香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。

熟食中心:茹で豚レバー、大根の炒め煮、牛バラのおつまみと酒の王「神渡 純米大吟醸」

熟食中心、いつのも石排湾。

日本酒気分だったので、神渡(長野)

 

あれっ??

写真を撮りながら、あれれれれっ?

あれれれれれれっ?????

f:id:hongkonghongkong:20170722161549j:plain

純米吟醸を持ってきたつもりだったのに、がぁ~ん、純米大吟醸だった。

神渡は純米吟醸が金の箱、大吟醸が銀の箱なのよねぇ~なんて考えながら

金の箱を手にしたけど、あらららら、純米大吟醸も金の箱だったのね。

箱を手にしたとき「あれっ?微妙に金の色、変えたかなっ?」とは

思ったけど、良く確かめなかった。

f:id:hongkonghongkong:20170722161607j:plain

神渡のHPにおじゃましてみると、ホラ、似てますでしょ。

神渡 - 美しい信州の酒 酒の王 みわたり -: 吟醸酒

まっ、確かに大きく純米吟醸、純米大吟醸とは箱正面に書いてはあるのですけどね。

良く見なかったのですよ、金の箱、金の箱という事しか頭になくて。

 

うぅ~ん、純米大吟醸じゃ、

このお店の料理ではなかなか合わせるの難しそうと思いつつ

かぁ~っ!!もったいなかったなぁ~何てなことも頭をかすめ、でも

もう開けちゃったし、ビールという気分でもなかったしという事で

コテコテローカルチャイニーズと神渡純米大吟醸という組み合わせ。

f:id:hongkonghongkong:20170722161628j:plain

白灼豬潤、豚レバーをさっと茹でたおつまみ。

香港では毎朝新鮮な豚を捌くから、レバーは本当に新鮮で臭みなんて全くない。

ホルモン系好きな方は、熟食中心での御食事も楽しめると思う。

f:id:hongkonghongkong:20170722161700j:plain

大根の炒め煮。お魚のすり身団子を軽く揚げたのと一緒に。

f:id:hongkonghongkong:20170722161715j:plain

珍しく牛肉。牛肉、時々食べたくなるのよね、牛肉も。

香港はもともと牛肉を召し上がらない方が多く、その関連でかしら?

牛肉を使った料理で繰り返し繰り返し食べたくなる料理というのは

あまり出会わない気がするかな、特に熟食中心では。

その代わり香港全体的に豚肉や鶏肉の料理が充実していて、

様々な料理を楽しめる。

 

 

さて。

香港のチョーコテコテローカル料理と神渡純米大吟醸。

これはね、何というのでしょうか、それぞれもちろん美味しいいのだけれど

一緒にしたところで、それぞれの良さは引き出しきれない、そんな感じ?

お互い喧嘩するわけじゃないけど、喧嘩するわけではないのだけれど、

うぅ~ん。

本当は何かの陳皮蒸しでもあればよかったのかもしれませんが、

この日は残念ながら陳皮蒸し系は何もなく、ワタクシたちも途中で気づいていれば

道すがら食材調達でもできたのでしょうが、間違えにの気づいたのは

もう座ってからの事だもの、しょーがない。

 

 

どちらも美味しいのですよ。間違いなくどちらも美味しく、

神渡純米大吟醸もふくよかな香りが素晴らしいのではありますが、

でも、きっと、熟食中心ではないのよね。

 

という事で、神渡というお酒。

純米吟醸と純米大吟醸は金色系の箱、大吟醸は銀色の箱。

皆さまにおかれましては、お間違いのないように手にお取りくださいませね。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

香港で結婚するということ: 香港での婚姻手続き

結婚ってわからないものよね。

元々は赤の他人同士だったのに、自分の親と過ごした以上の時間を

一緒に過ごすことになるのだから、人生って本当に不思議よね。

 

香港での婚姻手続き

香港で結婚するという事。

そんな風に書くと何だか国際結婚に関する、ちょっとわかりずらい部分も

このページには書いてあるのかしら?と

淡い期待を持たせちゃったりしますかね。

残念ながら無いわよ、そういう優しい内容、ここには無いの、ごめんなさいね。

近い将来、国際結婚を控え、ちょっと不安な部分とか

よくわからなかった部分があるのよねというお若いカップルに

役立つような、そんなアドバイス、全然なしっ!

