香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。旧Hong Kong Days

ソウギョの塩コショウ風味揚げ、鶏のパリパリ揚げ、豚スペアリブの香港風焼きそば(新蒲崗、財記美食)。外来生物(外来魚)について考えたい。

仮住まい中@獅子山の麓。

通勤経路が全く異なる中「バスから見えるこのお店がいつも混んでいて気になるのよね」という相方、香港チャラ男さんの声にお応えして、早速訪れてみたのは新蒲崗にあるお店「財記美食」

f:id:hongkonghongkong:20210412114933j:plain

先日の新志興至尊焼鵝大王もものすごい賑わいでしたが

hongkonghongkong.hatenablog.com

いやはや、新蒲崗、彩虹あたりの方々は、どこか別の惑星の中で暮らしているのではないかというくらいに、なんといいますか、超独自路線の生活で日々過ごしていらっしゃるというか、至って普段どおりの生活というか。この中にいると「Covid-19というのは、テレビドラマや映画の中の話ではないか」とナチュラルに感じてしまうほど「ニューノーマル」なんてのは存在しないような、普段の香港の生活が続いている感じ。なんだか不思議。

 

お店は普通に大賑わい。日曜の夜だったから余計に混んでいたのかしら?

OpenRiceでの写真をリンクしようと思ったけれど、賑わいのあるお店の割に、投稿している人は少ないようで、お店の雰囲気がわかるような参考写真はあまりなかったのが残念。まぁ、確かに、雰囲気的には「写真撮ってブログに載せよう!」とか「OpenRiceに口コミ書くぞ!」とか、そういう層ではないのよね。(←どういう層よっ!)

f:id:hongkonghongkong:20210412114952j:plain

今どき、この料金で大丈夫ですか?と、こちらが心配になってしまうメニューと料金。

f:id:hongkonghongkong:20210412115006j:plain

今日のオススメメニューもあって「うなぎの豆鼓蒸しHK$128」もお安い。後ろのテーブルお二人が召し上がっていたけれど、美味しそうでした。

f:id:hongkonghongkong:20210412115023j:plain

メニューもいろいろ。

麺、ご飯ものなんてHK$48 からある。すごいな。

f:id:hongkonghongkong:20210412115043j:plain

朝食も下午茶も充実。

いずれもなんだかボリューミーなのよね。

f:id:hongkonghongkong:20210412115057j:plain

別メニューで本日の海鮮料理。

f:id:hongkonghongkong:20210412115109j:plain

明瞭会計。

追加オーダーする度に明細を差し替えてくれるのでとっても安心。

f:id:hongkonghongkong:20210412115122j:plain

椒鹽鯇魚腩HK$88 (ソウギョの塩コショウ風味揚げ) 

ビールのツマミに何か欲しいけど、肉系ではない気分の時に良いおつまみ。ビールのツマミといえば以前は「イカの塩コショウ風味揚げ」が定番だったけど、昨今のイカの高騰で「このお店のイカの塩コショウ風味揚げは外せない!」と自信をもってオススメできるお店というのはすっかり少なくなってしまいましてね、寂しい限り。でもその代わりと言っては何ですが、香港暮らしが長くなるにつれ「淡水魚の美味しさやメニューの豊富さ」というのもわかってきてオーダーできるメニューの幅も広がりました。

 

ソウギョって日本でもそこいらへんにいるし、釣るのも簡単らしいし、日本でももっとガツガツ食べたら良いのにね。養殖物でないと臭くて駄目なのかしら。

 

少し話が逸れるのですが、ソウギョといえば、少し古い記事なのですがこの方のお話が好きで、お時間がある方は是非読んでいただきたい。

淡水魚や外来生物に関して面白おかしく学べるので本当にオススメ。

デイリーポータルZ(2013年9月17日):葉っぱで釣れる東京の巨大魚「ソウギョ

葉っぱで釣れる東京の巨大魚「ソウギョ」 :: デイリーポータルZ

縁もゆかりもない香港という土地にきて、これまで触れたこともなかった淡水魚に触れ、いつの間にか日々の食卓にも登場するようになるほど身近になった多くの淡水魚。淡水魚と自分自身の距離が少しづつ縮まり「もっと知りたい」と思った時に出会った記事。久しぶりに読んだけど、何度読んでも新しい驚きがあるのよね。いつかこの記事の筆者さん、平坂氏を香港の街市、特に淡水魚店舗巡りに連れ回したい。魚の説明して欲しい!そして香港の淡水魚メニューをガツガツ頬張りながら香港の淡水魚料理や日本の外来魚問題について朝まで語りたい!!

