香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。旧Hong Kong Days

香港地元飯、ダイパイトン:草魚の塩胡椒風味揚げ、蒸し鶏とろみ餡掛け(官涌熟食中心、新龍江飯店)

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

尖沙咀から旺角辺りを歩いてて

「今日は新鮮鶏を食べたいわぁ〜」という気分の時に来るお店。

官涌街市の熟食中心「新龍江飯店」

f:id:hongkonghongkong:20190727190432j:plain

何年前の事だろう。

鶏インフルエンザが猛威を振るい、活き鶏の販売は様々な面で制限され

今ではすっかりチルドや冷凍が主になった香港の鶏市場。

ランタオ島へのアクセスが船だけだった頃、

ランタオに行けば地鶏も楽しめた香港だけど、今ではすっかり無くなった。

時は流れ、生活は格段に便利となり、

それと共に色々なものが失われてゆく。

香港だけのことではないと分かってはいるけど、ちょっと寂しいね。

 

f:id:hongkonghongkong:20190727190442j:plain

椒鹽鯇魚腩HK$75(草魚の腹身の塩胡椒揚げ)

鯇魚(草魚)は香港では一般的に食される淡水魚。

f:id:hongkonghongkong:20190727190454j:plain

香港に来た頃は淡水魚ってだけで嫌厭してたけど

店によっては自分から頼むようになった。

淡水魚は街市で買うにしても、飲食店で食べるにしても

自分の好みのお店を見つけられたら、淡水魚に縁なかった人も

淡水魚の世界観、変わるような気がする。

日本でももっと気軽に楽しめたらいいのにね。

f:id:hongkonghongkong:20190727190506j:plain

鶏、半羽。

時間にゆとりのある時にしたほうが良いお店。

この鶏料理、出てくるまでに1時間くらいかかるのよ。

hongkonghongkong.hatenablog.com

 

と、いうことで菜膽雞(蒸し鶏のとりみ餡掛け)

f:id:hongkonghongkong:20190727190516j:plain


官涌熟食中心。

JORDAN駅が近いかしらね。

駅から遠いわけではないけれど、死角的というか

初めてだとちょっと分かりづらいかな。

熟食中心リストはこちら(香港政府公式サイト)

それでもこちらの街市、この新龍江飯店だけでなく

日本の方にもおすすめよっ!と紹介されているお店も入店している街市でもあるし

お散歩がてら、皆さんも是非に!

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