何故か?何故と聞かれても、そりゃ、ワタクシ、全然覚えていないからね、

気の利いた内容、書けないのよね、残念ながら。

 

自分らの婚姻手続きに関して覚えている事と言えば

何だか、えらく暑い日だった。

それくらいよね。

ある日突然、香港チャラ男が言ったのよ。

「申し込んできたよ、手続き、安い日が空いてたからっ!!」

そんな感じだったわよ。

それまで婚姻手続きに関して調べたことなんて1度もなかったから

婚姻手続きに関して知識らしい知識なんて何もなく

日本みたいにお互いサインして提出したらいいんじゃん?

くらいなイメージだったけど、違うのよね。

きちんと手続きがあって、それには予約も料金も必要で

週末なんかだと、高いよのっ!!

そしてその手続きにはね、当日必要な持ち物というものがあってですね、

それが大変だったわよ。なんとっ!

指輪がいるのよ、指輪っ!!

紙一枚サインして、ぺら~と提出すればいいんでしょ?くらいに

構えていたワタクシたち、その手続き中に指輪がいるなんて知らなかったから

予約日の3日くらい前に買いに行ったわよ、旺角へ。

そんなものどこに行ったら買えるのか知らないもの、取りあえず

旺角いったらあるんじゃん?くらいな感じで行ったわよ。

困ったときの旺角よね、ほんと。

余談ですけど、香港で何かが必要になった時は取りあえず

深水ポーか旺角行ったら、大体何でもあるわよね。

 

旺角に行ったはいいけど、それからが結構大変でね。

結婚指輪ってどのお店も、店舗にあんまり揃えていない物なのね。

まずは、今、在庫のある物の中から2人のサイズに合うものを、というとね

意外と選択肢も無くてですね、

こっちにする?それとも、あっち?いう2者選択位な感じだったかしら。

ランダムな結婚指輪の在庫が

店舗に用意されていないっ!

というのは、今、考えてみれば、そりゃそうかと思えるのだけど、

当時は「どのお店もツッカエナイナぁ~っ、在庫位揃えておきなさいよねっ!!」

くらいに思っていたわよ。

数日後には手続き予約入れてあるし、指輪の在庫はほとんどないしで

「まっ、これでいっか、しょうがないもんね」って感じだったかしらね。

 

そんなこんなで、いつの間にか香港生活もそれなりに長くなってきましてね、

今、当時を振り返ってワタクシが思うのは

「そういえば、あの時の結婚指輪、在庫品だったんだから

少しくらいまけさせる位の勢いがあっても良かったんじゃないかしら?」

って、そんなところよね。

大和なでしこのワタクシも、すっかり香港生活に馴染んでしまったわね。

 

おっ!

そうそう、それと香港での婚姻手続きに関してもう1つ。

結婚証明書みたいの出ますでしょ、A4サイズのペラペラの紙。

あれね、パウチッコしたら駄目なのよ。

「大切なものだから」とか「記念だから」とか、そうした思いで

ついついパウチッコしがちになるけど、あのA4のペラペラ証明ね、

忘れた頃、人生の節目、節目で 必要になる時が時々あって

パウチッコしてあるものだと無効でね、ヤヤコシイ別の証明を取得する

必要に迫られる時があるのよね、どんな時だったかな、必要になるの、

ちょっと思い出せないけど。

 

 

と、いう事で、ワタクシから

これから香港で婚姻手続きする予定がある方々に役に立ちそうな情報と言えば

 

1.登録手続きは日によって料金が違います。安く済ませたい方は通常時間でどうぞ。

料金説明はこの辺り↓↓↓

www.immd.gov.hk

 

2.結婚指輪にこだわりがある方は、予め準備を整えておくべし!

店舗内にある物の中から選ぼう!と思っていても、実は在庫があまりない!

 

3.香港の結婚証明書はパウチすべからず!

 

お幸せに!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

Mutual Fundの投資先を再確認。大切なお金の事だからきちんと理解をしてみたい。

重い腰をよっころらしょっ!と、久しぶりに本当に久しぶりに

Mutual Fundの投資先の確認でもするかと、久しぶりにstatementを

まじまじ眺めてみた。

 

ヒぃっぃィィイっ~!

って、言ったわ、ヒィイイッって、一瞬。

インドが入ってた。

 

と、いうのも、(自己選択型の)投資先を前回見直した時、

自分にとってインドはちょっとわかりずらいし、情報も入手しにくいし、

と思い、インドは一度完全に外したと思っていたけど、入れてたままだったんだ。

振り分け先にインドは入れていないと思い込んでいたもの、このところ

インド関連のニュースとか全く気にしていなくて、

インドの最近の出来事で思い出すことと言えば、昨年、突発的に発表された

インドルピー高額紙幣流通中止の混乱騒ぎくらいで、あんまりインドに関する

明るい情報、浮かばなかったのですよね、ステートメントを見た時は。

 

インドの経済、どうなる?どうなる??

