香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。

旧友との再会:日本を離れて長いものどうしの会話、あるある物語

先日、旧友と久しぶりに再会しましてね。

楽しくて、よく笑って、よく話して、

時間はあっという間に経ってしまいましたが

まぁまぁまぁまぁ大変だったわよっ、いろいろとっ!

 

お互い、母国日本を離れて大分長い時間が経っているのですが、

その道筋や歩いてきた場所というのが全く異なる。

日本を離れて長いどうしの、久しぶりに会った日本人の会話なんて、

話が噛みあわないっ

噛み合わないっ!!

噛み合わないどころの騒ぎじゃなかったですよ、ホント。

 

最近の中国、香港絡みの真面目な話題といったら一帯一路ですよ。

一帯一路。

こちらは、まさかあちらから

「一帯一路」なんて単語が発せられると思ってもいなかったから

「ところで『一帯一路』どうなのよっ?」と聞かれたときに

「イッタ イチロウさんっ?誰それっ??」

とか、わけわかんない事、質問しちゃたわよ、恥ずかしい。

 

トントントンと話しが色々弾む中で

ある日本の芸能人の話になりましてね、

「ある日本の芸能人の話」とか

思わせぶりな雰囲気漂わせるような書き方になっていますが、

何てことないその「ある芸能人」像が、

あやふやなのよね、お互い。

日本の芸能人の話は良いのですが、

最近のナウい感じのイカしたホットな人物であるはずなんですよ、

顔だって思い出せますよ、

でもお互いその記憶がボヤーっとしているのよね、

なんてったって、今テレビで活躍されている人々というのは

自分らが日本で暮らしていた時にはまだいらっしゃらなかったわけで

どこかの国でたまたま放映されていたであろう

日本のドラマを見かけた時に見た顔っていうような記憶に頼るわけだから

なかなか思い出すのも大変よっ。

 

ワタクシ達の再開を、AさんとBさんの会話仕立てにしてみましょうかね。

「ある日本の芸能人のお話」(Bがワタクシよ)

 

Aさん:将棋士役、やった人だよ、誰だっけホラっ、あの人!

Bさん:あっ、知ってる知ってる、鈴木なんとかさんでしょ!

Aさん:イヤイヤ、鈴木なんとかさんって料理人やった人でしょ、確か。

Bさん:あっ、そっか、鈴木さんは料理人か。将棋の人の名前何だっけ

顔はホラ、わかるよね、こういう人でしょ。(←真似してみる)

(↑↑よくよく考えてみるとスズキなんとかさんは料理人のお兄さんだったわよね)

Bさん:ホラ、奥さんが韓国で出産して、何か炎上してた人でしょ?!

ホラホラ、綺麗なあの奥さんっ!!奥さん何ていったっけ?

Aさん:韓国?出産っ??

Bさん:まぁ、いいや、奥さんの話は。本人はホラ、Lだよ、L。

デスノートのLの人!!Lなんだけどなぁ~、何て名前だったかな、あの人。

Aさん:え~????Lぅ~?????Lねぇ~、LLぅ~??

Bさん:ちょっ、もしかしてデスノート知らないの?あれ、面白いのよっ!

Aさん:イヤイヤイヤイヤ、デスノートは知ってるさっ!デスノートは。

デスノートは知ってるけど、エルゥ~???

 

会話なんてそんな感じよ。結論にはたどり着けないわよ、ホント。

デスノート知っててL知らないなんて、そんなことちょっと考えずらいわよね。

このワタクシがデスノート知ってたのが悔しかったのかしら。

まぁいいわ、そんな事は。

で、結局、今でも辿り着けぬままよ、あの芸能人のお名前には。

注:ぐぐりゃいいじゃん、ゴタゴタやってないでって!

なんて無粋なことは思っちゃいけないのよ。

昭和の人々はこのくだらないグタグタダラダラが結構楽しかったリするわけよ。

そして笑い転げた楽しかった一夜が明け、ところどころ思い出すのよ。

そういえば、こんな会話で盛り上がったよなぁ~。

結局、将棋士やった人(デスノートのLの人)思い出せなかったよなぁ

と、一人ですでに思い出に浸ったりするのですが、

するのですがっ!!

がっ!!

