香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。

香港地元飯:焼鵝(ガチョウのロースト)、龍躉の古法蒸、青菜とキクラゲのサッパリ煮

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

久しぶりに、ゆるぅ~いお店、富臨。

冬至、クリスマス、新暦年末年始の慌ただしさに一段落か

お客様の入りもまばらで、ゆるぅ~いお店が更に

ゆるぅ~い、ゆるぅ~い空気を醸し出し、

こうした、まったりした雰囲気は我々にはありがたい。

新しいプロモーションが始まっていたので、そちらから。

f:id:hongkonghongkong:20180103113535j:plain

焼鵝(ガチョウのロースト)とお野菜サッパリ煮。

梅ベースの甘いソースが疲れた体に心地良い。

f:id:hongkonghongkong:20180103113541j:plain

龍躉の古法蒸し。

「龍躉?古法蒸し?なんのこっちゃ??」という感じかとは思いますが

龍躉は白身のお魚で、これ、ワタクシ大好きなお魚なのですが

日本語では何だろう。結構な高級魚ではある。

龍躉の英語名を調べてみるとGiant Grouper

The association for Hong Kong catering services managementの龍躉解説

http://www.fooddb.com.hk/chi_fruit.php?id=11&type=7

 

Giant Grouperから日本語を調べてみると日本では「タマカイ」いう魚らしい。

タマカイ - Wikipedia

 

ぼうずコンニャクさんの「市場魚貝類図鑑」によると、

世界最大級のハタらしい。なるほどハタ系か、安くないはずだ。

市場魚貝類図鑑「タマカイ」のページ↓↓↓

www.zukan-bouz.com

ちょっと、横道に逸れますが、

こちらの、ぼうずコンニャクさんの市場魚貝類図鑑、

本当に充実した内容で、とても勉強になります。

「食」に興味のある方は是非、

ぼうずコンニャクさんの市場魚貝類図鑑ご覧になってみてくださいね!

www.zukan-bouz.com

 

f:id:hongkonghongkong:20180103113544j:plain

このお料理、オリジナルメニュー名では

「古法神草蒸龍躉件」となっていたので「龍躉の古法蒸」とはしてみたものの、

「古法」というのが実際にはどの部分かはワタクシにその知識はありませんが

ゴロゴロとしたニンニク(みじん切りではないニンニク)が入っていたので、

恐らくそのあたりなのかしら?

メニュー名の最後についている「件」は魚一匹丸々ではなく

切り身になってますよの意味。

f:id:hongkonghongkong:20180103113531j:plain

メニューは全部ではないけど、写真も多く使われているので

広東語がわからなくても大丈夫そう。

 

今回は↓↓↓の一番左の6種類のメニューから2種選べてHK$168の中から龍躉と焼鵝。

f:id:hongkonghongkong:20180103114412j:plain

青菜とキクラゲのサッパリ煮はアラカルト、ビール1本。

お茶代、ソース代だの、ちょこちょこ入ってお会計HK$300くらい。

お、そうそう。

お茶代や、ソース代、ピーナッツ代とか店によっていろいろあるけど、

この辺りは日本のお通しシステム的なもので座れば可算される系の料金。

香港の酒楼システムに慣れていないと「ボッタクラレタ!」と

思いがちかもしれないけれど、そういうことでもないのですね。

日本のお通しと同じく、昨今様々な意見や動きがあるけれど、

取りあえず今のところ、香港での食事はこういうスタイルという

予備知識があるとですね、お食事もスムーズにいき、

後々「うぅ~ん、ちょっとなんだかなぁ~」というモヤモヤも

避けられると思いますので、そういうものだと解釈するが吉よんっ!

 

ゆるぅ~いお店、富臨。

よろしければ皆さまも是非に。

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