すっかりお話が逸れました。

お隣のお客様は可愛らしいワンちゃん。

f:id:hongkonghongkong:20210412115135j:plain

お行儀が良いの。

香港のワンちゃんは一般的に結構キチンと躾されている印象。いや、躾が行き届いているワンちゃんだけが、食事にも一緒に出かけられるというそういう図だから、我々がお店で出会うワンちゃんは必然的にお行儀が良いワンちゃんというわけかな。

f:id:hongkonghongkong:20210412115146j:plain

最後まで、キチンとこうして静かにしたまま。

f:id:hongkonghongkong:20210412115204j:plain

久しぶりに「炸子鶏」(鶏の丸揚げ、パリパリ揚げ)

金牌脆皮炸子鶏(半羽)HK$90−

炸子鶏といえば、かつてはこうして「えびせん」が飾りとして添えられてくるのが常だったけど、10年位まえだったかな、油高騰のドサクサで各店舗も飾りの「えびせん」を止めたのよね。ほら、油が高騰したものだからえびせんのコストより、エビせんを揚げる時にえびせんが吸収する油の方が高くついて、提供側としては鶏が主役なんだかえびせんが主役なんだかさっぱりわからないコスト構成になってしまったものだから、サクッとカットといったそういう流れ。

f:id:hongkonghongkong:20210412115216j:plain

最後にほんの少し何かさっぱりとした食事ものをと思ったけれど、何故か鼓椒排骨炒麺。豚スペアリブとピーマンの焼きそば。

「さっぱり」という表現とは、正反対にありそうなメニュー。

f:id:hongkonghongkong:20210412115229j:plain

鼓椒排骨炒麺HK$48なのよね。不思議な値付け。

 

場所はというと、新蒲崗や鑽石山(ダイヤモンドヒル)、Mikiki周辺に土地勘のある方であればたどり着けるだろうけど、観光客の方や、この周辺全く土地勘なしという方だと、難しいそう。Mikikiから歩いて5,6分くらいな距離なので怖い場所ってわけではないのだけれど、どうもこの辺りは目印になるものがあまりないのよね。

それでも、懐かしの香港!って雰囲気はたっぷり感じてもらえる場所だと思うので、機会がありましたら皆様も是非に!

財記美食

新蒲崗衍慶街2-32號新蒲崗大廈地舖

財記美食 – 香港新蒲崗的粵菜 (廣東)茶餐廳/冰室 | OpenRice 香港開飯喇

 

 

*熟食中心リスト(香港政府公式サイト)をサイドバーにリンクしました。こちらも併せてご利用ください!

 

*よろしければスピンオフブログ「香港 アジア 旅と食事のススメと投資の記録」にもお立ち寄り下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

懐かしい雰囲気のチャーチャンテン(茶餐廳)、香港風情とベトナム風情。開楽粉麺飯茶餐廳(新蒲崗)ベトナム式アフタヌーンティセットHK$35-

電気と水道、数年に一度の大点検@仮住まいビルディング。

ほんの数ヶ月しか住まないのに、数年に一度の大点検日にあたるとは、はて?

と、いうことで、7時間ほどの外出を強いられ、黄大仙(ウォンタイシン)から鑽石山(ダイヤモンドヒル)、鑽石山から新蒲崗(San Po Kong)をテクテク、テクテク。

10年ほど前かしら、仕事関連でこの辺りは時々歩く機会があったのだけど、仕事関連でもないとなかなか訪れる機会があまりないない地区。改めてゆっくり歩いてみると、以前とはだいぶ様子が変わった部分もあって懐かしくもあり驚きもあり。

hongkonghongkong.hatenablog.com

 MikikiのB1に入っている一田の品揃え、だいぶ良くなっていたし、一田のお隣にあるフードコートもかつては、アラララ大丈夫かしらこのフードコートという雰囲気だったのに、ステーキ屋さんなんかも出来てなかなかの賑わいでございましたね。

 

