香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。旧Hong Kong Days

飲茶: 下午茶時間(ランチピークの後の時間)のお得な飲茶。新光、香港仔

久しぶりに飲茶。

飲茶といえば、一人一人お気に入りの定番場所で

朝、新聞を広げてゆるりと過ごすというのが

古き良き時代の香港の飲茶であったわけですが

そんなゆるりとした時間を過ごすのは

今の香港ではなかなか叶わない。

 

この日は香港仔。

新光酒樓改め新光宴會廰となったらしい新光。

この辺は普段夜歩くことが多く、明るいうちは行く機会があまりないのですが

ある夜歩いてたときに見かけたお下午茶時間のお得な飲茶の看板。

ランチピーク時間を過ぎた時間からお得になる飲茶というのは

酒樓系のお店ではよく見かけるので、時間が比較的自由になる方は

ランチピーク時を過ぎた後にいくとお得な飲茶を楽しるかもしれません。

 

と、いうことで久しぶりの飲茶。

f:id:hongkonghongkong:20180805172236j:plain

大根餅。

f:id:hongkonghongkong:20180805172332j:plain

灌湯餃。ふかひれ餃子のスープ仕立て的なメニュー。

日本語のガイドブックでは何と紹介されているかしら?

飲茶では比較的どこでもあるメニューだけれど他の点心と違って

1人1つ注文するのが一般的だし、日本のガイドブックには

あまり紹介されていない事が多いかな。優しいお味。

f:id:hongkonghongkong:20180805172350j:plain

いかにも、なんちゃってなカニカマが使われているのは、

まぁ、それはいいじゃないですか。

f:id:hongkonghongkong:20180805172403j:plain

蝦餃とか牛肉団子とか

f:id:hongkonghongkong:20180805172418j:plain

こてこて基本の飲茶。

お勘定Hk$170くらいだったかしら。

 

香港にお住まいの皆様も、たまには飲茶、是非に!

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

香港地元飯、大牌檔 :鶏の脚のおつまみ、酢豚と魚香茄子

取りあえず、いくつかの写真はこうして下書きにあげてみたものの

どこのお店だったのか思い出せないものも、若干ある。

そうはいっても、日々新しいお店を開拓したいっ!というよりも

いつもの場所で、いつもの料理を、いつものようにまったり食べたい

というワタクシ達だもの、行っているお店は限られているわけで

お皿やビールを冷やすバケツの様子から想像するにおそらく石排湾。

f:id:hongkonghongkong:20180805171608j:plain

京都骨。日本で一般的な料理でいったら酢豚に近いかな。

では日本の酢豚と香港の京都骨は同じなの?と聞かれると

答えに困る。何故なら、

何故なら、

日本の酢豚というものがどんな味だったかあまり思い出せないから。

f:id:hongkonghongkong:20180805171619j:plain

鶏の脚のおつまみ。

美味しいのですけどね。

コレにかぶりついている自分の姿は、中学や高校の同級生には

とてもとても見られたくはないわね。

同級生が怖がらず、一緒に食べてくれるのならそれはそれで万々歳。

f:id:hongkonghongkong:20180805171629j:plain

珍しくご飯を食べたい日だったのかしら?

魚香茄子。ひき肉にたっぷりとナンプラーを利かせて茄子と炒めるという

シンプルだけどご飯にとても合うおかず。

麻婆豆腐とかこの魚香茄子とか、河魚の蒸したのとか

大牌檔の定食メニューでは一般的。

日本のご飯ではなくて、香港のあの独特な香りのするご飯に合うのよね。

 

香港の家庭料理の代表選手のようなメニュー構成だったのね、この日は。

お酒のおつまみばっかりではなく、

たまには香港の家庭料理メニュー、皆様も是非に。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

香港地元飯、熟食中心:香港仔街市、パリパリハトさん、もやしと豚肉の炒め物、牛リブ黒こしょう

このブログを読んで下さっていらっしゃる方々から

えぇ〜、またソコですかっっ?

という声が聞こえてきそうな、そんな場所。

香港仔街市、ガラガラ声の親父さんの店。

f:id:hongkonghongkong:20180805163215j:plain

最近は遅い時間にお邪魔すると売り切れが多くなった乳鴿、

そう、パリパリハトさん。

ところで今改めてメニューを広東語書こうと思って、おっ??

