香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。旧Hong Kong Days

食、レストラン!

葱油白油豬手(豚足のさっぱりおつまみ)鍋貼小棠菜(すり身と青菜の揚げ焼き)、肉絲炒米両面煎(焼きビーフン細切り豚肉ソースがけ、ビーフン両面焼きバージョン)。全記(發仔)大成街街市熟食中心

新蒲崗(San Po Kong)の大成街街市。 最寄り駅は黄大仙(Wong Tai Sin)ではありますが、駅からブラブラ歩いて10分くらい。大きな街市で昔ながらの雰囲気も大いに残っているので、初めて行く方はその空気に少し驚いてしまうかも。 大成街街市の場所や地図、…

香港のドンキで大トロのお寿司を買ってみた。15貫、HK$250- (TYO: 7532、PPIH)

香港のドンキで大トロのお寿司を買ってみた。HK$250 (Ref: HK$250.00 = JPY3,486.08 / HK$1 = JPY13.94 / JPY1 = HK$0.0717, 20210427) 荃灣西のOP Mall店。2020年1月の訪問時は開店から間もなかったこともあり、フードコードのお店もオープン前ということで…

急テンポで香港中に拡大中。Itamomo(意楽)に行ってみた。Taste of ASIA(亞洲國際餐飲集團)は香港で飲食12ブランドを展開中。

Taste of ASIA(亞洲國際餐飲集團)が展開するカジュアルなイタリアンと日式(日本風)の融合料理。 カジュアルなイタリアンと日式の融合といっても日本のオシャレカフェ風というより、どちらかというと香港の茶餐廳(チャーチャンテン)の和洋風バージョン…

牛大人(台湾式火鍋):火鍋食べ放題ラバーに絶大な人気の台湾火鍋の牛大人(Master Beef) 。ひたすらお肉を食べたい気分の時にオススメなので行ってみて!

香港の若者、特に「食べ放題」が大好きな方々の間で絶大な人気の牛大人。 行ってまいりましたよ。 牛大人のオフィシャルサイトはこちら: 牛大人 Master Beef – 吃到飽台灣火鍋!Taiwanese Hotpot – All you can eat ! 台湾スタイルの火鍋らしいのですが、台…

懐かしい雰囲気のチャーチャンテン(茶餐廳)、香港風情とベトナム風情。開楽粉麺飯茶餐廳(新蒲崗)ベトナム式アフタヌーンティセットHK$35-

電気と水道、数年に一度の大点検@仮住まいビルディング。 ほんの数ヶ月しか住まないのに、数年に一度の大点検日にあたるとは、はて? と、いうことで、7時間ほどの外出を強いられ、黄大仙(ウォンタイシン)から鑽石山(ダイヤモンドヒル)、鑽石山から新蒲…

焼鵝(ローストグース)の美味しいお店がこんなところにあったとは!焼鵝(ガチョウのロースト)、青唐と豚の腸のピリ辛炒め、豚足のおつまみ。(新志興至尊焼鵝大王、彩虹)地下鉄駅から徒歩2分でアクセス抜群!

仮住まい中@ライオンロックの麓 hongkonghongkong.hatenablog.com なにはともあれ生活圏の様子をサクッと知ろうと、とことことことこ、鑽石山(ダイヤモンドヒル)方面へ向かって、ゆったり散歩。 いつの間にか牛池湾辺りまでやってきました。地下鉄(MTR)…

香港地元飯、ダイパイトン:イカのすり身のコロッケ、ホルモン旨煮焼き、小イカと野菜のとろみかけご飯(英記飯店、勝記。香港仔街市熟食中心)

ガラガラ声のおじさんのお店。 前回の訪問ではイカのすり身のコロッケを頼んだつもりが出てきたのはイカのすり身揚げだったという、香港あるある事件が発生。 hongkonghongkong.hatenablog.com 改めてメニューを眺めてみたりして。 そうそう、これこれ。 イ…