久しぶりに会った我々が、ではなぜあの芸能人の名前をこれほどまで一生懸命に

思い出そうとしていたのか、何の話をしていたのか

肝心のそこんとこはポコンと記憶が抜けていましてですね

一体、全体、何だったんですかね、あのLは。

全然、ほんとに全然、思い出せない。

楽しいからって勢いにのって飲み過ぎたらダメってことよね。

 

そういえば、かつても「あれ何だっけ?」がありました。

 日本のドラマはよく見てる!と自負する人々の残念なお話はこちら↓↓

hongkonghongkong.hatenablog.com

 

そんなこんなで、旧友との再会。

頻繁に会うというのはお互いちょっと難しいけれど、

心置きなく会話ができる旧友というのは本当に良いものです。

そういえばあいつと随分連絡とっていないなぁ~、という方があれば

皆さまも是非、連絡とって会ってみてくださいね!

やはりたまには良いものです!

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

香港地元飯:ガチョウのロースト、きくらげの前菜、揚げ豆腐のうま煮、牛肉黒胡椒風味と焼き饅頭

ゆる~いお店、富臨@香港仔。

相方さん香港チャラ男氏のお友達参戦で3人でお食事。

相変わらず、オーダーするものは大体同じで

プロモーション中の焼鵝(ガチョウのロースト)

f:id:hongkonghongkong:20180421172622j:plain

3人でも例牌HK$50分しか頼めないのよね。

お金は出すからもっと食べさせてっ!と思っても4人までは

例牌までしか頼めないのよね、こちら↓↓↓

https://www.fulum.com.hk/web2017/wp-content/uploads/2018/04/%E5%84%AA%E6%83%A0%E5%83%B9%E6%BB%8B%E5%91%B35%E9%81%B81%E6%8C%87%E5%AE%9A%E5%88%86%E5%BA%97-1.jpg

毎回思うの、焼鵝をね、もっとガツガツ食べさせてほしいのよね。

 

涼伴高山耳、きくらげの前菜ね。

お酢ベースのお味のソースに絡めてあって、ボリボリいけちゃう。

f:id:hongkonghongkong:20180421172617j:plain

お豆腐の揚げ煮のようなお料理と、お野菜。

お野菜もきくらげ入りを頼んでしまって、食材がダブってしまった。

この一食で随分ビタミンDを補充した気がするわ。

f:id:hongkonghongkong:20180421172614j:plain

ここの焼き饅頭、優しいお味で美味しいのよ。

生煎菜肉包(一皿6個)HK$38くらいじゃないかしら。

f:id:hongkonghongkong:20180421172610j:plain

牛肉の新しいメニューができていたので頼んでみた。

写真右側の黒いお鍋の器。

メニューのお名前なんだったかしら?

牛肉とジャガイモが入った黒胡椒風味のお味のお料理だもの、きっと

「牛肉ジャガイモ黒胡椒」という感じのお名前だと思うわよ。

広東料理のお名前は、まぁ、ストレートすぎるほどストレートよね。

基本「食材、料理法、味付けの組み合わせ」という成り立ちだから

メニュー名でお料理のいで立ちやお味が想像できるようになっている。

ところで、このお料理に入っているポテトがとても美味しかったわよ。

 

飲み切れなかったら持って帰ろうねといって持ち込んだはずの2本のワインも

すべて飲んでしまって、飲み過ぎよね。

お勘定はHK$450くらいだったかな。

 

広東語メニューの参考はこちら。

同じ富臨集団のお店でも場所によってプロモーションの内容や

お料理の値段も異なるので、ご参考程度にどうぞ。

https://www.fulum.com.hk/web2017/wp-content/uploads/2018/03/4%E6%9C%88%E4%BB%BD%E6%B5%B7%E9%AE%AE%E6%99%9A%E9%A3%AF%E6%8E%A8%E4%BB%8B_B.jpg

 

気持ちいい感じにほっといてくれる

ゆる~いお店、富臨@香港仔

よろしかったら、皆さまも是非に。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

香港に花粉症はないと人は言う

香港に花粉症はないと人は言う。

 

 

そっ、そうなの?

 

 

ワタクシ自身は日本で花粉症を患っていなかったので

よくわからないのですが、

日本で花粉症の症状が酷い人は香港に来ると楽になるということを

度々聞く気はする。

 

 

 

いやぁ~、この春、ワタクシ大変でしたよ@香港生活。

3月の初め頃だったかしら

目がシクシクするなぁ~、こりゃ、風邪の前触れかしら?