日経BPネット(2016年11月22日):突然の高額紙幣流通中止で全インドが混乱!

www.nikkeibp.co.jp

香港にはインドの方々も多いし、

インドの銀行では毎日、毎日人が行列を作る様子が香港のニュースでも

結構頻繁に扱われていたし、あの混乱しか思い浮かばなかった。

 

www.hindustantimes.com

恐る恐る、じっくり数字を眺めてみると、あれっ?

この2年、インド、悪くなかったんだな。

 

ブルームバーグ(2017年3月22日):

最も魅力的な新興市場にメキシコが浮上ー最下位はインド

www.bloomberg.co.jp

ZUU online(2016年3月5日):インド株は年10%以上の伸びを期待

zuuonline.com

日経新聞(2017年4月25日):インドルピー、底堅く

www.nikkei.com

皆さん、見方はそれぞれの様で、うぅ~ん、この先インド、どうしようかな。

 

おっ!!何だか今日はまるでインド中心のお話のような雰囲気になってきましたが

さにあらず。インドと言わず、投資関連、興味はあるものの

これまで真剣に勉強をしてこなかったので、猛省中。

以前は全く興味がなかったのよね。

リーマンショック時もSARS時も香港に居合わせながら、何のアクションも

取らなかった、残念な人の1人でゴザイマス。

 

それが、この数年、投資に関してとても興味がでてきて、

この辺りの心境の変化などに関しては、また機会があれば書いてみることとして。

 

きちんとね勉強して、リスクを理解しつつ、無駄に怖がることなく

適切な投資、資産分散というのをしていきたいなぁと考えるようになって

そうは思うものの、性格がホラ、やはり、ズボラのズの字を真正面に

突き進むようなワタクシでございますのね、なかなかね。

それよりも何よりも、資産分散させる前に分散させるべき資産は

どこにあるんですかねっ??って事ですけどね。

 

乙川乙彦氏の投資日記にどっぷりはまる

そんなこんなで、投資の諸先輩の動きなどを拝見したくと

グーグル先生にお尋ねし、現在、目下、参考にさせていただいております

乙川氏による「乙川乙彦の投資日記」

otsu.seesaa.net

まだ、ザクッとしか拝見できていないのですが、とてもわかりやすくて

海外ファンドの記事も沢山書かれているので、ワタクシのような香港在住者にも

非常に参考になる、そんな内容が盛りだくさん。

乙川氏の投資の記録となっているので、本当に参考になることばかり。

乙川乙彦さん、貴重な記録、ありがとうございます!

それにしても、ワタクシたちが無料で読むことができるブログで

多くの人の参考になるような記録を残して下さるというのは、

本当に凄い事だと思うのです。

「ブログだから」と読み手が一言で言ってしまうのは簡単かもしれないけど

そこには時間も神経も様々な思いも費やされていると思うのですね。

ワタクシも、まずはじっくり投資に関する知識を増やしたいと思います。

 

その乙川乙彦さん関連の記事がありました。

日本では長期投資家として有名な方だったのですね。

東洋経済(2017年3月10日):日本にいながら「米国株投資」で儲ける方法

toyokeizai.net

 

大切なお金のことだから、きちんと理解してみたい

ワタクシは今(多分)米国に振り分けてる分はなくて、

日本、インド、タイとベトナム辺り。

BRICS熱の時には、その関連や東ヨーロッパ辺りだったかな。ちょっと記憶曖昧。

当時は全く知識もなく(イヤ、今もほとんど変わらないけど)

ただ何となく、という感じで振り分け先を決めていたけれど

でも、大切なお金の事だから、ちょっと頑張って勉強してみたい。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

発音練習:worthとworse

worthとworse

それぞれ聞けば、同じ音ではないのだけれど、

では、実際自分が発音する時に、意識してできていたかというと

イヤイヤイヤイヤ、意識してこなかった気がする。

特にworse

 

でもよくよく考えてみると、会話中に自分の口から発したことすら

ない単語だったかも。

機会を作って使ってみなければ。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

熟食中心:茹でエビ、ハタの姿蒸し、他。自分らの食事にこういう高級素材は不要だとおもうのよ。

エビとお魚は持ち込み。

熟食中心@Ap Lei Chau

 

エビは車エビがなかったようで、普通のエビだったけど、

だからといってこの量ね。

4人しかいないのに誰が食べるんでしょうかね、こんなにたくさん。

f:id:hongkonghongkong:20170701105856j:plain

この方々、車エビがあると、しれぇ~と車エビを買ってくるから困る。

普通の海老にしておきなさい!

