香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。旧Hong Kong Days

3年の辛抱だそうです。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ


にほんブログ村

この暑っついなか、ちょっと

勘弁して下さいよ、ホントっ!

と、思いながらも久しぶりに

Lai Chi Kwokに行ってまりました。

到着したのが丁度ランチ時間と重なってしまったのですが

Lai Chi Kwokのランチって

金鐘並みに人が多いし、でもLai Chi Kwokの人々の様子は

金鐘のそれとは全く異なり、結構、カオスね。

服飾関連業界の方々は、Lai Chi Kwok周辺でのお仕事が

必然的に多くなってくると思いますが、

いやぁ~、毎日、お疲れ様でございます。

何故だか知らないけど、やたら、暑いしね、あの辺り。


それはそうと、

Cross-Harbour Tunnel(Wikimedia)ですよ!

通称ホンハム海底トンネルね。

車も人も多すぎて、もう

にっちもさっちも行かなくなってますね。

これ、政府、待った無しで直ぐにでもどうにかしなきゃ

いけないんじゃないですかね。

「だから、今、急いでワンチャイにもう一本造らせてるジャン」とか

そんな事言ってる場合じゃないんじゃないでしょうか。


自分は普段、Eastern Harbour Tunnelを使う機会が無いので

東の様子は分からないですが

Western Harbour Tunnel (Wikimedia)なんて

広くてガランガランでスススーっと進むし

これ、ほんと香港政府

「それぞれ会社も違うことだし、コスト関連のややこしい事もあるし」とか

言ってないで、車線の多い空き空き西隧を安く

近くて便利な紅隧を高くとか、

東隧か西隧を使う観光バスはメッチャお得な料金オファーとか

期間限定でも交通量調整しないと紅隧も

人々の精神もパンクね、パンク。



つい先日も、何処かの大学副教授が

「西隧安くして紅隧高くすれば

大分交通量が分散されるし、政府もそれは知っているはず

でも、何故か政府はやらないんですよねぇ~」と

意味深なお顔つきで言ってましたが

色々大人の事情があるのでしょうか。



そういえば、ホンハムは何て会社がやってるんだっけと

香港政府のこのページ(GovHK)を覗いてみると

Hong Kong Tunnels and Highways Management Co. Ltd.

その会社をICRIS (GovHK)で調べてみると

ちょっ、

Dissolved 23-AUG-2012

だって。

まぁ、どっかの会社がもちろん引き継いでいるのでしょうが。



あと、3年、あと3年の辛抱だからっ!(South China Mornoing Post) 

とか何とか言っているようですが、

明日どうなるかも分からないこの香港で、あと3年とは、

はははっ!へそで茶を沸かすとはまさにこのこと。



いずれにしても、何かしらの理由で毎日

紅隧使わなくてはならない方々、

総武線上りで通勤する人くらいのストレスかと思います。

がんばってください。

3年の辛抱だそうです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村