と、目薬さしさし誤魔化しながら生活していたものの

目のかゆみやシクシクは一向に良くならず、

鼻水も止まる気配を見せぬまま、

一番酷い時よりも若干良くなった気はするものの

いまだに何となく体調がぱっとしない日々を過ごしております。

そういえば、今こうして思い起こしてみると

昨年あたりもこんな症状があったような、そうでなかったような。

歳を重ねるって、嫌よね、ほんとっ!!

そんなこんなで、ブログの更新も滞りがちよ。

恐らく何かのアレルギーだとは思うのですが、何だろね。

周辺に聞いてみると、比較的いらっしゃるわね。

目も鼻もムズムズしていらっしゃる方々。

増えているのかな、香港でも春のこうした症状。

昨年あたりから香港の医療関係のサイトにも「花粉症」なる文字を見かけることが

多くなったような気がするからやはりそれなりにあるのかな。

 

 

日本で花粉症を患っている方というのは、毎年毎年

こんな感じで春を過ごしていらっしゃるのかしら?と考えてみたけど

大変よね、これ。

錠剤1つで解決できる方法とかあったらいいのに。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

米中貿易摩擦:「英語ができる」「英語しかできない」英語からの情報のみに頼ることの危うさに思うこと

朝から晩まで香港のテレビを賑わしている米中貿易摩擦関連。

香港にいれば、それでも中国側の意見とか

中国で実際ビジネスをしている人々の意見とか

ちょこちょこ拾っていくことができるけど、

これ、日本とか中国から少し離れた距離にある西洋系の方々とか、

中国の現場の方々のコメント、聞ける機会ってあまりなくない?

 

 

米中貿易摩擦。

誰が一番得をして、何処に一番影響があるのか

だれが泣き、だれがヒヒヒと笑うのか、

一体全体何処に着地点を持っていったらいいのか

そんな小難しいことワタクシにわかるはずもなく

「何だか君たち、いっつも炎上してるわね、どこまでいくの?」

くらいにしかとらえることが出来ないのですが

それでもこの一連、気になる部分はいくつかあるんですよね。

 

今回のこのアメリカと中国のやり取りでヒシヒシと感じているのは

ああ、

英語しかできないというのは、これから先

ビジネスでは最大の弱点になるのかな。

そんな事を思いながら日々ヒートアップするやり合いを眺めています。

 

これからの時代って英語の勉強って必要なくなるよね

そういう意見があるのは知ってはいるけど

それに対して同意とか反対というのは自分は特にはなくて

日常英語に関してはやりたい人はやったらいいと思うし、

興味がない人は別にやらなくてもいいんじゃない?

でも出来たら出来たで何かと便利よね、きっと、とは思う。

ビジネスに絡めていえば「英語できます」という感覚は人々の中で薄らいでゆき

日本以外でのビジネスの場では呼吸をするように

(ビジネスで使うシンプルな)英語でやりとりができるというのは

ごくごく普通の事になるんだろうなとは思う。

(日本はねどうなるだろう、わからない本当に。この辺のことは長くなるのでまたの機会にでも)

 これから先も英語が共通語として使われるというのは大きく変わらないと思うけど

「英語だけしかできない」というのは「日本語しかできない」以上に

もしかしたら厳しくなるのかしらね、英語できる人というのは世の中多いし。

そんな事を思うのですね。

 

米中貿易摩擦に話を戻そう。

アメリカさまの現場の中からの声は今のところ

イヤイヤイヤイヤ、こんなことしても結局のところ

お互いにあまりいいことなさそうだし、もうちょっと冷静に、トランプさん!

という感じかしら?

そりゃ現在、自分が中国とビジネスしてたら心配よねとも思う。

が、ときどきね、時々、

「中国はこのままいっても結局中国にとっていい事もないわけだし

どうにかお互いにいい状態になるように云云」という感じで

言葉は穏やかでもその雰囲気は超上から目線的なことを

英語で発している西洋人さま動画がテレビで流れるのですよ。

そういう西洋人さまの姿に凄く違和感を覚えるというか

何て言うのでしょうか、誤解を恐れずに書いてみると

ものすごく滑稽にすら見えてくる

何故上から目線なのかしら、この西洋人さまは?

 

香港って現在のところ中国語と広東語さえわかば両側を見ることが

比較的簡単にできるところで、

中国ビジネスマンの方々の

「まぁ、とにかくさ、ビジネスなんだし、

儲けにならない仕事はしない、

それだけだよね、しゃーないじゃん」

という、そんな心構えも拾っていけるから

ヤキモキ感が見え隠れする西洋先生と

んっーまぁービジネスだから的な中国先生の姿が

ものすごく対照的に感じてですね、とても興味深い。

まぁ昨今の香港で見れる中国もそれはそれで綺麗に切り取られた中国かもしれませんが、というのは内緒

 

あのね、中国って、単純に凄いわよ。

頭もいい人たち揃ってるし(←何てったって人、多いからっ!)