 

 

ハタ系のお魚で、何とかという種類だというのだけれど、

分からないの、ワタクシ、あんまり。

そりゃ東星班とか虎鼠班とかメジャー系のお名前ならわかるけど、

ヤヤコシイのはちょっと、ねぇ~。

f:id:hongkonghongkong:20170701105914j:plain

養殖ではなく天然モノ。どうだろう、レストランで普通にオーダーしたら

HK$1,200とかHK$1,500とかするかしら。もう少しするかな?

 

街市でHK$400だったよぉ!とか言ってまししたけどね、

普段買い物する時に1尾HK$50の魚を買うのにだって、

イチイチ考えてしまうワタクシは、頭がクラクラしそうですよ、ほんと。

この方々は、自分らの食事の買い物も仕入れの感覚でしちゃうんですかね。

だから料理人の集いというのは恐ろしい。

そういう仕入れ的な事は、店舗でやって下さいましね、ほんと。

 

f:id:hongkonghongkong:20170701105924j:plain

イカとか鳩とか、何かイロイロ食べたけど、あと何、頼んだっけ。

f:id:hongkonghongkong:20170701105954j:plain

2人での食事では、なかなか〆の麺までたどり着けないので

何人が集う時には食事系までいけるので、これはこれで新鮮。

 

Ap Lei Chau地区では熟食中心内のお店に限らず

大体どこのお店でも食材持ち込み対応してくれる場合が多いので

機会がありましたら皆様も是非に。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

豊ちゃんで朝食を(東京、築地市場:2009年)

過去を振り返るシリーズ、

2009年11月の一時帰国の旅の続きをサクサクと進めたいと思います。

ところで、香港に住んでいると所々しか聞こえてこないけど、

築地市場移転関連のお話、何だかこんがらがっちゃっているようですね。

本日登場の「豊ちゃん」も、現在はどうなったのだろうとグーグル先生に

お尋ねしてみると、あらっ!なんとっ!!

既に閉店済みだったとは、これまた残念。

 

こちら、三度の飯より魚介好きのsouxouquitさん

「緊急悲報」築地の移転が下した名店の暖簾「豊ちゃん」の記事によると

souxouquit.hatenablog.com

先代は2014年8月に閉店、その後経営者が変わり引き継がれたようですが、

お店は2017年5月に閉店していたのですね。

そして、そのsouxouquitさんの記事内でも紹介されていたピン食ベストさん

あの築地の名店の味が、高円寺に復活!あげもんやの記事にお邪魔してみると

www.pintabest.com

おおっ、高円寺にあのお味が復活されているようでございます。

souxouquitさん、ピン食ベストさん、情報ありがとうございました!

 

 

 

それにしても、2009年頃はまだ「築地もすっかり観光名所として定着しましたね」

なんて呑気なトーンで語ることが出来る状態だったんですね。

今ではもう、観光客の皆さまのパワーの押しのけられ

商売道具品の仕入れに行くにも、さてさてどうするか、合羽橋にしておくか?

と頭をかすめてしまう、そんな雰囲気となりました。

では、2009年当時の様子を懐かしみながら。

豊ちゃんで朝食を(東京、築地市場: 2009年)

帰省の旅のつづき。4日目の11月25日の午前中は雨の予報でしたが、

前夜降り出した雨は起きたころにはほとんどあがっていました。

空気も澄んでるし、散歩に出かけ、築地で朝食としました。

築地もすっかり観光名所として定着しましたね。

ここでも、香港、中国、韓国パワーを感じます。

でも、よ~く観察してみると「人気の流行り」はここでもあるのですね。

なんだか、複雑な気分。 大和寿司、寿司大、龍寿司と行きたいところは沢山、

たくさんありますが、久しぶりの日本滞在期間中に

カキフライとアジフライとカレーも食べたい!という、

ワタクシ目の願いを叶えるべく「豊ちゃん」にGO!

f:id:hongkonghongkong:20170715170328j:plain

香港チャラ男さんは朝からカツカレー。

f:id:hongkonghongkong:20170715170338j:plain

おおきな、おおきな牡蠣が5つ。たっぷり満喫。

f:id:hongkonghongkong:20170715170350j:plain

築地もクリスマス!

f:id:hongkonghongkong:20170715170401j:plain

サカナ、魚、さかなぁ~。

f:id:hongkonghongkong:20170715170416j:plain

f:id:hongkonghongkong:20170715170426j:plain

この鰊!熱々をほお張りたい!!

この写真、よく見ると「干物です 焼いて食べて下さい」と書いてあるところをみると

そのままかぶりつこうとする強者観光客がいらっしゃるんですかね。

 

近くに住んでたら毎日通いたい築地です。

日々、様子の変わる築地市場、皆さまも是非に!

