読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。

中医ー漢方薬局に行ってみた。湿疹のお話

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ


にほんブログ村

ワタクシ、昭和の女。

面の皮は相当厚いくせに、

身体全体的には、それ程でもないらしく湿疹がでやすい。

その原因は色々あるのですが、この季節、

長い時間太陽の下を歩いたらポツポツと現れ始め、中々シンドイ。

モーラステープは使った事ないよ。

チョットしたお休みに南の国のビーチなど行った折りには、

服装に気をつけて外出しないと顔も手足もパンパンに膨れ上がる。

でも好きなのよね、ビーチ。

似たお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。


この湿疹は根治を目指すというより、

上手に付き合っていく方法を探る他ないのだろうなと

心の何処かで思いながらも

これまで市販薬は言わずもがな

時にはクリームを塗ってみたり

時にはオイル系を試してみたり

時にはアボカドを山のように食してみたり

と、色々、チョコチョコとは試していた。



で。

先週、思い立って中医に行ってみた。

西洋医学ではなく東洋医学ね。

行ってみたといっても、とっても近所で

毎日通る道でおじいちゃん先生がやってる中医。

日本的な呼び方では「漢方薬局」とでも言うのでしょうか。



両手の脈診て、舌診て、漢方を処方してくれるのですが

それを煎じてお茶にしてくれるのでそれを飲む。

直ぐにはできないので数時間後にまた行くの。

そして、その出がらしを更に煎じて

持ち帰り用に準備してくれたのですが

それは飲むのではなく、お風呂の後

患部にこれをパタパタとやりなさいということでした。



これまで身近にあった西洋医学とは一体なんだったのか。

いやぁ~、

中国4000年の歴史、侮れない。

掻き毟りたいほどの痒みがピタリととまった。

その詳細はまたの機会にお伝えするとして。



漢方薬なのでオドロオドロシイ色をしたお茶を

患部にパタパタする事になるので

自分自身の体が茶渋をまとっているような色になるし、

気をつけていなければ衣類や布製バッグなどにも

その茶渋色が付くという、そういう部分はあるのですが

でも、痒みで夜も眠れない日々を思ったら

自分が茶渋色に染まる事なんて、ワタクシにとっては

気になる部分でもなんでもない。



治療と薬と体質の事ばかりは、合う合わないもあると思うし

西洋医学、東洋医学の好みもあるだろうし

一概には言えることでもなく、

一般的日本人生活において、あまり身近ではない中医に

行く行かないは自身の判断で決めるしかないのですが

夜も眠れないほどの痒みで悩まされている方は

香港で漢方薬局、一度試してみるのも良いかもしれません。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ
にほんブログ村