香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。旧Hong Kong Days

香港地元飯、ダイパイトン:豚バラのカリカリ焼き、レンコンのコロッケ、香港風あんかけ焼きそばなど(金沙角、沙田囲)

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

金沙角での食事風景はこのブログ内でも何度か登場していて

つい先日も食べ収めっ!的な記事をアップした気がする。

hongkonghongkong.hatenablog.com

そうよね、そうよね。↑↑この時はこれでこの場所では最後の食事かなと

思ったのだけれど、引越しまでにはまだ間に合いそうだと

それから少ししてまた行ったのだな。

 

 と、いうことで、金沙角(旧店舗)、再び。

f:id:hongkonghongkong:20190521191303j:plain

焼肉。

焼肉と書いて「シュウヨッ」豚バラのクリスピー焼き。

昔は日本の焼肉屋さんというのが香港ではあまりなかったから

「ヤキニク」と「シュウヨッ」を勘違いするという事案はあまり

発生しなかったけど、最近の香港といえば

「ヤキニク屋さん」が大流行りだから、ややこしい。

f:id:hongkonghongkong:20190521191313j:plain

お酒のツマミに良いのよね。

f:id:hongkonghongkong:20190521191325j:plain

今度こそこの住所では食べ収めかな。

f:id:hongkonghongkong:20190521191335j:plain

何度ここで食事をしたことだろう。

f:id:hongkonghongkong:20190521191345j:plain

なくなるのは寂しいな。

f:id:hongkonghongkong:20190521191355j:plain

蓮藕餅。(レンコン餅)

蓮根をさいの目切りというか、雑な粗みじん切りくらいにして

豚ひき肉とコロッケにする料理。

お店によっては蓮根はさいの目にカットするのではなくて

厚めにスライスして具を挟む場合もある、そう、日本の

蓮根挟み揚げみたいな感じで。

コロッケといっても揚げる場合もあれば

多めの油で焼き揚げるお店もあって、たかが蓮藕餅されど蓮藕餅、

各店舗ともその形は様々で、蓮藕餅の食べ比べをするのも楽しい。

でも、このお料理も年々出すお店が少なくなってきた。

f:id:hongkonghongkong:20190521191406j:plain

分蹄(ファンタイ)とクラゲの冷製おつまみ。

分蹄って比較的香港では見かけるおつまみだけど

さて、日本語ではなんだっけ?と改めて調べてみると

英語ではPork Knuckleとある。

ということは、あれよね、

ドイツのアイスバインの親戚料理的立ち位置ですかね。

f:id:hongkonghongkong:20190521191418j:plain

こちらのお店の塩気も、だんだん体に堪えるようになってきた。

f:id:hongkonghongkong:20190521191428j:plain

たまには麺。広東風あんかけ焼きそば。

食べ収めだからって二人で食べすぎだわよね。

  

hongkonghongkong.hatenablog.com 

hongkonghongkong.hatenablog.com

 

 新店の情報はまたいつか。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