香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。旧Hong Kong Days

香港地元飯、ダイパイトン:肉肉しいメニュー構成。A菜の豆豉鯪魚炒め、豚バラのカリカリ焼き、しっとり醤油鷄、鶏脚のおつまみと豚の揚げ物など。大利、深水埗北河街街市熟食中心)

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

この日は香港チャラ男さんのお友達も参戦で3名での食事。

f:id:hongkonghongkong:20190727172250j:plain

豆豉鯪魚炒油麥菜(油麥菜と豆豉鯪魚の炒め物)

香港の代表的な家庭料理。

油麥菜(別名:A菜)の日本語名称はわからないけど

お安くて栄養たっぷりな優秀お野菜。

それを豆豉鯪魚と炒めたお料理。豆豉鯪魚といえば、まぁ、あれだ。

香港の食品小売店で扱っていない店はないだろうというほど

香港に当たり前のように存在する缶詰でコイ系の魚を豆豉で味付けした缶詰。

f:id:hongkonghongkong:20190727172259j:plain

鶏脚。鶏脚と書いてそのまんま、鶏の脚のおつまみ。

日本ではもみじと呼んでいるのですかね。可愛らしいわね。

まぁ、鶏脚をつまみに酒を飲んでる我々は全く可愛らしくないですけどね。

f:id:hongkonghongkong:20190727172312j:plain

写真上は焼豚(豚バラのクリスピー焼き)や豆油鶏などの盛り合わせのようね。

テーブル上に梅子醬(プラムソース)があるということは盛り合わせの中には

焼鵝(ガチョウのロースト)か焼鴨(アヒルのロースト)も

あったのでしょう。盛り合わせ系は二人では量が多すぎて

あまり頼めないから、誰かがいてくれるといいわよね。

f:id:hongkonghongkong:20190727172321j:plain

奥は何だろう、豚肉の揚げ物か何かかな?

呑み助の集まりだもの、何れにしてもつまみ系よね。

f:id:hongkonghongkong:20190727172332j:plain

何とも肉肉しいお食事風景。

f:id:hongkonghongkong:20190727172345j:plain

深水埗のお店の名前は何だっけ?

hongkonghongkong.hatenablog.com

ああ、そうだ、大利だ、大利。 

ここは早い時間から夕飯可能だからいいのよね。

何でも大盛りなのが大変だけど。

深水埗の駅からそれほど遠くはないのだけれど、

深水埗周辺は今、反政府デモが発生する確率が比較的高い場所だから

デモが一段落してからの方がいいかもですね。

熟食中心リストはこちら(香港政府公式サイト)
と、いうことで

深水埗の大利、機会がありましたら皆様も是非に!

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