香港、食、旅、仕事と時々日本

ごくごく普通の香港の生活。食、旅、仕事、語学と日本、時には経済的自由を考える。他人に厳しく自分に甘くが基本姿勢の毒舌日記、乱暴な言葉もでてきますゆえ自己判断にてご覧くださいませ。旧Hong Kong Days

香港地元飯、熟食中心:ハトの鹵水、小イカともやしの炒め物、香港基本の焼きそばと溢れんばかりのアイゴ愛(Ap Lei Chau)

にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

f:id:hongkonghongkong:20181105222307j:plain

鹵水鴿。

「鹵水」という調理法はこのブログ内でもたびたび出てきますね。

中華系、漢方系を中心としたさまざまな香辛料から作られたタレに

食材を漬け込む料理方法で、その「タレ」は各店それぞれ独自のタレを

もっていて歴代継ぎ足して使われている。

日本の鰻のタレと同じように大切にされるものなのですね。

では、その鹵水に使われる食材は何かというと

鶏手羽、豆腐、イカ、ガチョウの腸、豚の耳などなどなんでも。

 

鹵水のイメージを検索してみるとその多様性がわかりやすいかしら。

鹵水のイメージ検索結果はこちら。

f:id:hongkonghongkong:20181105222325j:plain

その鹵水、こちらは鴿(ハト)

周辺の香港ヤン曰く、こちらのお店の味付けは昔ながらのお味に近いらしい。

f:id:hongkonghongkong:20181105222342j:plain

アイゴの陳皮蒸し。

ワタクシの溢れんばかりのアイゴ愛の叫び

この辺りですが

hongkonghongkong.hatenablog.com

hongkonghongkong.hatenablog.com

その他にもたくさんところどころ、アイゴは出てまいりますので

皆さまもぜひ、アイゴ、パクパクお召し上がりくださいましね。

でも、パクパクお召し上がりくださいましはいいけれど

この数年、アイゴが値上がっておりましてね

日本における「いわし」的な立ち位置になってきているのが

若干気にはなっている。

f:id:hongkonghongkong:20181105222357j:plain

小イカともやしの炒め物。

しょうゆベースのちょっと甘めのタレで味付けされていて

こちらも優良おつまみ。

f:id:hongkonghongkong:20181105222412j:plain

チルトシフトというオプションを使って撮ってみた。

f:id:hongkonghongkong:20181105222431j:plain

鼓油皇炒麺。香港の基本の焼きそば。

f:id:hongkonghongkong:20181105222445j:plain

飲んだ後にサクッといけちゃう。

肉類などは入らず、ネギや玉ねぎ、にらやもやしといった食材で

しょうゆベースの味で作る基本の焼きそば。

レストランメニューには載せていない店も多いけど

聞いてみればあったりもする、超家庭的料理。

 

あれ?そういえば日本ではあまり〆に焼きそばは一般的ではなかったような

そんなことを考えてみた。

香港での食事の〆には断然あり!

ロブスターのチーズ味そばなどの〆も香港らしいスケールでいいけれど

こうした基本の焼きそば「鼓油皇炒麺」もいいものです。

 

香港内の熟食市場リストはこちら。(香港政府Site)

www.fehd.gov.hk

機会がありましたら皆さまも是非に!

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