その電話で操作するのではなく他の電話から操作する場合の2通りで

どちらもレシート内に操作方法も記載あり。

 

リチャージするSIMが入っている電話で操作を行う場合はとても簡単で

先に書いた通り。上の写真では方法2の部分。

赤で矢印を入れてみましたよ。

##105*668598554247154676#

間にあるハイフンをとって

ピンナンバーの数字をずらずらズラと入力して発信!

これでOK。

 

他の電話を使ってリチャージ操作をする場合には方法1。

旅行者の皆さまの体験記などを拝見すると、

基本、音声ガイダンス通りに操作をするのだけれど

「最後に#を押す」という部分で何度か失敗する人もあるようです。

流れとしては1753175に電話をして

リチャージする電話の番号とピンナンバー#を入れて発信。

ワタクシは他の電話から試みたことがないのでこれ以上の詳細は

ここでは紹介できないのですが、皆さん自力でGo, Go, Go!

香港に住んでいるとたいていの場合、

どこかしらの電話、ネット回線と契約しているから、

プリペイドカードを使う機会というの案外なくて

香港に遊びに来てくれたお友達がプリペイドSIMを使っていた場合

「リチャージどうやってするのっ?」と聞かれても

あ゛っ、そういえば知らん。

ってこと、稀にありますのでね。

リチャージバウチャーは街中の電話会社に行かなくても

セブンイレブンで買えるということを知っていると◎

 

そもそも、もともとのプリペイドカードのSIMはどんなのかというと

こんな感じ。その辺で売ってるわ。

で、肝心のその辺ってどこだよって話よね。

f:id:hongkonghongkong:20180119141034j:plain

街中の3の店舗とか、深水ポーのSIM屋台通りとかかしら。

香港チャラ男さんが買ってきてくれたのよね。

今度確認しておきますね、気が向いたら。でも気が向かいないの、多分。

そうそう、深水ポーのSIM屋台通りで思い出したけれど

香港在住の方が日本に行くときには、やはりここで日本用のSIMが

買えますのでね、驚くほどお安いわよ。

ワタクシは最近日本に行けていないのでまだ使ったことがないけど。

 

 

ここで前回までのお話を振り返ってみるとですね、

設定を誤りあっという間にSIMカードの残金が減りましてね

「小米の、この、穀潰しがっ!!」

と、声を荒立てましたけれども

hongkonghongkong.hatenablog.com

その後、リチャージを要求されることもなく無事使えていますので

「モバイルデータ通信、オフ」で無事、解決と思われ。

 

 

香港のプリペイドSIM、旅行者の皆さまの体験記

ところで、実際、日本からお見えになる旅行者の方はどうされているのだろうと

グーグル先生にお尋ねしてみると、ほらほらほらっ!

世の中にはとても親切な方々がいらっしゃいます。

香港空港でのSIMカード入手方法を写真付きで、

詳しく詳しく説明していらっしゃる方がいらっしゃいました。

リゾートマイラーのSFC修行のリゾートマイラーさん

ツーリストSIMを香港国際空港で買うときはセブンイレブンが一番簡単でお得!

www.resortmiler.com

おお、こちらのリゾートマイラーさんの記事によると

空港では3HKのプリペイドカードは、この時点ではないようですね。

リゾートマイラーさん、詳細ありがとうございました!

 

こちらの週末トラベラーKENさんの記録も詳しかったですよ。

特に日本から来られる方は、我々香港在住組と異なり、

中国や澳門との兼ね合いもありますものね!

週末トラベラーKENさん

週末トラベラーの忘備録:香港SIMカード事情ー2017年10月

www.weekend-traveller.com

週末トラベラーKENさん、詳しい記事、ありがとうございます!

 

そういえばSIMカードも種類によっては

5日間使い放題とか、8日間使い放題とかそういうのもあった気がする。

旅行者の方であればちょっと割高でも

リチャージ不要なこういうタイプもいいかもですね。

 

香港のネット依存は凄いのだ

日本の状況がわからないのですが香港のWifi事情というのは、

恐らく日本のそれに比べてとても進んでいると思う。

香港ヤンの皆さまったら

wifiがなかったらこの世の終わり

くらいにネット依存症をこじらしていますのでね。

ホテルなんかも凄いわよ。

今、香港では「ブティックホテル」というタイプが爆発的に増えていて

レストランやスパなどはないけど、

こじんまりした空間を小奇麗にまとめ必要なものは機能的に整え

比較的お安い宿泊料金で提供するというタイプのホテル。

いつか、このブログで書いたかな。

あら、随分前の記事だった。

hongkonghongkong.hatenablog.com

このタイプのホテルは大体の場合、スマートフォンが各部屋にあり

香港内で自由に利用可能だし、ホテルがwifiパスワードを予め発行してくれ

香港の空港に到着した時から無料でwifi使えたりするし。

「今、空港に到着しましたっ!」

と、友達にちょっとだけ連絡入れておきたいって時にも助かるわよね。

 

 

SIMのリチャージ方法だけをサクッと書いてみようと思っていたものの

思いがけず、あっち行ったりこっち行ったりしてしまいました。

と、いうことで、今日は

3HKのプリペイドカードのリチャージ方法@香港をお届けしましたよ!

リチャージが必要な方はセブンイレブンにGO!

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