決断も実行も早いし(←立ち退き政策だって、今日発表で明日追い出す勢いよ!)

人々の生活はいろいろな不便な規制もあるだろうけど

そのいろいろな規制があるなかで「それでもしょーがないじゃん」と

その中でどうにかしてやっていく人々もいる。

上有政策下有対策

「上に政策あれば下に対策あり」を地で行く市民が山盛りヨ!

実際、中国滞在中に何かあっても

「いや、中国だもの、なにかしら解決策はあるだろう」

という、根拠のない安心感ってどこかにあるわよね。

5年前の中国と今の中国はあらゆる面で全く違うわよ。

だから「中国」と聞いて昭和の時代の中国を思い浮かべる人はそれね

イメージの塗り替えがおすすめよ、要書き換え、要書き換え。

 

今の世の中は英語での情報にあふれていて、

異なる国の人との会話は英語を用いるのが手っ取り早いし、

そんなこんなで現代という時代はそれが物事の大きな流れの方向性を

決めることに影響を及ぼしやすいけれど、

今回の米中合戦を見ていると、思うよね。

「英語モノリンガル」が拾っていけないであろう

中国の現場の声というはきっと山のようにあって

英語モノリンガル層はモノリンガルで自分は英語しかわからないんだという

その部分を理解したうえで色々判断していかないと、

現在の「英語モノリンガル」な人々は20年後、30年後の世界になった時、

もしかしたら今でいう所のブルーカラー層にならざるをえないかも。

20年後30年後といったら仕事上に普通にAIやロボットが存在しているだろうし

現在のブルーカラーより、精神的にもきつそうだわね。

 

 

と、いうことで。

本日は話の内容があっちいったり、こっち行ったり

ポイントがブレてしまいましたが、一番言いたいことはですね

日本語ができるというのはそれだけで武器になるとは言いきれませんが

英語モノリンガル層よりは有利になれる機会が大いにあると思うので

折角日本で生まれたからには日本語の読み書き、

きちんと自分のものにして下さいね、ということでゴザイマス。

日本語はね、美しい言葉だよ。

 

 

最後に、米中貿易摩擦関連記事など。

ブルームバーグ(2018年4月9日)

習主席が10日演説、貿易巡りトランプ氏に対抗表明か

習主席が10日演説、貿易巡りトランプ氏に対抗表明か - Bloomberg

 

 

Newsweek(2018年4月9日):中国が強気のわけー米中貿易戦

www.newsweekjapan.jp

 

日本農業新聞(2018年4月8日):

米中貿易摩擦 ヒートアップ 高関税で農業標的 中国が“揺さぶり”

www.agrinews.co.jp

 

 

ブルームバーグ(2018年4月9日):

トランプ大統領:中国が先に屈服するだろう、米中貿易問題

www.bloomberg.co.jp

 

 

レコードチャイナ(2018年4月10日):

米中の貿易戦争で傷つくのは中国より米国の盟友国

www.recordchina.co.jp

 

China internet information centre:

2018ボアオ・アジアフォーラム _ Japanese.org.cn

ボアオアジアフォーラム、日本ではどうやって報道されているだろうと

気になっているけど、あまり記事自体がないのね。

大丈夫かいな、日本の報道機関。

日本は日本で、独自の問題が山積みよね。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

国税庁サイトのリニューアル:振り出しに戻るシステムがイロイロ話題らしいじゃないの

何やら、国税庁あたりが騒がしいらしいじゃないですかっ!

ITmedia(2018年4月3日):「国税庁URL変換器」個人が開発

旧URLから新ページにアクセス リニューアルの混乱受け

www.itmedia.co.jp

でも、きっと、国税庁の方々は一体全体世何故世の中で国税庁が話題になっているのか

よくわからない状態なのじゃないかしら?と思うのですよ。

だって、それがわかれば、

なんどやっても振り出しに戻ってしまうその状態になるはずもなさそうだものね。

そうはいっても、ホラ、ワタクシ、ITとかデジタルとかネットとか

そんな事は全くもって明るくなく、そのレベル、

おそらく国税庁の方々と同じくらいだと思うのよ。

IT知識の残念さ加減、これくらいよね、このワタクシが

国税庁の方々と肩肘はって競い合えそうなものといったら。

そんなIT音痴のお話はどうでもいいのではありますが、

ホラホラホラホラホラっ!