日本語でハトは鳩なのに広東語では乳鴿よね、んっ?何故に?

とグーグル先生にお尋ねしてみると、

ああ、なるほど鳩と鴿には違いがあったのか。

f:id:hongkonghongkong:20180805163246j:plain

もやしと豚肉の炒めたの。

料理人さん、今日は面白くない事でもあったのかしら?

というようなお味でございましたよ。

f:id:hongkonghongkong:20180805163235j:plain

お野菜の炒め物。通菜と書いて日本語でいうところの空心菜。

葉物系が少なくなる夏がシーズンというありがたいお野菜。

黒椒牛仔骨。香港ヤンみんな大好き、牛リブの黒こしょう。

「黒椒系」は香港では一般的なお味だけれど、

よくよく思い起こしてみると、日本ではそれほど見かけないわね。

2人での食事にしてはいつもより量が若干多いような。

どなたかと一緒に食事をしていたのかしら?

 

香港仔街市、よろしければ皆様も是非に。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

香港地元飯、熟食中心:香車街街市(Tsuen Wan)  パリパリ豚足(手)、鰻の甘辛ソース、豆腐の唐揚げ塩こしょう風味

この日は、5月の20日前後かな。

初めての街市、香車街街市の熟食中心。

青衣での用事を済まし、用事を終えたは良いけれど

青衣での食事どころといったらその場の誰も詳しくなく

結局、3人でタクシーに乗ったような。

暑い日だったのよね。

 

そうそう、暑い日で思い出したけど、今年の香港

5月はやたらと暑かった。

f:id:hongkonghongkong:20180805163828j:plain

ということで、酢味の利いた前菜2点。

キクラゲとクラゲの和え物(左)

砂肝のおつまみ(右)

見かけはみかけはほとんど同じですけれどもね。

これはこれで暑い日の前菜としてはそれぞれ優秀。

f:id:hongkonghongkong:20180805163848j:plain

豆腐のあげもの。

香港の大牌檔 ではおなじみの

椒鹽豆腐。お豆腐の唐揚げ塩こしょう風味。

f:id:hongkonghongkong:20180805163912j:plain

豬手。日本でいうところの豚足。

日本では豚足という食材は度々聞いても「豚手」という食材は

あまり聞かないかもしれない。

香港では豚の手と足は「豬手」「豬脚」と明確に分かれている。

大きな豬手をパリパリに焼いて、お酒のお供になんともピッタリ。

f:id:hongkonghongkong:20180805163925j:plain

この日のお酒は新潟の「純」

f:id:hongkonghongkong:20180805163938j:plain

たまにはお野菜。

f:id:hongkonghongkong:20180805163949j:plain

こちらはイカのコロッケかな?

f:id:hongkonghongkong:20180805164001j:plain

初、香車街街市。

f:id:hongkonghongkong:20180805164016j:plain

鰻の甘辛ソース。お店のオススメメニューの1つのようだったけど

我々には甘過ぎて、次回のオーダーは無しと思われ。

f:id:hongkonghongkong:20180805164028j:plain

こう振り返ると、3人で結構な量を食べていた。

f:id:hongkonghongkong:20180805163900j:plain

豬手に鰻が重なり、この日のお勘定は3人でHK$800くらいだったような。

 

今、自力で行けといわれたら1人で行ける自信はあまりない。

どの辺だったかすっかり忘れてしまったけれど

よろしかったら皆様も是非に!

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

西城秀樹氏:香港の新聞、西城秀樹さん追悼特集

2018年5月16日お亡くなりになった西城秀樹さん。

香港の芸能界にも大きな影響を与えた方だった。

hk.news.appledaily.com

香港の新聞も、西城秀樹さん追悼特集をくみ

何ページにも渡ってその活躍と人柄を偲んでいた。

f:id:hongkonghongkong:20181014124645p:plain

西城秀樹さん

どうぞ、穏やかにお休み下さい。

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

香港地元飯、熟食中心:上水街市。焼味盛り合わせ、ガチョウの腸の炒め物、  茹でたお野菜にいろいろキノコのあんかけソース

くぅ〜っ!!