さて、ぶらぶらブラブラ。

新蒲崗周辺は昔ながらの個人経営飲食店も多く残っていて面白い。都心部の見慣れた店舗とは全く異なる個性的なお店が多いのでどのお店にしようか迷ってしまうくらい。

そんなこんなで2時30分を回ったのでランチと言うよりすっかり下午茶のお時間。懐かしい感じの雰囲気を醸し出している「開楽粉麺飯茶餐廳」というお店にしてみました。

どうやら香港系とベトナム系のミックスタイプの茶餐廳のよう。

f:id:hongkonghongkong:20210408115543j:plain

越式下午茶セットHK$35-

その他のメニューにも香茅(レモングラス)を使ったメニューが多くて楽しい。

f:id:hongkonghongkong:20210408115736j:plain

とにかくメニューが多くてね、何にしようか悩む、悩む。

f:id:hongkonghongkong:20210408115848j:plain

懐かしい、懐かしすぎる雰囲気よね。

アルコールライセンスもお持ちでビールも注文できる。

本当にこういうお店は貴重になりました。

f:id:hongkonghongkong:20210408120045j:plain

香港ベトナムミックス系のお店ですもの、折角なので越式(ベトナム)下午茶セットから香港では「檬粉」と呼ばれる「rice vermicelli」を。2つ選ぶことができるトッピングは「生牛肉」と「香茅豬扒」。なんとも肉肉しいアフタヌーンセットとなりました。

f:id:hongkonghongkong:20210408115543j:plain

いや、肉系は一種類で良いでしょ!という方は野菜のもあるし、いやいやいやいや一層のこともう少しジャンク系をという方にはお団子系やソーセージ、ランチョンミートまであるしで、全方向からのリクエストに対応できそうな構え。

 

香港・ベトナム系ミックスの茶餐廳って20年くらいまでは銅鑼湾辺りにもちょこちょこあったのよね。今では見事にすっかりなくなってしまった。これも時代よね。

f:id:hongkonghongkong:20210408120233j:plain

こちらのお店、ココナッツクリーム系のカレーから、蒸し魚定食というゴリゴリの香港家庭料理までそろっていて

「ああ、古き良き時代の香港だ」

と懐かしさが溢れ出す。

 

OpenRiceでの口コミを覗いてみたところ、ケチョンケチョンに言われてしまっていますが、そうか、香港独特の、あの「超ぞんざいなサービス」が今の時代には合わないのかもしれないな。

開樂粉麵茶餐廳 - Hong Kong Style Noodles/Rice Noodles Tea Restaurant in San Po Kong Hong Kong | OpenRice Hong Kong

そう言えば「嫌なら帰れ、他所へ行けっ!」って感じのサービスって一昔前の香港には溢れていたけれど、ネットの発達とともにすっかりなくなったものね。80後、90後と呼ばれる人々には恐ろしく映るのかも。

 

おっ、ところでベトナムチックだもの、コーヒーが美味しいのかしら?と思うかもしれませんが、それはない。ベトナムコーヒーなどでてこなくて、スキムミルクたっぷりのあの香港式コーヒーでございましたよ。

いずれにしても、懐かしい香港が残っているお店です。

開楽粉麺飯茶餐廳、機会がありましたら皆様も是非に!

 

 

 

*熟食中心リスト(香港政府公式サイト)をサイドバーにリンクしました。こちらも併せてご利用ください!

 

*よろしければスピンオフブログ「香港 アジア 旅と食事のススメと投資の記録」にもお立ち寄り下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

香港のネット事情、PCCW(HKT)のカスタマーサービスの質が上がっていてビックリ仰天した話。

控えめに言って

「こりゃ、どーしようもないなっ!!」

ってくらいに酷かったPCCWカスタマーサービスが、少し距離をおいていた間にとっても改善されていて、まぁ、ビックリしましたわよ!

使ってます? PCCWカスタマーサービス

最近はPCCWではなくて、何だっけ?

HKTか、HKT!

香港で暮らす人であれば知らぬ人はいないであろう、香港の通信企業。電話とかネットとか現代社会の必需品のあの系ね、サイトはこちらHKT

生活する上でなくてはならないサービスなのだけれど、PCCWカスタマーサービスの駄目っぷりというのは本当、トラウマレベルで酷いものでイメージ的には香港生活の中でのストレスの種、ブッチギリのNo.1的な存在だったのに(←イメージですよ、あくまでもイメージね、イメージですから!)暫く接しないうちにとても快適になっていて、ビックリ仰天。