草魚(ソウギョ)の塩胡椒揚げ、茄子と牛リブの旨辛炒め、白粥、隣のタイ料理屋さんから串焼き盛り合わせ(新興美食菜館、瑞和街街市熟食中心、クントン)

地下鉄、MTRクントン駅からゆっくり歩いて10分弱ほどの瑞和街街市。場所柄の注意事項はこれまで何度か触れてきました。 1つ、ここでは決して正義感などを振り回してはいけない。 1つ、自分は異国人だということを肝に銘じるべし。 1つ、万が一喧嘩を売ら…

香港地元飯、ダイパイトン:鶏の丸茹であっさり醤油だれ、マナガツオ丸々一匹揚げ、香港風きしめん牛肉炒め(湾仔、駱克道街市熟食中心)

薑葱覇王鶏(半羽HK$75)鶏をゆっくり丸茹でして葱と生姜、醤油ベースのタレをかけた香港の代表的な鶏料理。中華系のレストランであればだいたいどこでもあるメニュー。どこでもあるメニューではありますが、今どき半羽HK$75という料金での提供はあまり見か…

香港地元飯、ダイパイトン:イカのすり身揚げ、パリパリ鳩さん、いんげんと橄欖菜の炒めもの、牛肉団子のお鍋、干焼伊麺(英記飯店、香港仔街市熟食中心)

いつもの香港仔街市のいつものお店でいつもの「イカのすり身のコロッケ」を食べたかったのに、テーブルに運ばれてきたのは「イカのすり身揚げ」 なぜだ、何故なのだ。 これはこれで美味しいのですが、それでも「イカのすり身のコロッケ」を食べたいの。 hong…

香港でBAR:ほんとにお別れ、お世話になりました。ハッピーアワー難民はどこへ向かえばいいのだろう(Jamie's ITALIAN)

ちょっ!! まだ、最後じゃなかったんですか? 何度も書いたじゃないですか、Jamie's ITALIAN hongkonghongkong.hatenablog.com そして、もう、香港中、お店はないじゃないですか、Jami's ITALIAN inside retail(2020年2月28日): Jamie’s Italian closes …

香港地元飯、ダイパイトン:ガチョウの腸のサッと煮、ホルモンと薬膳食材のスープ煮、酢豚。遠くて見つけにくい場所だけど多くの人に行って欲しい、お薦めの料理が沢山。建榮特色桑拿菜火鍋店(屯門、建榮熟食市場)

大澳(Tai O)に行ったその日、急ぐ旅でもないと大澳ー東涌経由ー屯門の定期船で90分の船旅の後、屯門で夕食。 hongkonghongkong.hatenablog.com 南区から屯門となると、普段はなかなか来れないから遠出した時にはついつい普段行けないところへ寄りたくなっ…

キスのカリカリ姿揚げ、白身さかなとお野菜のとろみ炒め、レタスと牛肉のチャーハン。(明記飯店、上環街市熟食中心)

明記飯店。 普段行くお店ではないけれど、上環周辺に所用で出かけた後か、軽めのハイキングに出かけた後か、すっかり記憶はあやふや。 香港地元飯@明記、上環街市熟食中心中心 昔ながらの料理名が並ぶ。覇王鶏や沙薑鶏の鶏料理が半羽HK$190という値段を拝見…

香港でBAR:Happy Hourの鑑の中の鑑だわ。Jamie's ITALIANのハッピーアワーが懐かしい

もう、解ったから! Jamie's ITALIANが閉店して、ここのお得すぎるほどお得なHappy hourをもう楽しめなくなって残念がっている駄目子さんの嘆きは解っているし、もう、聞き飽きたからっ!と、お叱りの声が聞こえてきそうな、そんな予感。 hongkonghongkong.h…

香港地元飯:パリパリ鴿さん、イカのすり身のコロッケ、いんげんの炒めものと干焼伊麺(英記飯店、香港仔街市熟食中心)