早速、出来る男が、いや、男性かどうかはワタクシ知る由はないのですが、

ぐずぐず言わずサクサクサクッと一仕事された素晴らしい方がいらっしゃるようで

ぽち@pcwhさん

国税庁サイトのリニューアルへの反応を見て感じたこと、そして行動したこと

note.mu

リニューアルしたらあら不思議、

どこまで行っても振出しに戻ってしまうという、今時としては

一週回ってナウい感じにすら感じてしまう国税庁サイトをですね

普段使っていらっしゃる方々がブックマークしていたであろう旧URLを

入力すると新ページへと導くという「国税庁URL変換器」なるものを開発

無料で公開されています。

凄いっ!聖人のようだわ。

こちらが↓↓↓その「国税庁URL変換器」

 

nta-go.com

国税庁URL変換器が凄そうだわよっ!

国税庁のサイトをブックマークするくらいの方々はきっと

お仕事で結構神経を使っていらっしゃる方々だと思うのよ。

そうでないと国税庁のサイトとか定期的に読まないでしょ、別に。

早速、ワタクシも試してみましたよ、その国税庁URL変換器!

と、お伝えできればいいのですが、それは不可能なの。

何故って、国税庁のページとか見たこと無なかったし、

旧URLもわからないのであれですが、でも、

オイオイオイオイ、国税庁!ホントにちょっと、勘弁してよっ!

とイライラが爆発しそうになっていらっしゃる方がいらっしゃいましたら

ぽち@pcwhさんが個人で開発された国税庁URL変換器、

是非、ご覧になってみてくださいね!

nta-go.com

 

 

まぁ、あれですよ。

ワタクシ、難しい事はわかりませんが、

国税庁さんは、はじめっからこちらのぽち@pcwhさん

リニューアルプロジェクトお願いすればよかったじゃありませんかっ!

イヤ、まてよ。

今回、振り出しに戻るシステムを作り上げた方々に支払われるであろう

その予算の中から幾ばくか、ぽち@pcwhさんにお支払いになったら良いのに。

香港だったら、そういう市民運動、すぐ起きそうだわね。

 

 noteとは何ぞな?

ところで、今回、このぽち@pcwhさんの記事を拝見し気になったのが

ぽち@pcwhさんの記事が投稿された「note」

何だろうと思って軽くグーグル先生にお尋ねしてみたら、

ああ、なるほど、投稿された内容が気に入ったり、参考になったと思ったら

その感謝の気持ちやサポートしたい気持ちを表すことが出来るシステムなのかっ!

noteへようこそ!note公式

note.mu

おお、自身の記事も有料設定も可能なのね、なるほど、なるほど。

あとでゆっくり見てみよう。

 

 

と、いうことで、

国税庁さん!

国税庁さんっ!!

国税庁さぁ~んっ!!!

聞いてますか?聞こえてますかね??

早速noteに登録して、ぽち@pcwhさんへのサポートをおすすめするわっ!

そんな事言われても、ホラ、ボクnoteの登録とかよくわかんないし、

第一、そんなん出来るんなら今回の振り出しに戻るシステム

公にする前に気付けるわよっ!とか逆切れ気味かしらね。

それならあれだわ、日本にお住まいであろう国税庁の皆さまだもの、

アマゾン、アマゾン、使ってますでしょ、

欲しいものリストからサポートね、強く強く、おすすめしますわよ。

 

振り出し戻るシステム、これ、結構イライラするから

ホント、止めて下さいましね。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

金正恩氏電撃訪中:中国系ニュースに見える金正恩氏と習主席の表情に思うこと

今朝のCCTV13みましたか、CCTV13!!

あ゛っ!

