香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。旧Hong Kong Days

食、レストラン!

香港地元飯、ダイパイトン:鶏の脚のおつまみ、焼鵝(ガチョウのロースト)、生姜とネギとセンマイの炒め物。ほろ苦いお野菜(新錦園、大角咀街市熟食中心)

このところ、ちょくちょく出場の大角咀街市熟食中心。 hongkonghongkong.hatenablog.com これは、ほら、この時に↓↓↓お得な情報でお伝えした鶏の足半分盛り。 hongkonghongkong.hatenablog.com 日本の方にはあんまりお役に立たなそうな情報でごめんなさいね。…

香港地元飯、打冷:豚バラ砂肝ガチョウの肝の盛り合わせ、酸菜と豚ホルモンのスープ煮、香港式焼ききしめんなど(澄海小館、Ap Lei Chau)

澄海小館。家族経営の打冷屋さん。 このブログ内には何度も登場しているので詳細割愛。 たまにはメニューなどを載せてみる。 2種から盛り合わせも作ってくれる。 種類によって値段は異なるけれど1種HK$20からあるので HK$60くらいのつまみでゆったりまった…

香港地元飯、ダイパイトン:肉肉しいメニュー構成。A菜の豆豉鯪魚炒め、豚バラのカリカリ焼き、しっとり醤油鷄、鶏脚のおつまみと豚の揚げ物など。大利、深水埗北河街街市熟食中心)

この日は香港チャラ男さんのお友達も参戦で3名での食事。 豆豉鯪魚炒油麥菜(油麥菜と豆豉鯪魚の炒め物) 香港の代表的な家庭料理。 油麥菜(別名:A菜)の日本語名称はわからないけど お安くて栄養たっぷりな優秀お野菜。 それを豆豉鯪魚と炒めたお料理。豆…

香港で海鮮、ダイパイトン:小イカの旨煮炒め、プリプリエビの塩茹で、大きなマテ貝にんにく春雨蒸し、ハタの中華蒸し、魚の唐揚げなどなど(Ap Lei Chau大街熟食中心)

この日はかつての同僚が海鮮を食べたいっ!と 奥様とその弟さんを連れてAp Lei Chauへ。 小イカの旨煮炒め 新鮮なエビの塩茹で、ぷりっぷり! マテ貝のにんにく春雨蒸し。大きなマテ貝ね。お安くはない。 ハタの中華蒸し。美味しいわよね。 天然ものはお高い…

香港地元飯、ダイパイトン:鶏の脚のおつまみ、酢豚、魚香茄子とご飯と白粥(新錦園、大角咀街市熟食中心)

大角咀街市の新錦園、再び。 前回はこちら↓↓ hongkonghongkong.hatenablog.com あまり早い時間に行くと鶏脚の柔らかさと味の染み込みに欠けるのよ。 でも美味しいけどね。 酢豚。これも美味しいの。美味しいのだけれど ここのお店の酢豚はお肉が多いのよね。…

香港でパン:香港でもちょっと噛み応えのあるパンを食べたい皆さまへ。享楽烘培(LY Bakery) 、新蒲崗(san po kong)

日常的にパンを食すという習慣はあまりない。 あまり好きではないということでもなく、 大した意味はないのだけれど 敢えて理由を考えてみると 香港で売られているパンは、なんと言いますか あまり好みの味ではないのよね。 銅鑼湾のDONQでレジに行列してい…

香港地元飯、ダイパイトン:牛リブの黒胡椒炒め、鶏脚おつまみ、白身魚の塩胡椒風味揚げ(新錦園、大角咀街市熟食中心)

大角咀街市熟食中心。 最寄駅は日本人の方も多く住むオリンピック駅(奥運站) でも歩くのよ10分くらい、 場所もオリンピック駅から行くとちょっと迷うかな。 中は比較的広いけど、この新錦園がほとんどのスペースをとっている。 オーダーしたものも、ほら、…

香港地元飯:牛肉と卵の土鍋飯、鶏の土鍋焼き(北角、嚐喜大不同)

煲仔飯、香港風土鍋飯とでも呼びましょうか 冬にウハウハフゥフゥ言いながら食べるのが一般的ですが、 冬じゃなくても、たまにはね。 こちら北角にあるお店、嚐喜大不同。 煲仔飯と冷たい酢豚が有名なお店。 煲仔飯だけじゃなく、普通のおかず系メニューもた…

香港でBAR: Dickens Bar、ありがとね!