英記飯店。 ガラガラ声のおじさんのお店 という風にこのブログ内では度々登場する香港仔(アバディーン)街市の熟食中心のお店。英記飯店という素敵な名前があったな、そう言えば。 こちらのお店、語り尽くせないほどの思い出があるけれど、あれだけお世話に…

香港地元飯:焼鵝(ガチョウのロースト)、油麦菜の炒めもの、麻婆豆腐。夜のお得なセットも色々。(華記小廚、香港仔)ローストグースがとても美味しかったので日本の方にもおすすめしたい。

このお店の周辺は比較的歩くことが多かったけどいつも混んでいるイメージがあってついつい素通りしていたお店、香港仔の華記。 同じ香港仔内から引越して現在地になったのだけど、新店舗になってからはまだお邪魔したことがなかった。 店内は懐かしい感じの…

香港でイタリアン:ピザとドリアとソーセージ(サイゼリヤ香港)

2018年頃だったかしら、必要に迫られて入店してみたサイゼリヤ。 一度行ってみたら、ほほぉ〜なるほど、なるほど。 お若い方々を中心に、香港で人気があるのもうなずける。 hongkonghongkong.hatenablog.com いつも混んでいる印象だけど アイドルタイムは比…

香港地元飯:「香港のダイパイトンで豚料理三昧!」みたいな構成だわね。豚の手のパリパリ焼き、酢豚、豚レバーのクコの実のスープ煮(和記厨房、香車街街市、荃灣)

久しぶりに荃灣。 日本に帰る前にコテコテ香港ダイパイトンを楽しみたい、 しかしながら限られた時間から逆算すると荃灣エリアでっ! ダイパイトンを望む割には 相当ピンポイントなリクエストを頂きました関係で 下見を兼ねて久しく行っていなかったお店へ。…

香港の食材:タコ買った、タコ。エビもね。(2009年10月16日)

もの凄く久しぶりに過去を振り返るシリーズ。 2009年10月16日の記録。 前置きの部分の曽行政長官と女性視聴者のやりとり とても印象的で今でも覚えている。 2009年頃の香港はもう既に不動産高騰のニュースでもちきりだったのだけど 2020年現在では世界で一番…

香港地元飯、火鍋:嘉豪酒家(KAHO Restaurant)食べ放題、飲み放題、時間制限なしの明瞭会計HK$150-懐かしい香港をお求めの方におすすめなお店

「おそらく香港内で一番コスパが良いかもしれない火鍋」 と、遠慮がちなキャッチコピーをつけている嘉豪酒家。 hongkonghongkong.hatenablog.com 嘉豪(KAHO)は飲食グループで香港内で数軒レストランを展開しているのですが 各店舗同じようなメニューなのか…

香港散策:初めてのドンキ。香港2号店、OP Mallのドンキとその周辺。マクドナルドからの眺めが素敵。

2020年1月、初めてのドンキ。 文字通り、初ドンキ。 ドンドンドンキというお店に初めてお邪魔して思ったこと。 ♫ドンドンドンどぉーんきぃー♪♪ このお店にお勤めの皆さんは 夜寝る時に、この歌が頭の中でこだましそうだけど キチンと眠れているのかしら? そ…

香港の食材:刴椒という調味料が重宝でおすすめというお話。発酵させた唐辛子。最近は香港でも簡単に購入できるようになりました。

壇壇鄉精製剁辣椒 Tantan Xiang - Chopped Salted Red Chilli 使いかけだけれど、そのお姿はこんな感じ。 10年くらい前までは香港でもあまり見かけず、知人友人が中国大陸に帰省すると お土産として買ってきてくれていましたが、この5,6年かな、香港の小…