ひっさしぶりに上水街市。

遠出しにくい日々が続いていましたが、一段落し最近はまた

時間があればちょこっと遠出。

f:id:hongkonghongkong:20180805164848j:plain

結構、独特なお店スタイルなのですね、こちら。

f:id:hongkonghongkong:20180805164811j:plain

知人友人が極端に少ない我が家にとって盛りが良すぎるのが難点。

何を頼んでもタップリなんだもの。

f:id:hongkonghongkong:20180805164822j:plain

ここで食事する時は、オープンと同時という時間帯が多い。

上水だもの、ほぼ中国だもの、食事が終わって帰宅するのにも

香港最北端から香港最南端へだもの、ちょっとした旅行よね。

f:id:hongkonghongkong:20180805164836j:plain

正式メニュー名は失念。

ちょこちょこ外で食事はしているものの、なんだかんだと

ブログ更新までなかなか時間が作れず、

この上水街市も5月くらいの出来事だったような記憶。

この記事をアップする前に、次の上水街市の写真も既にスタンバッテイルという

そんなアリサマ。

 

メニューの話しに戻って、まぁあれだ、

いずれにしても「焼鵝焼味併盤」的なお名前よね、多分。

ガチョウのローストやカリカリローストポーク、お酒のお供にすすむ、ススム。

ゆるぅ〜いお店「富臨」ではオーダー制限にひっかかり

ガツガツ満足するまで食べる事が難しい焼鵝系も

ここではたっぷりガツガツ食べられる。

f:id:hongkonghongkong:20180805164902j:plain

そうはいっても食べ過ぎよね。

そもそもココは昔ながらのポーションで何を頼んでも盛りが良すぎるのよね。

知人友人の少ないワタクシ達、必然的に少人数で食事というシーンが多いのですが

お友達が多い皆様におかれましては

このお店は是非大人数でお出かけ下さいましね。

 

皆様も是非に!

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ

香港地元飯、大牌檔:香港大牌檔の港式下午茶セット

香港での暮らしは短い、とは言えない。

が、下午茶(ローカル系アフタヌーンセット)に関しての知識は殆どない。

いや、では、ローカル系ではなく本家本元イギリス系のいわゆる本格的な

Afternoon tea set系の知識があるのかといったら、そんなものは更にない。

何故なら、

何故ならですね、

外で食べる=酒を飲む=夜のつまみ

という公式がほら、自然と体の中に染み付いておりまして

明るいうちから外で何かを食べるという機会はあまりなかったのですね。

 

でも、まぁ、折角の香港暮らしでございますので

大牌檔 で港式下午茶(香港スタイルアフタヌーンセット)@沙田

f:id:hongkonghongkong:20180805164641j:plain

公仔麺とハムのオムレツ、パンと飲物(アイスコーヒー)のセット。

お値段は失念。大牌檔 での下午茶はどうだろう、HK$30くらい?

アイスコーヒーはホットコーヒーよりHK$1かHK$2 お高いのが一般的。

氷を業者さんから購入するからですね。

 

沙田のどこだったかしら。正確には沙田に行こうとバスに乗っていたのだけれど

お手洗いに行きたくなって、もうチョッとで沙田ってあたりで

途中下車しちゃったのよね。

f:id:hongkonghongkong:20180805164700j:plain

こちらは雪菜米粉のセット。

米粉(ビーフン)に香港風高菜をトッピングしたもの。

大牌檔 やチャーチャン店での麺類にはインスタントヌードルが多く登場するけれど

インスタントヌードルの気分ではない時には米粉もおすすめ。

f:id:hongkonghongkong:20180805164711j:plain

飲物は熱檸檬水。

お湯に檸檬を入れた飲物。

「チャーチャンテン」というスタイルは日本の方々にも

だいぶ馴染んできたように思うけど、

大牌檔でのアフタヌーンティーセットはどうかしら。

世の中にチャーチャー店はたくさんあるものの、

こうした旧式香港スタイル下午茶セットをいただけるお店は

滅きり減ってしまいました。

大牌檔 とチャーチャンテン、似て非なるもの。

超コテコテ香港スタイルアフタヌーンティセットもたまには良いものです。

機会がありましたら皆様も是非に。