2019年3月末、閉館となったエクセルシオール。 香港に来た頃のワタクシの行動範囲といえば 銅鑼湾中心だったということもあり思い出が詰まっている。 香港経済新聞 (2018年10月19日): 香港のホテル「ザ・エクセルシオール」が来年3月閉館 オフィスビルに…

香港で天丼、日本株 TYO:8179 :てんやで天丼(香港マリーナスクエア店)

ロイヤルホールディングスのてんやが 香港の有名デザート専門店Honeymoon dessert(満記)と組み香港進出。 流通ニュース(2018年12月10日): 天丼てんや/香港に進出、現地企業がFCで展開 www.ryutsuu.biz BtoBプラットフォーム(2018年12月10日): 天丼て…

香港地元飯:ガチョウの腸と酸菜の甘酢炒め、豆苗の炒め物、お店の看板メニューの鶏料理(育華海鮮菜館、粉嶺)

この日は粉嶺。粉嶺と言っても駅からは大分遠いエリア。 聯和墟 (Luen Wo Hui)マーケットの方だけど、 香港在住でも日本の方はあまりいかないエリアかも。 香港生活が長い方であれば Jazz Ramenがある方ね!と書いて、ああ、あの辺りねっ!と お分かりにな…

はてなブログ:熟食中心リストへのリンクボタンを作ってみた。画像なしでお申し込みボタンを簡単に作る方法。

普段、香港の熟食中心での食事を記事にすることが多い割に 繁体字の入力方法がわからなかったり、 すべての熟食中心をまだアップできていなかったりで 観光などで香港滞在中の方でも、 近場の熟食中心すぐに探せる形にできたらいいなと 常々思っていたのです…

ルビーロマン:ブドウ1粒5万円。ルビーロマンを食べてみた。今年の初競り1房120万円也。

ルビーロマンですよ、ルビーロマン!! 宝石に一番近い果実。ルビーロマン 北國新聞(2019年7月9日):令和初競り最高値更新ルビーロマン120万円 www.hokkoku.co.jp 北國新聞の記事によると 購入者は石川県内で3件の旅館を営む百楽荘 とのこと。 日経新聞(…

香港でKFC:今更感満載ではありますがKFC。注文の仕方が良くわからんの巻。

生まれ育った環境にファストフードがなかったからか こういう系のお店はどうも親しみがわかない。 オーダーの仕方も何だか複雑で、 「今日はこれとこれがおすすめだよ! もう、これ食べときゃ間違いないからっ!!」 ってダイパイトンみたいにおすすめしてく…

香港地元飯、ダイパイトン、熟食中心:骨付き豚の香味揚げ、野菜のさっぱり煮など(大利、深水埗北河街街市熟食中心)

やっと2月の出来事まできたかな。 写真がまだまだ溜まっているから、どんどん行きます。 はい、この日は深水埗。 みんな大好き深水埗。 好きかしら、深水埗? ワタクシはあまり行きませんけどね、仕事以外。 だって、暑いんだものっ! 深水埗とか荔枝角とか…

香港地元飯、ダイパイトン:豚バラのカリカリ焼き、レンコンのコロッケ、香港風あんかけ焼きそばなど(金沙角、沙田囲)

金沙角での食事風景はこのブログ内でも何度か登場していて つい先日も食べ収めっ!的な記事をアップした気がする。 hongkonghongkong.hatenablog.com そうよね、そうよね。↑↑この時はこれでこの場所では最後の食事かなと 思ったのだけれど、引越しまでにはま…

香港でタイ料理:海南鶏飯(Green Chili 青辣椒泰式餐飲集團)これでHK$40は凄いな。

海南鷄飯はタイ料理なのかシンガポール料理かというテーマは ここでは触れず。 必要に迫られて海南鷄飯。 この日お邪魔したのは青辣椒(Green Chili) 香港島サイドでは見かけた記憶のないこちらのお店、 九龍サイド、特に新界エリアには比較的あるのですね…

香港地元飯、ダイパイトン:ガチョウの腸の美味しいおつまみ、豚リブ甘みソースかけとイカの口ばしの唐揚げ。近所に欲しい一軒(建栄熟食市場、屯門)

土地勘のない屯門エリア。 せっかく屯門に来たんだもの、香港島にはないお店で食事をしたい。 グーグル先生にお尋ねしてみると 「ちょっと歩くけど、ここ、お勧めしときますわっ!」 ってな感じの回答を頂戴したので早速、GO! きっと軽鐡(Light rail)の建安…

香港地元飯、大家楽集団、香港株00341:上海料理屋さんのお得なティータイムセット(上海姥姥)

どのエリアだったかな?天水囲あたりかな? でもこちらのお店は香港に数店舗あるから、 こちらのティータイムセットも 各店舗でも楽しめだろうと思うけど、 香港の場合、同じブランド店でも どこそこ店に限るプロモーションとか結構あるから ちょっとわから…

香港地元飯、ダイパイトン、熟食中心:菜膽雞(蒸鶏とお野菜のとろみ餡かけ)魚の唐揚塩胡椒風味(官涌熟食中心

官涌熟食中心。 どうだろう、最寄駅がどこかと言ったらジョーダンになるかしら? 油麻地とか、ジョーダンとかチムとか あの辺ブラブラしている時に「さて?今日は何食べようか?」となった時、 そして心に余裕があった時に時々寄るこちらの街市。 香港に相当…

香港地元飯:鹵水盛り合わせ(澄海小館、Ap Lei Chau 大街)

澄海小館で鹵水。 このブログ内では何度も登場済みということで 詳細、省いちゃいましょうかね。 たまにはお店の様子でも。 鹵水系のお店は、こうしてショーケース系な作りをしていることが多い。 そして、写真左にあるようにガチョウやあひるの首をぶら下げ…

香港でしゃぶしゃぶ:食べ放題60分、90分、一人鍋。日本系列(但馬屋、觀塘APM)

MTR觀塘駅直結APM 3時過ぎの中途半端な時間にお店の前を通っても 結構賑わっているので前々から気になっていたお店。 火鍋一人鍋も、60分、90分食べ放題という設定も 香港では比較的見かける設定だし 特に真新しい何かがあるというわけでもなさそうだけど ア…

香港地元飯、熟食中心、ダイパイトン:イカのすり身のコロッケ、豚モツと湯葉の黒胡椒鍋、乾焼伊麺(香港仔街市熟食中心)

毎度毎度の香港仔。 ガラガラ声の親父さんのお店。 (2019年6月現在はすでに経営体制が変わってガラガラ声の親父さんは引退) 毎度毎度の香港仔で毎度毎度のイカのすり身のコロッケ。 この日、パリパリ鴿さんは既に売り切れで、たまには別メニュー。 豚モツ…

香港地元飯:米麺のお店、トッピングを忘れてがっくし(利寳家、馬鞍山)

香港生活の長さで言ったら短くはない部類に入ると思うけど こういうお店、なんと言いましょうか 米麺系とかチャーチャンテン系とか ご飯、麺もの主体系列や下午茶的なお店というのは、 あまり行き慣れていない。 さて、利寳家@馬鞍山。 このオーダー用紙、画…

香港で海鮮、熟食中心:マテ貝の豆豉炒め、白灼蝦(プリプリ茹でエビ)、バイ貝塩茹で、鮑の陳皮蒸しなど

久しぶりに悪友との食事。 お互い香港に住んでいながら、お互いに出不精なもんで1年ぶりくらいかしら。 お互いに大雑把でお互いに会う段取りをしたいもんだから 実際会う機会というのは少ないのだけれど、 それでも会えば話が止まらない、止まらない。 お腹…

香港地元飯:鶏鍋(乾隆古法秘製鶏煲、Kennedy Town)

Kennedy Town。 この辺りは海側に向かい個性的なお店が沢山あって 多国籍な雰囲気もありながらでものんびりした雰囲気もまだ残っていて 比較的訪れる機会が多いエリアだったけど この数年その雰囲気も随分崩れ始め最近はちょっと足が遠のいたかな。 地下鉄が…

香港でお粥:魚のすり身団子のお粥と、お出汁いっぱい魚の骨とモツのお粥(生記粥品専家)

香港粥好きなら知らぬものはいないであろう生記粥品専家。 MTR(地下鉄)上環駅(出口A2) から歩いて5分とかからない場所ではあるのですが 出口を間違えると到着するのは少し難しいかな。 我が家では 生記のお粥と言ったら魚腩粥! なのだけれども、 このと…

香港でお寿司:極上マグロづくし、元祖穴子の一本握り(すしの美登利、香港、雅蘭中心店)

香港でお寿司を食べるということはあまりない我が家ではありますが この日はモンコック辺りをブラブラしている時に小腹が空いて ああ、なるほど、もう下午茶の時間だものね などと話しながら、 それでも若者の街モンコックでこの時間帯に何を食べるかという…

香港地元飯:豆苗と貝柱の旨煮あんかけ、焼鵝(ガチョウのロースト)、魚の唐揚げナスのソースがけ、鶏のパリパリ焼きなど

この日は香港チャラ男さんの幼馴染とお食事。 葵興の、お店の名前はなんだっけ。 香港での生活は日本に比べお店の名前を覚えるという習慣が少ないのよね。 ほら、あそこの、駅からバスターミナル側に出て道路を渡ったそのお店! って言えるし、行けるし、お…

香港地元飯、熟食中心、大牌檔:羊腩煲(羊のお肉のお鍋)、イカすり身のコロッケ(新南苑大排檔、牛頭角街市熟食中心)

この日は牛頭角。牛頭角街市の熟食中心。 日本の方はあまり聞きなれないかしら? MTR(地下鉄)で言えばクントンのお隣。 駅から歩いても10分とかからない場所だけど、若干裏通りになるから 初めての方にはわかり難いかな。 新南苑大排檔。 こちらのお店、か…