香港地元飯:冰梅骨(豚スペアリブの梅ソース)、パリパリ鴿さん、香港風かたやきそば細切り豚肉のトロミ餡掛け(品香樓、石硤尾)香港の若者の間で人気のお店。

MTR(地下鉄)石硤尾(Shek Kip Mei)の駅から歩いて10分弱くらい。 ほんとは5分強というところでしょうが、場所が少し分かりづらいのですよね。 地元、香港ヤンに人気のお店、品香樓で初めてのお食事。 懐かしいメニューをベースに斬新な品も取り入れるお店…

香港の食材:麺いろいろ。伊麺(伊府麺、E fu noodle)、幼麺、炒麺、粗麺、焼きそば麺、餃子の皮などなど。日本人のご家庭でも使いやすそうな麺をいくつかご紹介。

麺、米粉、米線、河粉、腸粉、銀針粉、担々麺、上海麺、油麺、伊麺 いくら書いても書ききれないほどの種類がある香港の「麺」 製造過程の異なるもの、材料は同じでも形や長さが異なるもの 生麺、乾燥麺、油で揚げたの、揚げてないの…… 事細かに名称が異なり …

香港地元飯、ダイパイトン:鳥の丸揚げ(半羽)、骨付き牛リブの黒胡椒風味、いんげんの炒めものと麻婆豆腐(中記、駱克道街市熟食中心、湾仔)

駱克道街市(Lockhart Road Market) の熟食中心。 このブログ内でも何度も登場しているから 場所は皆さま、大体おわかりになるかしら。 地下鉄の湾仔駅から銅鑼灣方面にテクテク歩いて5分強くらい。 hongkonghongkong.hatenablog.com 銅鑼湾からも歩ける距離…

香港の食材:豚の耳。コリコリ感たっぷりの美味しいおつまみが簡単にできるので重宝な食材。

日本では豚の耳って普通にスーパーで売られていたかしら?と 遥か彼方昔の日本での暮らしを思い出してみようとしたけれど あまり記憶にない。沖縄ではあるだろうけど関東ではどうだったかな。 「豬耳」と書いて豚の耳。 文字通りそのまんま豚の耳で、 香港で…

香港の食材:アジっぽい何か。煮たり焼いたりフライにしたり。こちらもお安くてとても重宝なお魚。

アジっぽい何か。 大体、一山HK$30前後なので煮たり焼いたりフライにしたり とっても重宝。下の写真は一山分。 全部一度に煮てしまって、食べる分だけ残し 食べきれない分は1,2食分づつわけてタッパーにいれて冷凍しておくと 後日食べたい時にチンっ!とす…

香港地元飯、ワンタン麺:今や貴重な存在、街中で雲呑麺と水餃麺(自由麺食、銅鑼灣タイムズスクエア近く)

ほんの15年ほどくらい前までは 香港といえばワンタン麺やお粥屋さんが街中にあって お店ごとに味も異なり、お安く気軽に食が楽しめる情緒豊かな街だったけど 2020年となった今、個人経営のワンタン麺やさんに会えることも めっきり減った。 銅鑼湾周辺では貴…

香港地元飯:「おそらく香港内で一番コスパが良いかもしれない火鍋」と遠慮がちに宣伝する香港火鍋のお店、嘉豪酒家(集団)。食べ飲み放題時間制限なしの火鍋(上環)

嘉豪酒家(KAHO Restaurant)集団 香港内に5,6軒あるガッツリローカル色の強いレストラン。 この日は上環中源廣場店で火鍋。 上環の駅から5,6分とそれほど遠くではないのだけれど、 いかんせん、場所の説明が難しい。 住所を貼っておくので、ああ、あ…

香港の食材:泥鯭(アイゴ)は陳皮蒸し、カラッと唐揚げ、お粥などで香港では大活躍の食材。日本でもアイゴをバクバク食べよう!

広東語で「泥鯭」、日本語で呼ぶところの「アイゴ」というお魚。 このブログ内では度々出てくるし、 日本各地で問題となっている磯焼けの原因の1つにアイゴが上げられるようで それならばと、 アイゴをバクバク食べることの勧めについて熱く語ったこともあ…