CCTV13といっても、実際にワタクシが見たのは有線新聞台が放映した

CCTV13のニュースの一部でしたけれども。

金正恩朝鮮労働党委員長北京訪問の様子。

習近平主席との非公式会談の様子が和やかで金正恩氏の笑顔も度々見れて

両氏ご婦人共にとても美しく何だかドラマを見ているよう。

自分の國語力(日本でいう所の中国語、北京語)のなさが悔やまれる。

もうちょっと内容を理解したい。

 

香港ではテレビのニュースでは比較的、動画で見れることも多いのですが

ネット内となるとそのニュースの動画自体は編集されたり、

静止画像のみとなることも多くて動画となると

なかなかリンクできるいい動画は見つからないのですよね。

 

おっ、こちがら良さそうですかね、chinaqu.com

今のところ、こちらでは今朝のCCTV13台(ニュースチャンネル)の動画が

見ることが可能のようです。

特に動画13分20秒過ぎからのラスト40秒分の金正恩朝鮮労働党委員長

習近平主席の表情というのは、日本のニュースではあまり見かけない表情だと思うので

興味のある方は是非ご覧になってみて下さいね!

chinaqu.com (2018年3月28日):習近平同金正恩挙行会談特にラスト40秒がおすすめ!)

www.chinaqw.com

日本からはこちらはアクセスできるのかしら?CCTV13

CCTV-13 新闻频道直播

 

 

その他、各言語での関連ニュースをランダムに貼ってみましょうか。

共同ニュース(2018年3月28日):金正恩氏、中国主席と会談

this.kiji.is

 

産経新聞(2018年3月28日):金正恩氏電撃訪中

www.sankei.com

 

udn com (2018年3月28日):金正恩應習近平邀請訪問北京(動画)

影/新華社公布握手照證實 金正恩應習近平邀請訪問北京 | 金正恩訪北京 | 兩岸 | 聯合新聞網

 

Bloomberg(2018年3月28日):

Kim Jong Un is Willing to Hold Summit with U.S. China Says

Kim Jong Un Is Willing to Hold Summit With U.S., China Says - Bloomberg

 

South China Morning Post (2018年3月28日):

Kim Jong-un says he is 'committed to denuclearisation' during Beijing talks

Kim Jong-un says he is ‘committed to denuclearisation’ during Beijing talks | South China Morning Post

 

AFP(2018年3月28日):North Korea's Kim met China's Xi on first foreign trip

North Korea's Kim met China's Xi on first foreign trip | AFP.com

 

 Apple daily(2018年3月28日):中朝回暖

hk.news.appledaily.com

 

ところ変われば、

書く人変われば、

言葉が変われば

1つのニュースも別の顔を持つ。

 

ともすると意味がなさそうな言葉の勉強ではあるけれど

無理することなく続けていきたい、そう思えるのはこんな時。

 

今日は中国系ニュース番組にクギヅケよ!

スイスフラン:第6次紙幣の有効期限は2020年4月まで!お手元の外国紙幣の確認をおすすめするわ!!

2018年の早いうちに書いておこうと思っていたのに、あっという間に3月末だわよ!

本日はスイスフランのお話、スイスフラン。

 

スイスフラン第6次紙幣の有効期限がイヨイヨ2年後と迫ったわよっ!

というお話ですね。

日本は古い硬貨や紙幣も使えるし、ハイパーインフレで

ある日突然紙幣が紙くずになるという場面に出くわすことは少ないと思うけど

国によっては古い紙幣の回収、有効期限を設けている国もあるのですね。

どちらが一般的なのかしら?

話をスイスフランに戻しましょう。

スイスフラン第6次紙幣と聞いて、その図柄がすぐに思い浮かぶ方というのは

あまりいらっしゃらないように思いますが、こんな感じの図柄ですね。

f:id:hongkonghongkong:20180327114714j:plain

湾岸戦争とか、EU統合に揺れた時代の、昭和から平成にかけてという期間に

スイスと行き来のあった方々は大体この第6次紙幣を使っていたと思うの。

Zurichに拠点を持つ日本企業というのは今は随分減ってしまったけど

1990年頃というのは銀行、証券とも結構な数の日本企業がスイスに

拠点を持っていましたからね。すっかり忘れてはいたけど

案外お手元に当時のスイスフランをお持ちの方が少しはいらっしゃるかもと思い

ちょっと触れてみましたよ。

スイスフランといえば1,000CHFが一枚残っているだけでもサクッと10万円を

超えてきますのでね、今一度お手元の外国紙幣の確認を強く強くおすすめします!

2018年になった現在はまだ辛うじて使えるものの一般的には流通していない状態で

ワタクシも前回スイスに行った折に旧紙幣は使ってきたけど

店舗によってはマネージャークラスの承認が必要な場所もあったから、

ほんとにみなさま、こればかりは早め、早めにね!

有効期限は2020年4月末までよ!

Swiss National Bak (SNB) スイスフラン6次紙幣についてのページ

Swiss National Bank (SNB) - Sixth banknote series, 1976

 

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