あっ、ここまで書いておいてなんですが、PCCWって新規アカウント向けに日本語カスタマーサービスを結構早い段階から設けていて、こちらのね、日本語サービス関連の方々は親切に対応して下さる人が多かったですよね。日本語関連の方々は親切なんだけれども、如何せん、組織全体のどんより加減が顧客のコチラ側にも伝わってくる感じでその組織の残念さっぷりは、2010年くらいまで香港で暮らした方であればおわかりいただけるのではないかと思います、はい。

 

その、控えめに言って

「どぉーしようもないな、こりゃっ!」的イメージで、我が家では暫く使っていなかったPCCWなのですが、仮住まい終了後にはまた使ってみようかしらと、最近のインターネットのプランなどを確認してみた所、いやぁ〜、いい時代になりました。

チャットでサクサク、丁寧に対応してくださるのね、今。

HKTのオフィシャルページから入ってもいいと思うのだけれど、組織が大きいせいか少しわかりづらいのよね、サイトの作りが。トップページから入ってもわかりにくいと思うのでブロードバンドのページを貼っておきます。

Netvigator | NETVIGATOR Home Broadband

 

香港のネットプランと料金は住宅によって異なる(隣のビルとパッケージが異なることも普通にある)という部分が、香港に来て間もない方だと少し理解に苦しむ部分かもしれないけれど、まぁ「高級住宅にお住まいの方には高級プランを、公共団地にお住まいの方には公共団地向けのプランを」という香港らしいといえば香港らしいプラン設計といいますか。もちろんね、あるんですよ、物理的に周辺の通信インフラ環境が整っていなくて「速くて快適なプランを提供したくても提供できない」というそういう場合もそこそこあるのではありますが、高級住宅に住んではいるけれどネット環境は一般的でいいから安いプランを使いたい、と思っても、それは出来ない仕組みなところが、これまた香港でございましてね。

 

おっ、少し話がそれました。

先程リンクしたHKTのオフィシャルから問い合わせてもいいと思うのですが、ネットプランを検索していたら、こういう広告がでてきましてね。左の広告、オンライン申請限定の特別パッケージで1年分無料のプラン。

f:id:hongkonghongkong:20210403145036p:plain

折角なので、いつも無料で使わせてもらっているサイトに表示されたこの広告経由で問い合わせてみたらオンライン申請限定といっても、ライブチャットが出来るようになっていた。住所入れたらテンプレートでパッケージ案内が表示されるのかと思ったら、夜遅い時間だったにも関わらず生身の人間サマがお答え下さいまして、しかも丁寧だし、もうびっくり!
かつてのPCCWのイメージなんて吹っ切れちゃう、そんな感じ。

この10年、さんざん、様々なクレームを受けてきたのだろうなと想像に難くない。

 

今回、ネット環境、パッケージ内容や料金など数社に聞いてみましたが、田舎暮らしの我が家の場合、結果的にPCCWの環境が一番良さそうということで、トントントンと申込みましたが、いやぁ〜、ホント、ストレスフリーだわ。

香港よ、君もやれば出来るじゃないかっ!そんな気持ちだったわよね。

都心部にお住まいの方は各社ともネット環境はそこそこ整っていてどこも似たような感じだと思うけど、我が家のように少し郊外だと「弊社のサービスは30Mまでです」とか「100Mまでです」とか会社によってはそういう場合もあるので、新規で香港にお住まいになる方や、香港内で初めてお引越しをされる方はご留意を。

 

契約場所のビルにもよりますが、香港では今、新規の一般的なパッケージであれば、各社ともHK$150/月前後くらい、HK$200までいかないくらいのイメージかしら。駐在員の方々が住むビルではもしかしたらHK$300くらいとかかしら?どうだろうその辺りはわからないけど。 現在すでに契約済という方は適応外、契約終了後3ヶ月以降に新規契約可能など様々なパターンがあるし、24ヶ月契約であったり、36ヶ月契約であったり条件も各社異なりますが、いずれにしても、一昔前と異なり契約時にターミネーションについても比較的明瞭になっているし、とてもわかりやすい世の中となりました。ライブチャットもシンプルな英語でやり取りできるので、どうしても日本語対応が必要という方でなければ、店舗でやりとりするより、スムーズに進むかも。

PCCWって高いしサービス悪いし、帰国時のターミネーション手続きが大変だと聞くし、ちょっとイメージ悪くて近寄りづらいよな……とお思いの方、想像以上にその対応は改善されているかもしれません。

ネット環境、ちょっと気になっていたのよね、とお思いの方、チャットで問い合わせしてみて下さいね!