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ

インターコンチネンタル東京ベイのお話(2009年)の続報

引き続き、過去を振り返るシリーズ、まだまだ2009年12月よ。

ところで先日、その過去を振り返るシリーズの中で

2009年当時のお得なホテルのプロモーション的な、2017年となった今では

役に立つんだか立たないんだか↓↓↓全くよくわからない記事書きましてね

hongkonghongkong.hatenablog.com

他のブロガーさんのように滞在記フォト的な優しいものはこのブログには

無いのよっ、ないのっ、ゴメンナサイねっ!と、その中で

お伝えしていたのではありますが。

 

ほっ??

なんとっ!

朗報、朗報!?これ、朗報??

ありましたよ、写真が、何枚か、出て参りました。

2009年頃の写真ですが、ほらっ、こちら……

f:id:hongkonghongkong:20170715145856j:plain

……。

ええ、まぁ、どうやら、ご覧の通り、冷蔵庫の中身らしい。

何故、この写真を収めたのか、自分でも分からぬ。

もう、ほんと、どこまでいっても役に立つんだか立たないんだか

サッパリわからないブログでごめんなさいね。

f:id:hongkonghongkong:20170715150151j:plain

「シーツの滑りが心地良い」と、当時のワタクシがしたためておりますが、

なんですかね、この、箸にも棒にもかからないような感想。

シーツの滑りが心地よろしくないインターコンがあったら、それはそれで

逆に怖いわよね。

f:id:hongkonghongkong:20170715150200j:plain

窓からの夜景。

f:id:hongkonghongkong:20170715150214j:plain

夜景。

f:id:hongkonghongkong:20170715150232j:plain

続く夜景。

f:id:hongkonghongkong:20170715150246j:plain

まだまだ続く夜景。

むしろ、夜景の写真しかない模様。

f:id:hongkonghongkong:20170715150259j:plain

そうそう、写真を見ながら思い出した。

竹芝客船ターミナルの様子が見える、絶好のロケーションで、

人の行き来や船の動きを眺めるのも楽しくて、ずっと静かに見てたっけ。

f:id:hongkonghongkong:20170715150311j:plain

船、出港。

f:id:hongkonghongkong:20170715150327j:plain

今回のプランは18:00以降チェックイン、隅田川ビュー。

見えますよ~、隅田川。

広告に偽りなし!

f:id:hongkonghongkong:20170715150345j:plain

朝方の様子かしら、たぶん。

f:id:hongkonghongkong:20170715150358j:plain

夜が明けました。

 

肝心な備品とか、女性が気になるバスルームとか、

部屋全体の写真とかは、ありません。そう、それは、やっぱりないのよ。

でも、何故ないの?と改めて聞かれると、その答えには困るのですが、

まぁ、あれよ、何てったってこのブログ、

そうそう、そこそこ、そこんとこっ!!という感じで痒い背中に手が届くような

気の利くブロフではなく、面倒なことはバシバシ端折っていくスタイルの

ブログだからでございますよ。

でも、折角ですので、遠い記憶を目を細めつつめぐってみると、

洗面所の台(←これって、もっと、洒落た言い方なかったでしたっけ?)に

若干水が溜まりやすいという気になる部分がありましたが、

部屋の広さはゆったり、バスタブも大型、そのシェイプが絶妙で

ものすごくゆっくりできた記憶。

そして、スタッフの方々がとても気持よくお手伝い下さいました。

ゆりかもめでの移動が苦痛でない方、特に連泊する人にはおすすめのホテル!

ゆりかもめを使わなくても大門、浜松町までゆっくりあるいて10分くらい。

築地市場まで散歩がてらゆっくり歩いて30分くらいかな。

 

今、こうして↑↑↑かつての自分の記録を振り返ってみると、

写真は古くてブレブレだし、肝心の御部屋の様子も全くわからずで

折角素敵なホテルだったのに、なんだかその良さも伝わらなそうなので

せめてもの償いに本家本元のHPを貼っておこうと思います。

インターコンチネンタル東京

www.interconti-tokyo.com

 

そしてもう一つは、そのインターコンチネンタル東京ベイのお部屋から見えた

竹芝客船ターミナル。

三宅島、大島、小笠原(父島)、東京湾内クルーズ、様々な船が就航。

いつか、機会があればここから船にのってゆっくり日本の島を旅してみたい。

竹芝客船ターミナル

www.tptc.co.jp

 

機会がありましたら、皆さまも是非に!

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 外国語ブログへにほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